ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸Naが効果あり!濃度、作り方、注意点は?

ノロウイルスにかかった患者のおう吐物や
便を消毒する際に
アルコールでは全く効果がなく、

次亜塩素酸ナトリウムで消毒する
必要があります。

消毒する際に次亜塩素酸ナトリウム
濃度や作り方、注意点そしてより安全な
次亜塩素酸水についてもお伝えします。

スポンサードリンク

次亜塩素酸ナトリウムの特徴や注意点は?

ノロウイルスには塩素系消毒剤である
次亜塩素酸ナトリウムによる
消毒が有効で、希釈して(薄めて)使用します。

ノロウイルスにかかって
下痢やおう吐物が付着した
汚染物を処理するのに必要な濃度は
1,000ppm(0.1%)以上
です。

施設、器具等の日常的な衛生管理、
トイレの便座やドアノブ、
手すり、床等を消毒する際は
200ppm(0.02%)以上が必要です。
※注)濃度1%=10,000ppm

※手洗いには次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸水は使用せず
ハンドソープでもみ洗い(2回繰り返すと効果的)をして
ペーパータオルなどで乾燥後にアルコール消毒をします。
スポンサードリンク

次亜塩素酸ナトリウム希釈液の作り方

次亜塩素酸ナトリウムを作るには
市販の塩素系消毒剤の原液の他に
「ハイター」「ブリーチ」など市販の塩素系消毒剤があります。

塩素系消毒剤の濃度は1%~12%
ハイター、ブリーチなどの濃度は約5%です。

今回はハイターなどと同じ原液濃度5%の
消毒剤を使用した

次亜塩素酸ナトリウム希釈液の作り方を
紹介します。

1,000ppm(0.1%)の希釈液の作り方

濃度5%の原液は水1リットルに対して
20mlを入れます。
(濃度10%の場合は半分の10mlです)

ペットボトルであれば1リットルの水に
ペットボトルのキャップ4杯分の原液を入れます。
(キャップ1杯分約5ml)

家庭用塩素系漂白剤のキャップの容量は
20~25mlなので
約1杯分入れてください。
(キャップの容量は容器に書いてありますので確認しましょう)

200ppm(0.02%)の希釈液の作り方

濃度5%の原液は水1リットルに対して
4mlを入れます。
(濃度10%の場合は半分の2mlです)

ペットボトルであれば1リットルの水に
ペットボトルのキャップ1杯分弱の
原液を入れます。

ペットボトル1リットルに対する
塩素系漂白剤の入れる量を覚えておけば

2リットルや500mlのペットボトルの場合
倍にしたり半分にするとすぐに計算できます。

次亜塩素酸ナトリウム使用上の注意点

次亜塩素酸ナトリウムは以下の点に注意してください。

 ビニール等の手袋をつけて取扱いします
 トイレ洗浄剤など強酸性の薬剤と混ぜると有毒ガスが
発生する場合があります
 原液が皮膚や衣服についた場合はただちに水で
洗い流してください(手洗いで使用はできません)
 鉄製またはメッキの物はサビたり変色するので
使用を避けましょう
 漂白作用があるため、衣類等の種類によっては
脱色される場合があります

次亜塩素酸ナトリウムの希釈液を保存する場合は
必ず直射日光を遮るようにしてください。

遮光保存した場合は180日(6か月間)の保存が可能です。


おすすめの次亜塩素酸水

次亜塩素酸ナトリウムとよく似たものに
「次亜塩素酸水」があります。

両方ともに殺菌、抗菌効果があるので
間違いやすいのですが別物です。

次亜塩素山酸水は平成14年6月に
食品添加物(殺菌料)として厚生労働省に認められ
安全性が保証されているので次亜塩素酸ナトリウムと
比べると取扱いが楽です。

そこでおすすめの商品が
次亜塩素酸水の「バイバイ菌」です。

次亜塩素酸水は塩酸や酢酸を混合して作る場合もありますが
バイバイ菌の次亜塩素酸水は専用の装置で浄化した飲料可能な水と
純度99%の国産塩だけを混ぜ、
電気分解する特殊技術で作られているので安心・安全です。

そして「バイバイ菌」の濃度は400ppmです。

他の次亜塩素酸水の商品の濃度は今のところ
高くても200ppmです。

それよりも倍の濃度があるバイバイ菌は
トイレの便器やドアノブ、食器などの除菌の他に

哺乳瓶の消毒やおもちゃの除菌、
ベビーカーやチャイルドシートなど
衛生的に気になるものを除菌・消臭効果を発揮します。

ノロウイルスの患者さんのおう吐物を処理する際には
濃度が低いのですが、

それ以外であればこれ1本で十分です。
バイバイ菌 次亜塩素酸 スターター2点セット

またこちらは家庭用電解水生成器です。
水と専用の塩で次亜塩素酸ナトリウムを作ることができます。

まとめ

次亜塩素酸ナトリウムは簡単に作ることができますが
取扱いには十分に注意してください。

家のお風呂やトイレ、食器などの除菌であれば
次亜塩素酸水で十分です。

とても安全ですし、インフルエンザ対策としても
有効なので是非使い分けてください。

そしてノロウイルスやインフルエンザにかからない
ようにするため、

あるいはかかっても症状が軽くて済む対策として
ラクトフェリンがおすすめです。

ラクトフェリンは免疫力を高めるだけでなく
ウイルスの侵入を防いだり、死滅させたり
殺菌・抗菌作用もあります。

また美容ダイエット健康にも良い成分と
言われているので、

興味がありましたら
ラクトフェリンの効果効能とサプリメントの選び方!ヨーグルトよりおすすめの理由

をご覧ください。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ