チョコレートと準チョコレートの種類の違い!バレンタインチョコ選びに注意

ファブリス・ジロット

もうすぐバレンタインですが、チョコレートには
厳格な規格があるのを知っていますか?

これを知っているとバレンタインなどで
プレゼントする際に

質の良いチョコレートを選ぶことができるので
ぜひこの機会に覚えてください。

スポンサードリンク

チョコレートの種類について

チョコレートのパッケージの裏面、表示ラベルには

以下のような表記に分かれています。

チョコレートのラベル表記

①チョコレート

チョコレートの生地のみ または
チョコレートの生地が60%以上のもの

②チョコレート菓子
チョコレートの生地が60%未満のもの

③準チョコレート
準チョコレートの生地のみ または
準チョコレートの生地が60%以上のもの

④準チョコレート菓子
準チョコレートの生地が60%未満のもの

チョコレート生地などにも細い違いがありますが
とりあえず今回は大事なポイントを2つ

覚えてください。

スポンサードリンク

チョコレートと準チョコレートの違い

チョコレートと一括りに考えられていますが

実際は
「チョコレート」と「準チョコレート」に分けられます。

チョコレートは
本来カカオ由来の油脂やココアで作られます。

それに乳脂肪由来のものを足せば
ミルクチョコレートになり、
よりいっそう風味や口当たりが良くなります。

一方で準チョコレートは
カカオや乳脂肪とは関係ない、
全く別の油脂によって

チョコレートを薄めて固めたものです。

つまり準チョコレートはチョコレートに
準ずるもので、
「チョコレートっぽい何か」であり
チョコレートとは別の物です。

別の油脂というのはヤシ油やコーン油を
科学的に改質した成分が入っていますが
あまり良い油とは言い難いです。

この準チョコレートですが見た目は
チョコレートなので見分けがつきません。

スーパーで販売している
アーモンドチョコレートでも

明治やロッテのチョコは「チョコレート」で

スーパーのPB(プライベートブランド)の
チョコは「準チョコレート」を使用している
場合があります。

PBは一般的に値段が安いですが
この場合はチョコレートの質を下げて
他の商品よりも安く作っているわけです。


準チョコレートは体に悪いのか?

では準チョコレートは「ダメな悪い商品なのか?」
と言うと一概に悪いとはいえません。

チョコレートはとても溶けやすいイメージですが

夏でもコンビニやスーパーでチョコレートや
チョコレート菓子を販売していますよね。

それは年間を通じてチョコレートを食べやすい
堅さに調整するためにチョコレートより

さらに低温で溶けやすい油などを添加しています。

このような企業努力のおかげでチョコレートは
夏も冬も一定の堅さで食べることができます。

ただし準チョコレートの中には

粗悪なハードバターで限界まで
薄めたものも存在します。

100円均一のチョコレートや
駄菓子に使っているチョコレートなどは

原価を抑えるために薄めざるを得ない
わけです。

このような準チョコレートに含まれている
油脂にはトランス脂肪酸をはじめ

ニキビができやすい成分を多く含むため
食べ過ぎには注意が必要です。

最近はカカオが多く含まれている
髙カカオチョコレートが健康や美容に
良いということで人気がありますが

反対に準チョコレートはそれと比べると
健康にも良くなくて

チョコレートの効果を得ることはできません。

スポンサードリンク

チョコレートと準チョコレートのまとめ

チョコレートの種類の違いはわかりましたでしょうか?

準チョコレートはチョコレートの割合が
少なく、油脂もカカオの油脂ではなく
別の安い油を使用しているので

原価も抑えられて安いチョコレート菓子を
販売することができます。

ですがやはりチョコレートと比べると
体には良くないので

お子さんには準チョコレートではなく、
チョコレートを食べさせてください。

またバレンタインで義理チョコを渡す場合に
準チョコレート(菓子)を渡すと

チョコレートの違いを知っている人には
安いチョコレートをプレゼントされたと

バレてしまうので注意しましょう!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ