ドリームジャンボ宝くじ・ミニ2018発売期間と抽選日、おすすめの売場と購入術を紹介

バレンタインジャンボ宝くじの次のジャンボは恒例の「ドリームジャンボ宝くじ」です。

そして「ドリームジャンボミニ」も同時発売されます。

今回は2018年の

  • ドリームジャンボ宝くじ・ドリームジャンボミニの特徴
  • 発売期間や抽選日
  • おすすめの宝くじ購入術
  • 宝くじ販売代行

などを中心にお伝えします。

ドリームジャンボで7億当たったらどうしますか?

ジャンボ宝くじの当たる買い方は?当選確立がアップする購入術を紹介

2018年の「ドリームジャンボ」「ドリームジャンボミニ」の特徴は?

2018年の「ドリームジャンボ宝くじ」は

1等賞金が昨年の5億円から3億円と減額になりました。

ですが1等の前後賞は各1億円でこれは昨年と同じ金額で、前後賞を合わせると5億円となります。

1等の金額が下がっているのは前回のジャンボのバレンタインジャンボと同じ傾向ですが、その分等数が増えているので当たる確率は上がっています。

昨年は1等~5等まででしたが、今年は7等にプラスしてドリーム賞もあります。

また金額の2等は昨年と同じ1千万円ですが、

昨年の3等3万円➡今年の3等は100万円

4等は3千円➡10万円

5等は300円➡1万円

と等数が増えたことで当たる確率が高くなったのはうれしいですね。

また昨年から登場した「ドリームジャンボミニ」も1等は金額が下がっています。

昨年の「1億円」から今年は「3千万円」と3分の1以下になってしまいましたが、こちらもジャンボと同様に等数が増えています。

昨年は前後賞がなかったですが、今年は前後賞(1千万円)があります。

となると前後賞合わせると「5千万円」なので昨年(1億円)と比べると半分の金額となります。

等数も昨年の6等から今年は8等まで増えて、金額も

昨年の2等100万円 ⇒今年の2等は1千万円
3等50万円 ⇒500万円
4等5万円 ⇒100万円
5等5千円 ⇒10万円
6等300円 ⇒1万円 

このように当たる確率も金額も増えたのはうれしいですね。

そして今年は発売時期が昨年よりも早くなっています。

昨年はゴールデンウイーク後に発売だったのですが、今年は4月4日(水)から発売されます。

これは昨年までグリーンジャンボという名前で2月の終わり頃に発売だったのが、バレンタインジャンボと名前を変えて、バレンタインの時期に合わせるために発売が1か月ほど早くなったからです。

そのためドリームジャンボも発売が早くなりましたが、次のサマージャンボの発売開始までの期間が長くなるのかもしれません。

日本一の当たる売場で宝くじを買ってみる

ドリームジャンボ2018宝くじ発売期間、抽選日、金額

[note]

名称
ドリームジャンボ宝くじ(第743回全国自治宝くじ)

発売期間
2018年4月4日(木)~6月2日(金)

価格:1枚300円

抽選日:2018年5月11日(金)
会場:東京宝塚劇場

グリーンジャンボ宝くじ2018の等級、当選金、本数

等級 当選金額 本数
1等 3億円 17本
1等の前後賞 1億円 34本
1等の組違い賞 10万円 1683本
2等 1千万円 102本
3等 100万円 1700本
4等 10万円 1万7千本
5等 1万円 17万本
6等 3千円 170万本
7等 300円 1700万本
ドリーム賞 3万円 1万7千本

先程も紹介したように昨年と比べると1等の金額はダウンしたものの、等数が増えて、2等以下は金額もアップしています。

またバレンタインジャンボは1等前後賞合わせて3億円でしたが、ドリームジャンボは5億円です!

さらに特別賞のバレンタイン賞は2万円でしたが、ドリームジャンボは3万円とアップしているのはうれしいですね。

つまり今年のドリームジャンボは

  • 例年と比べると1等の金額はダウン
  • 昨年の等数5から8(7等+ドリーム賞)にアップ
  • 2等以下は金額アップ
  • バレンタインジャンボよりも1等前後賞が高い(2億⇒3億)

といった特徴があります。

ドリームジャンボ宝くじミニ2018の等級、当選金、本数

等級 当選金額 本数
1等 3千万円 35本
1等の前後賞 1千万円 70本
2等 1千万円 70本
3等 500万円 210本
4等 100万円 700本
5等 10万円 1万4千本
6等 1万円 7万本
7等 3000円 70万本
8等 300円 700万本

こちらも先程紹介したように昨年よりも等数が2つ増え、

1等が7千万から3千万円に減りましたが、今年から前後賞があり、

2等が100万円⇒1000万円に上がるなど

2等以下は金額が上がっています。

バレンタインジャンボミニは6等まででしたし、どれも金額がドリームジャンボミニよりも少ないです。

つまり今年のドリームジャンボミニは昨年と比べても、この前のバレンタインジャンボと比べても、当たりやすく金額がアップしているので、とてもおすすめのジャンボになりました。

日本一の当たる売場で宝くじを販売代行で買ってみる

宝くじ買うのは連番、バラ?それとも

あなたは宝くじを購入する時は

連番派ですか?それともバラ派ですか?
それぞれに長所と短所がありますが

今は新しい買い方が徐々に広まって来ています。

それは「縦バラ」です。

経バラとは

販売員に「縦バラください」というと
10枚1セットで3袋渡されます。

中身はバラバラの組みでありながら
3連続になっている番号のパターンが

10通りそろった状態になっています。

例えば
1セット目の10枚が

10組   25組     99組
123456  198765・・・ 111111

と10枚がバラバラの番号でも

2セット目の10枚は

10組   25組     99組
123457  198766・・・ 111112

3セット目の10枚は

10組   25組     99組
123458  198767・・・ 111113

3枚が連番になっている買い方です。

そうなると10枚セットの番号は
バラバラですが、他の2セットと

連番になっているので

1等+1等の前後賞を狙うことができます。

縦バラは今では多くの宝くじ
売り場で対応してくれますので

確認してみてください。

私はこれで昨年のサマージャンボで10万が
当たりました。

また「縦連」という買い方もあります。
これは通常30枚連番を購入すると1袋10枚は連番ですが
2袋目と3袋目とは番号が続いていないですよね。

それが縦連で注文すると30枚全て番号がつながっているので
あと数枚違いで当たっていたのにというのが無くなって
当たる可能性が高くなります。

ただ通常の連番よりももっと早く結果がわかってしまいますが、
下二ケタも当たる可能性が高くなります。

またお金に余裕がある方は高確率で当たる可能性ががる
「特連スペシャル」というおすすめの購入方法があります。

日本一の当たる売場で宝くじを縦バラで買ってみる

詳しくは下記の記事をご覧下さい
ジャンボ宝くじの当たる買い方は?当選確立がアップする購入術を紹介




宝くじ購入の狙い目の売り場は?

毎回高額当選がたくさん出る宝くじ売り場で有名でテレビでよく紹介されるのは
東が「東京西銀座チャンスセンター」
西が「大阪駅前第4ビル特設売り場」ですね。

高額当選が毎回何本も出るので特に大安の日には大行列ができたりします。
実際に年末ジャンボでチャンスセンターの1番窓口
ピークは3時間程待ちます。

「遠くて銀座まで買いに行けない」
「近いけど並ぶのに時間がかかるのならば面倒」
という方に

今は西銀座チャンスセンターの宝くじの購入代行もあります。

「大安の日に買って欲しい」
「よく当選がでる窓口で購入して欲しい」
「ギフトで宝くじを渡したい}
ご要望にも答えてくれます。

先程紹介した「縦バラ」「縦連」などの購入方法も依頼できます。

バラで注文していてコメント欄に
「縦バラ(または縦連)30枚で購入してください」と
入力すればOKです。

販売代行はドリームウェイという会社ですが、私も何回が利用していて、本当に安心して取引できる会社です。

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】4月23日(月)まで

ただし販売期間が終了に近づくと縦バラや縦連で
購入できない場合がありますので注意してくださいね。

そして実際に購入した様子を記事にしましたので下記の記事

「ジャンボ宝くじを西銀座チャンスセンターの販売代行ドリームウェイで購入してみた!」も参考にしてみてくださいね。

まとめ

今年ののドリームジャンボはミニが1億円になり
グリーンジャンボよりも1等の当選金額が高い
(前後賞合わせて5億円➡7億円)のが
うれしいですね。

7億当たったらどうしますか?

ぜひ7億円目指して購入してみましょう。

関連記事:ジャンボ宝くじの当たる買い方は?当選確立がアップする購入術を紹介



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ