洗顔フォームは危険?合成界面活性剤が悪い理由とおすすめ洗顔を紹介!

洗顔フォームのCMを見ると「キレイ、サッパリ!」という感じが
画面から伝わってきますが、本当にそうなのでしょうか?

実は洗顔フォームにはあまり健康に良くない成分が入っている
ものが多くおすすめできません。

そのおすすめできない理由と洗顔するならどんなものが
おすすめなのかを紹介します。

スポンサードリンク

なぜ洗顔フォームは危険なの?

このような洗顔フォームで顔を洗うと顔についた皮脂や汚れを
落としてくれるので、実際にキレイなったような感じがしますし
スッキリしますよね。

特に危険な感じはしませんが、何か肌に悪い成分が入っているのでしょうか?

それは「合成界面活性剤」という洗濯洗剤や食器用洗剤などにも入っている汚れを落とす成分が
肌にダメージを与えてしまうのです。

「合成界面活性剤」は「水と油を混ぜ合わせるために作られた物質」で、

皮脂や汚れだけを落としてくれるのなら良いのですが
セラミドなどの肌に大切な保湿成分までも落としてしまい、

さらに皮膚が持っているバリア機能を破り構造を壊して肌の深いところまで
浸透します。そして皮膚は構造を壊されると水分が蒸発して乾燥してしまうのです。

また「合成界面活性剤」は洗浄力が強いので必要以上に皮脂を落としすぎてしまい、
肌の油分と水分のバランスを崩してしまうのです。

つまり「洗顔フォーム」は洗浄力が高くので皮脂を落としすぎるだけではなく
大事な保湿成分までも落とし、さらに皮膚の構造を壊して乾燥させてしまうという
デメリットだらけなのです。

でも中には「特に肌荒れしていないし、CMのようにスッキリしているけど?」
という方もいるでしょう。

それにはカラクリがあり、保湿成分でごまかしているだけです。

先程合成界面活性剤は皮膚の構造を壊して乾燥させてしまうと
説明しましたが、肌のバリア機能を持つ角質層が痛むと

細胞と細胞の間にスキマができ、そこから水分が蒸発して
乾燥してしまうのですが、

そのスキマに保湿成分を取り込むことで
「肌にうるおいがあるような感じがするだけです」

スポンサードリンク

肌に優しい、弱酸性や無添加なら大丈夫?

「でも危険な洗顔フォームって普通のタイプのものだけで
今は肌に優しいタイプ弱酸性、そして無添加の商品も販売されているから
心配しすぎじゃないの?」と思う方も多いですよね。

ですが残念ながら肌に優しいといった商品でもほとんどの
商品には「合成界面活性剤」が含まれています。

健康な皮膚は弱酸性の状態です。
テレビでも「弱酸性ビ〇レ♪」なんてCMもありますが
そんな商品でも主成分は合成界面活性剤です。

そして「アミノ酸系」「植物由来」「天然由来」と書いてあっても
同じように合成界面活性剤が入っていますし、

よく「合成界面活性剤は”石油由来”は危険だけど植物(天然)由来なら
安心」と説明しているものを見かけることがありますが実はどちらも危険です。
植物性だからといって安心ではありませんので注意してください。

では無添加ならどうなのでしょうか?
実際に洗顔フォームで「無添加石鹸」の洗顔フォームというのが
ありますね。

「無添加だから肌にやさしい!香料、鉱物油、防腐剤、着色料は無添加、
石油系界面活性剤、シリコンは不使用です。」

商品説明にも書いてあります。これならば安心だと思いますよね。

確かに他の洗顔フォームよりはましかもしれません。

ただし石油系界面活性剤」が不使用です。というところがひっかかりますね。
この説明では植物系は使用していますという意味に取れますし、実際に
使用しています。

先程も言ったように石油由来でも植物由来どちらも肌にはよくないので
「合成界面活性剤は不使用です」でしたら良かったのですが。

なので洗顔フォームで「肌に優しい」「敏感肌に」「弱酸性」「天然由来」「無添加」
という言葉は意味がありません。

合成界面活性剤をなぜ使用するの?

合成界面活性剤は肌に悪いだけではありません。
体内に吸収されると肝障害や腎障害、ガン、血液成分の減少、
胎児の奇形を引き起こす危険性もあるのです。

そして合成界面活性剤以外にも、洗顔フォームには肌に悪い成分が入っています。

ではなぜそんな危険な成分が商品に入っているのでしょうか?

企業はどんなに肌に良い商品を販売しても結局は売れなければ
意味がありません。

そのためには
 商品を長持ちさせる
 大量に生産できる
 安く生産する
ことが必要です。

そのために肌には悪いとわかっていても
使わざるをえないという訳です。

でもこれは企業だけに責任があるのではなく

テレビやラジオなどのマスコミもスポンサーの関係があるからか
このような実態をほとんど報道しないですし、

われわれも「安いし、すぐに肌に影響がでるわけではないから」といって
購入してしまうのも問題があります。
(でも危険だとわからないで購入する人が多いようですが)

このように危険なものは買わないという不買運動でもしない限りは
合成界面活性剤が含まれている洗顔フォームや化粧品が今後も
どんどん発売されるでしょう。

洗顔するなら天然素材の無添加石けん

では実際に洗顔するには何を使用すれば良いのでしょうか?

おすすめは天然素材の無添加石けんです。
ただ石けんで洗顔をした経験のある人には

「肌に良いからと聞いて石けんを使ったけど
肌がつっぱった感じが嫌だった」という方がいますが

このような状態になる石けんには特徴があります。

 

たとえば「カウブランド無添加せっけん」は1個約100円でとっても安いですね。
成分も「石けん素地」だけなのでもちろん無添加です。

ただこのような成分が「石けん素地」だけの石けんは保湿成分は含まれていません。
敏感肌や乾燥肌の人には少し刺激が強く肌に合わない可能性があります。

「石けん素地」だけの「純石けん」は98%以上を洗浄成分が占めているので
どうしても肌が乾燥しやすくなります。

体を洗うには良いと思いますが、

乾燥しやすい顔を洗う際の洗顔石けんとしてはあまりおすすめできません。

合成成分が入っていない無添加石けんで肌にうるおいを与えてくれる
天然成分が入っている商品をおすすめします。

おすすめはこちら

まとめ

今回は洗顔フォームについて紹介しましたが
何も洗顔フォームだけ悪い成分が入っているのではありません。

シャンプーやボディソープ、歯ミガキ粉や化粧品など
企業側の都合で体に良くない成分が含まれている商品がたくさんあります。

「安いから」とか「CMで良く見るから」とい理由で買うのは
もうやめましょう。

そして一時的にスッキリしたり、サッパリしたからといって
良い商品でないのでしっかり調べてから使用するように
してください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ