足立の花火大会2018 の日時とおすすめスポットや有料席の予約方法について

adachi

「足立の花火大会」は東京で夏に行われる1万発以上の花火大会の中で一番最初に開催されます。

今回は「足立の花火大会」の日程と時間、花火を見るおすすめの場所、有料席の情報を紹介します。

足立の花火大会2018の日程と時間、特徴など

足立の花火大会2018詳細

日程:2018年7月21日(
※荒天時は翌日に順延
時間:19:30~20:30
会場:荒川河川敷(千代田線鉄橋~西新井橋間)

打上数約13,500発(昨年の12,000発から増えました)

2017年の人出:約55万人

アクセス
【堤南側】:JR・東京メトロ・つくばエキスプレス北千住駅から
徒歩約15分

【堤北側】:東武線 五反野駅、小菅駅、梅嶋から約徒歩15分

問い合わせ:足立観光交流協会
TEL03-3880-5853

足立の花火大会の見所

打上場所から近い所で観賞できるのでその迫力に圧倒されっぱなしです。

そして今年は40回目の大会を記念して例年の12,000発から13,500発の増発となりました。

この13500発の花火を1時間という短い時間に打ち上げるのでダイナミックな花火が連続して堪能できます。

後半は音楽が流れる中で花火が打ち上げられ音楽と花火のコラボーレーションが楽しめますが、その中でも

  • 約300mの打ち上げ幅を生かして打ち上げるワイドスターマイン(スターマインを連発連射)
  • 区の木に指定されている桜の名がついた「満開のしだれ桜」の連続打ち上げ
  • クライマックスに上がる大迫力の名物ナイアガラ

これらは本当に一見の価値があります。

こちらは2012年のフィナーレの様子です。

ものすごい迫力ですね。

是非今年は目の前で見てみませんか?

足立の花火大会2018の有料席を予約するには?

花火大会で一番面倒なのが場所取りですね。

打ち上がる何時間も前に並ぶのは嫌だしその日は用事があるので、直前しか現地に行けないという方には

有料席があるのでおすすめです。

①個人協賛の有料席

足立の花火大会は一斉に販売をするのではなく

個人協賛と言う形で1口3,000円(何口でも可)で
申し込みを受け付けていて

「協会観覧場所入場券」を1口につき2枚プレゼントされます。

1枚分で1,500円ととても安いですね。

プログラムへ氏名掲載を希望する方は1名様にプラス2,000円の掲載料が必要で(普通はいらないですが)、その場合の申し込みの締め切りは5月10日(木)になります。

それ以外の方は6月29日(金)まで申し込みができます。

ただし先着順なので早めに申し込みをしましょう。

千住側であれば打ち上げ場所の後ろ辺りで、西新井側は花火を真正面で見える場所で鑑賞できるのでとても安いと思います。(桟敷席になります)

申込み方法

  1. 郵便局・ゆうちょ銀行での振込
    振込を希望の方には、所定の振込用紙が郵送されます。
    下記のお問合せ先まで ご連絡ください。 ※ 振込手数料の負担なし
  2. 窓口に持参
    足立区観光交流協会窓口(足立区役所南館4階)で現金で受付。≪お問合せ先≫ 一般財団法人足立区観光交流協会 (足立区役所 南館4階)
    住 所 〒120-8510 足立区中央本町1-17-1
    電 話 03(3880)5853(直通)
    FAX 03(3880)5769
    メール info@kanko-adachi.jp

詳しくはこちら



足立の花火大会の観覧場所とおすすめスポットや場所取りに関して

花火会場は河川敷なので土手の斜面に座ってゆっくりと観覧できます。

場所は千住側西新井側の2つありますが、千住側は打ち上げ場所なので立ち入り禁止区域が多くて狭く、また迫力ある花火を見たい人でかなり混雑するので、昼前から場所取りする時間がある方以外はおすすめできません。

西新井側の方が河川敷も広いのでゆったりと観賞できます。

そして西新井側はスカイツリーも見えるので花火とスカイツリーが同時に楽しめます。

ただこちらも15時位までには場所取りしないと座って見ることができない可能性があります。

では河川敷が一杯になっていた場合にはどこで見れば良いのか

おすすめスポットを3つ紹介します。

西新井河川敷グランド 地図A
西新井橋緑地球技場 地図B
西新井橋付近の北側の河川敷 地図C
扇大橋付近 地図D

地図Eは打ち上げ場所です。

①西新井橋緑地球技場(地図

こちらは西新井側のベストポジションの河川敷グランド(地図)の隣にある場所です。

河川敷グランドがいっぱいの場合はこちらに行ってください。

ここもベストポジションです。

②西新井橋付近の北側の河川敷(地図

西新井橋緑地競技上もいっぱいの場合はここまで来ると比較的空いている事が多いです。

花火からの距離もそれ程遠くないのでおすすめです。

③扇大橋付近(地図D)

西新井橋付近の北側の河川敷がいっぱいの場合はこちらまで来れば打ち上げ少し前でもゆっくり見ることができます。

少し花火は遠くなってしまいますがそれでも花火は楽しめますし、打ち上げ会場に近いとずっと上を向いていて首が疲れますが、ここは真上を見なくて良いので首が疲れません。

この順番で 混雑していないか確かめてベストポジションを見つけてくださいね。




足立の花火のまとめ

足立の花火大会の一週間後に隅田川花火大会が開催され本格的に花火大会のシーズンになります。

隅田川花火大会よりも足立の花火大会の方が見やすい場所も多く、花火大会の人気ランキング上位に選ばれるほどの大会なので時間のある方は是非お出掛けください。

関連記事

大人の浴衣の着付けと帯の結び方の基本から応用、アレンジはこちら

着物と浴衣の違いとは?仕立てや帯の違いなどわかりやすく説明します

浴衣に似合う髪型、簡単にアレンジできる編み込み、まとめ髪を紹介します

子供の浴衣の着付けや帯の結び方の基本やアレンジはこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ