年末ジャンボ宝くじ2017!発売期間と抽選日、おすすめの売場と購入術を紹介

ハロウィンジャンボの抽選が終わるといよいよ
今年最後のジャンボ宝くじである恒例の

「年末ジャンボ宝くじ」が11月〇〇日から発売されます。

そして「年末ジャンボミニ〇億円」は

そして3つ目のジャンボ「年末ジャンボプチ〇〇万」
発売されます!

普段宝くじを購入しない方も年末ジャンボだけは
という方も多いのではないでしょうか?

そして今回の年末ジャンボは1等と前後賞を
合わせて〇〇億円とジャンボ史上一番高い当選金額です。

今日は2017年の「年末ジャンボ宝くじ」
年末ジャンボミニ〇億円」、そして
年末ジャンボプチ〇〇〇〇万」のそれぞれの
特徴と発売期間、抽選日、

そして最近高額当選が当たっている狙い目の場所と
販売代行やおすすめの宝くじ購入術を紹介します。

関連記事:ジャンボ宝くじの当たる買い方は?当選確立がアップする購入術を紹介

関連記事:ジャンボ宝くじの当たる売り場の購入代行と当たる買い方で高額当選をゲット!

スポンサードリンク

2017年の年末ジャンボ・ミニ〇億円・プチ〇〇〇万の特徴は?

下記は昨年の内容です。わかり次第更新します。

2017年の「年末ジャンボ宝くじ」は

1等賞金が昨年同様に
ジャンボ宝くじ史上最高額の7億円です。

また1等の前後賞は各1億5千万円
1等・前後賞合わせた賞金額はこちらも

ジャンボ宝くじ史上最高の⒑億円となりました。

また一昨年から登場とした「年末ジャンボミニ7000万」
今回から「年末ジャンボミニ1億円」に変更し

その名の通り1等賞金が1億円、当選本数は105本
なっており

多くの方に1億円という高額賞金のチャンスが広がっています。

そして今回からジャンボ宝くじ初の「年末ジャンボプチ1000万」が登場し、

当選本数は1,000本とさらに多くの方に
当たる可能性が高くなりました。

高額当選を狙うならば通常の「年末ジャンボ」
高確率当選を狙うのならば「年末ジャンボミニ1億円」
「年末ジャンボプチ1000万」

と当てたい金額に応じて選べるのはありがたいですね。

ジャンボのミニはオータムジャンボには無く
サマージャンボ以来ですので楽しみにしている方も
多いと思います。



日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【縦バラ縦連も可】はこちらからら

年末宝くじ発売期間、抽選日、金額

発売期間
2017年11月〇〇日(〇)~12月〇〇日(〇)

価格:1枚300円(ジャンボ・ミニ・プチ共通)

抽選日:2017年12月31日(日)
会場:赤坂ACTシアター(東京)

支払開始日:2017年1月〇日(〇)

年末ジャンボ宝くじ(第731回全国自治宝くじ)

2017年年末ジャンボ宝くじの
等級、当選金、本数

1等:     億円      本
1等の前後賞: 億千万円       本
1等の組違い賞:万円         本
2等:     万円               本
3等:     万円      本
4等:     万円     万本
5等:     千円     万本
6等:     百円     万本

1等と前後賞は昨年と同じでしたが、今までは
1等の組違いは10万円でしたが、

今回から5倍の50万円にアップしたのがうれしいですね。

私は10年以上前に組違いを当てたことがありましたが
50万円だったらもっと喜んでいたと思います。

また2等も昨年の1千万円から1千5百万円に増えています。

年末ジャンボミニ1億円(第732 回 全国自治宝くじ)

2017年年末ジャンボミニ億円の
等級、当選金、本数

1等:     億円           本
2等    万円             本
3等    千円        万本
4等       円         万本

1等が1億円になりミニでも億万長者が105人も
でます!

年末ジャンボプチ 万(第733回 全国自治宝くじ)

2017年年末ジャンボプチ  万の
等級、当選金、本数

1等:     千万円     本
2等          万円  万本
3等                円  万本

1,000人に1,000万円当たるのはスゴイですね。

どの宝くじも1枚300円ですので、大きい金額を狙うのか
確率が高いくじを買うのか悩むところですね。

やはり年末ジャンボは別格です!

宝くじ買うのは連番、バラ?それとも

あなたは宝くじを購入する時は

連番派ですか?それともバラ派ですか?
連番は前後賞を合わせると10億円もらえますが

1枚目を見ただけですぐに結果がわかってしまうのが欠点ですね。

バラの場合は1枚ずつ確かめる楽しみがありますが
前後賞が当たりませんし、あと数番違いだったという時に
後悔することもあると思います。

ですが今は連番とバラをいいとこどりした新しい買い方が
徐々に広まって来ています。

それは縦バラです。

縦バラとは

販売員に「縦バラください」というと
10枚1セットで3袋渡されます。

1袋の中身はバラバラの組み番号でありながら
1袋目の1枚目と2袋目の1枚目、3袋目の1枚目が
連番になっています。

つまり3連続になっている番号のパターンが
10通りそろった状態になっています。

例えば
1セット目の10枚が

10組   25組     99組
123456  198765・・・ 111111

と10枚がバラバラの番号でも

2セット目の10枚は

10組   25組     99組
123457  198766・・・ 111112

3セット目の10枚は

10組   25組     99組
123458  198767・・・ 111113

3枚が連番になっている買い方です。

そうなると10枚セットの番号は
バラバラですが、他の2セットと

連番になっているので

1等+1等の前後賞を狙うことができます。

縦バラは今では多くの宝くじ
売り場で対応してくれますので

確認してみてください。

また縦連という買い方があります。

連番と注文すると1袋10枚が連番になっていますが

縦連は1袋目と2袋目も組が一緒で番号が続いています。

デメリットしては一瞬で当選番号がわかってしまうことですが
(もちろん当たりならばうれしいのですが)

メリットとしては下2桁、3桁が重なることがないので
下から2番目3番目の4等、5等の当たる確率が高くなります。

そして「あと何番違いで当選だったのに~」という場合も
全部が続いている番号なのでそういうのが少なくなる
可能性がもあります。

またお金に余裕が方は高確率で当たる可能性ががる
「特連スペシャル」というおすすめの購入方法があります。

詳しくは下記の記事をご覧下さい
ジャンボ宝くじの当たる買い方は?当選確立がアップする購入術を紹介

宝くじ購入の狙い目の売り場は?

高額当選が毎回よく当たることで有名なテレビで紹介される売場は
東が「東京西銀座チャンスセンター」
西が「大阪駅前第4ビル特設売り場」ですね。

高額当選が毎回何本も出るので特に発売日初日や大安、
発売最終日は多くの行列ができます。

西銀座チャンスセンターでも人気の1番窓口ですと
ピーク時は昨年約3時間待ちもあったほどです。

そうなると当たると言われている宝くじ売場で
買いたいけど、

「宝くじを買いに行く暇がない」
「遠いので行くのに時間もお金もかかる」
「近くても並ぶのに時間がかるのは嫌だ」
という方が多いのではないでしょうか?

行くまでに2時間かかって買うのに3時間
帰るのに2時間かかったら宝くじ買うだけで
半日つぶれてしまいます。

そんな方におすすめなのが
西銀座チャンスセンターの宝くじの購入代行です。

「大安の日に買って欲しい」「よく当選がでる1番窓口で購入して欲しい」という
ご要望にも答えてくれます。

代行料金がかかりますが、時間とそこに行くまでの
交通費を考えると代わりに購入してもらう費用としては
それ程高くないと思います。

詳しくはジャンボ宝くじの当たる売り場の購入代行と当たる買い方で高額当選をゲット!

下記の購入代行を利用して「縦バラ」「縦連」で購入したい場合は
それぞれ「バラ」「連番」で購入してコメント欄の所に
「縦バラ、あるいは縦連でお願いします。」
と記入すれば購入できます。


現在はハロウィンジャンボ宝クジの購入代行を
受け付けています。

ハロウィンジャンボ宝くじ購入代行サービスはこちら

そして最近の傾向として
高額当選が出た売り場には上記のような人気の宝くじ売場だけでなく
少し変化が現れているようです。

例えば一昨年の年末ジャンボの結果では
東京都内で出た1等9本のうち4本

デパートの中にある宝くじ売り場でした。

この結果に週刊誌などで
掲載されていた程です。

人気のある宝くじ売り場が近くにない方は
デパートで購入することをおすすめします。

ハロウィンジャンボ宝くじ購入代行サービスはこちら

 

スポンサードリンク

まとめ

私は昨年のサマージャンボで縦バラで30枚購入して
10万円当たりました。

やはり買わなければ1円も当たりませんし

3枚あれば10億円の可能性もあります。

普段全く買わない方も最近買わなくなった方も
是非年末ジャンボだけでも購入してみては
いかがでしょうか?



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ