しぶんぎ座流星群 2015 ピークはいつ?見える方角は?

「しぶんぎ座流星群」は、「ペルセウス流星群」「ふたご座流星群」と
並ぶ三大流星群の一つですね。

そのしぶんぎ座流星群が1月4日をピークに見ることができるかも
しれません。

今日は2015年しぶんぎ座流星群の情報をお伝えします。

スポンサードリンク

2015年のしぶんぎ座流星群のピークはいつ?

出現のピークは日本時間の1月4日11時の昼間となっていて
流星群を最も楽しめる時間帯は4日の午前0時から早朝です。

出現数は1時間に10個程度になりそうですが、

ただ1月3日の夜は満月に近い月が昇るため、
眼視観測では悪条件になり、

月を直接視界に入れないよう,月とは反対側を見ると良いでしょう。

2015年のしぶんぎ座流星群の見える方角と4日の天気予報

流星の放射点は夜分遅くに北東の空に出現し、明け方に向かって
空高く昇ります。

3日の夜から4日の明け方にかけての天気は
冬型の気圧配置となる見込みです。

北日本の日本海側から山陰は雲が広がって観測は難しく
太平洋側は星空が広がって観測チャンスはある見込みのようです。

世界的には、モンゴルや中央アジアが好条件ですが、
月明かりは世界的に同じです。

しぶんぎ座流星群の特別番組

ウェザーニュース
「SOLiVE24」で1月3日22時から
「しぶんぎ座流星群」の特別番組を放送します。 

スポンサードリンク

23~25時に全国7ヶ所から流星ライブ中継を配信
BS910やYouTube、ニコニコ生放送でも視聴できます。

スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」にて
流星群が観測された場合に、

3分以内に流星映像を配信する有料サービス
「流星キャッチャー」が利用できます。

こちらの映像は2014年1月4日の
しぶんぎ座流星群の動画です。

しぶんぎ座って何?

ウェザーニュースによると

「しぶんぎ座」や18世紀の終わり頃にフランスの天文学者
ジェローム・ラランドが名付けた星座のひとつで

「りゅう座」「おおぐま座」「うしかい座」付近にある、

天体観測に使われた「四分儀」に由来するが、1930年頃に
星座の数が88個と決定した際に「しぶんぎ座」は採用されず

現在は存在しない星座となっています。
当時「しぶんぎ座」があった付近に放射点があることから、

現在でも「しぶんぎ座流星群」と呼ばれているようです。

「しぶんぎ座流星群」のまとめ

当日は晴れると良いですが、夜中はかなり寒いので
しっかり防寒対策をしてから、出掛けましょう。

今回は肉眼では月明かりで見にくい条件ですが、
電波観測では月明かりの影響もなく好条件で

観測できるようです。

4日はまだ冬休みや正月休みの方も多いと思いますので
日程的にはいい条件ですね。

うっかり寝てしまわないようにお昼寝するか
頑張って起きていましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ