マグロの食べ過ぎは危険!メチル水銀の妊婦や胎児、子どもへの影響と摂取許容量は?

妊婦の方はマグロやキンメダイに多く含まれている
メチル水銀の制限されているのはご存知でしょうか?

先日も東北大チームの疫学調査で

マグロやメカジキなどメチル水銀を
比較的多く含む魚介類を妊婦が食べ過ぎると

生まれた子の運動機能や知能の発達に
悪影響が出るリスクが増す」ということがわかりました。

一般的な食用に問題のない低濃度の汚染でも
胎児の発達に影響する可能性があるということで
妊婦さんは特に注意が必要です。

ではマグロはどの種類にも多くメチル水銀が入っているのか、
またどの魚なら食べても安心なのか?

今日はメチル水銀についてお伝えします。

スポンサードリンク

マグロの種類によってメチル水銀の量は違うの?

メチル水銀は水俣病の原因物質ですが
マグロの中でメチル水銀が多いのはクロマグロ(本マグロ)
メバチマグロです。

次に多いのがミナミマグロ(インドマグロ)とビンナガ(ビンチョウ)

もっとも少ないのがキハダマグロです。

また、マグロ以外はキンメダイメカジキもメチル水銀の量が
多く含まれていますが

大型魚にメチル水銀が多く含まれる理由は
食物連鎖の影響によるものと言われています。

メチル水銀の毒性は?妊婦の摂取許容量は?

特に胎児の中枢神経の発達への影響です。
発育中の幼児にも神経の発達に悪影響を及ぼすことがあります。

日本の食品安全委員会は2005年に妊婦が1週間に
摂っても良いメチル水銀の量を

「体重1kg当たり2.0ug(100万分の2グラム)」
と設定しています。

ただ世界の基準は1.6ugです。

日本は魚を食べる習慣があるので甘く設定していますが、
本当に大丈夫でしょうか。

スポンサードリンク

妊婦はマグロのお寿司をどのくらい食べて良いの?

日本の基準は体重55.5kgの妊婦が摂取して良いメチル水銀の量は
1週間あたり110ugです。メバチマグロの握り寿司に換算すると

7貫程度です。

ただこれは日本の基準なので世界基準で見ると
5貫以下に抑えることをおすすめします。

今回の東北大学調査では2割が摂取基準を
超えていたことがわかりましたが

やはり知らず知らずのうちにメチル水銀が多く含んでいる
魚を食べてしまっている人が多いようです。

日本では妊婦だけに勧告が出ていますが、
欧米諸国の多くは

乳幼児や子どもにもメチル水銀の摂食の基準値を
設定している国もあります。

毎日お寿司や刺身を食べる人はあまりいないと
思いますが、

やはり食べ過ぎは良くないので、お子さんとお寿司などを
食べる場合は

マグロでしたらキハダマグロ

マグロ以外ならばカツオやサケ、サンマ、アジ、イワシなどの
中型魚から小型魚を食べましょう。

どんな食べ物もそうですが、偏った食事は良くありません。
バランス良く食べてください。

まとめ

●東北大学の調査でマグロなどのメチル水銀が
多く含まれている魚を妊婦が基準値以上に食べると

生まれた子の運動機能や知能の発達に
悪影響が出るリスクが増す

●マグロ以外にもキンメダイやメカジキといった
大形の魚にはメチル水銀が多く含まれているので注意

●サンマ・アジ・イワシなどの小魚を代わりに食べるようにする

●妊婦さんだけでなく、小さなお子さんにもできるだけ
マグロは数多く、頻繁に食べるのは避けたほうが良い

私も以前はお寿司屋さんでマグロが大好きなので
ついつい何回も注文していましたが

メチル水銀のことを調べてからはできるだけ
まんべんなく注文するようになりました。

今までたくさん食べていたあなたも今後は
意識して食べてみるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

食べてはいけない添加物 マヨネーズとカロリーハーフどちらが身体に良い?

食べてはいけない添加物 イーストフード使用の食パンは大丈夫?

食べてはいけない添加物 輸入フルーツの安全性は? 防カビ剤は危険?

食べてはいけない添加物 ガムは歯に良いけど身体には危険?

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?食品添加物は使用しているの?

食べてはいけない添加物 栄養ドリンクは効果あるの?毎日飲んでも平気?

マグロは食べ過ぎ注意、メチル水銀の妊婦への影響は?子どもは大丈夫?

米国産牛、豪州産牛、欧州牛一番安全な輸入肉はどれ?

食べてはいけない添加物、カップ麺、インスタントラーメンは危険?

食べては危険な添加物 コンビニおにぎり、弁当は大丈夫?発がん性は?

食べては危険な添加物 菓子パン、サンドイッチ は大丈夫?

食べていけない添加物 ハム・ウィンナー・ベーコンは危険?発がん性は?

食べてはいけない添加物 味の素などの化学調味料は身体に良い?悪い?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ