インフルエンザ解熱後何日で登校・登園が可能?二峰性発熱に注意!

インフルエンザにかかったお子さんの熱が下がった後
何日で登校・登園が可能かお分かりですか?

お子さんのインフルエンザが治ったと思って
すぐに登校させてはいけません。

学校や幼稚園、保育園で他のお子さんにうつしてしまう
可能性があるのできちんと理解するようにしましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの解熱後何日で登校可能?

2012年の学校保健安全法施行規則一部改正に伴い

インフルエンザにかかった際の子供の出席停止期間の
基準が変更されました。

これまでは「解熱後2日間は出席停止」
(幼児にあっては3日)という基準のみが定められていましたが、

法改正で「発症後5日間は出席停止」という項目が
追加されました。

つまり現在の出席停止期間は「発症した後5日を経過し、
かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」

です。

解熱後2日というのは解熱したその日は含みません。
例えば金曜日に熱が下がった場合に土曜日が解熱後1日目
日曜日が2日目になり、月曜日から登校が可能になります。

解熱後2日間はまだウイルスが体内にいるため
子供が治ったと言っても登校させてはいけません。

そして発症した後5日というのは
発症日は0日目でその翌日が1日目と数えるので
最低6日間は休まなくてはなりません。

症状が軽く発症は1日間で翌日解熱したとすると
法改正前ならば休みの期間は5日で良かったのですが
最低6日間は休ませないといけないので注意してください。

ただ文章だけ見てはあまりわかりづらいと思うので

とてもわかりやすい
「インフルエンザ出席停止期間の基準」早見表を紹介します。

幼稚園や保育園に通っているお子さんは上の表に1日足してあげてください。

園児の登園までの日にちが1日多い理由は?

園児が登園できるまでの日にちが
1日多くなる理由は

低年齢の子供ほどウイルスの
排出期間が長く、

また、今までインフルエンザに感染したことが無い
お子さんが多く

季節性インフルエンザの免疫を
持っていないため

簡単に感染が広まってしまい
集団感染が懸念されたためです。

スポンサードリンク

インフルエンザの二峰性発熱に注意

子供のインフルエンザで気を付けたいのは
「二峰性発熱」です。

「二峰性発熱」は高熱が下がったので
治ったと思ったら
再び発熱を繰り返すことで、

インフルエンザの他にもはしか、
デング熱、カゼの原因となる
アデノウイルスにかかった場合も
同じように注意が必要です。

6ヶ月以降の乳幼児から9歳位までの
子供のインフルエンザの場合は

2,3日高熱が出た後、
半日から1日程度で平熱に下がり、

その後再び半日~1日程度の
発熱が見られます。

そのため解熱したから大丈夫だと思い、
子供を登校させたら
学校で発熱する場合があります。

2度目の発熱は1度目よりも
症状が軽いため気づくのが
遅れてしまうのですが、

子供の体内にはウイルスが存在しているため
他の人に感染させてしまう可能性があるので
注意が必要です。

熱が下がっても安心せずしばらく様子をみて
完全に解熱したと判断してください。

そして二峰性発熱の場合は
当然登校・登園までの期間が
延びます。


まとめ

インフルエンザで注意しなくてはならないのは
一度かかっても、またかかってしまう可能性が
あることです。

A型にかかった場合、A型の免疫はできますが
B型の免疫はないため、B型にかかる場合があるので

一度かかったからといって安心せずに

手洗いうがいをしっかりさせたり、
バランスの良い食事を摂らせたりするように
しましょう。

また今年はノロウイルスの新型が発見されて
大流行の恐れがあります。

そこでノロウイルスとインフルエンザにおすすめなのが
ラクトフェリンというタンパク質です。

ラクトフェリンは腸内環境を整え
免疫力をアップさせるとともに

ウイルスの侵入を防ぎます。

ラクトフェリンはヨーグルトもありますし、
ヨーグルトが苦手な方にはサプリメントも
あります。

ヨーグルトで有名なのは森永乳業の
「ラクトフェリンヨーグルト」ですね。

森永乳業はラクトフェリンの研究が
もっとも進んでいる会社です。

そしてラクトフェリンのサプリメントも
色々なメーカーが販売していますが

一番おすすめなのが森永乳業のラクトフェリンの
サプリメントです。

ラクトフェリン オリジナル 180粒入りはこちらから
ラクトフェリンはその他にも
アレルギー症状を抑えるなど
様々な健康効果ある成分ですので

この冬はラクトフェリンで乗り切ることを
おすすめします。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ