隅田川花火大会2018の日程と有料席の予約方法を紹介します。

隅田川花火大会

隅田川花火大会は江戸時代から続く伝統のある
花火大会で東京三大花火大会のひとつです。

国内の競技会で勝ち抜いた業者の自慢の
打ち上げ花火なので

全国でも高レベルの花火が見られることで
有名です。

毎年約100万人の本当に多くの見物客で
賑わう花火大会なので

花火大会当日は始まる少し前に会場に行っても
行きたいところまでたどりつけず

ほとんど見ることができないで終わってしまう可能性が
高いです。

今回は2018年の隅田川花火大会の日程などの情報と
事前に購入できる有料席の予約方法を紹介します。

隅田川花火大会のおすすめスポットと穴場スポットに関する記事はこちら

スポンサードリンク

隅田川花火大会日程及び詳細情報

まだ2018年の日程は発表されていませんが、例年7月の最後の土曜日に開催されますので

7月28日()が有力です。

小雨でも決行で大雨の場合は翌日の7月29日(に順延されます。

隅田川花火大会は2会場あります。

第一会場は言問橋上流から桜橋下流まで
第二会場は厩橋上流から駒形橋の間です。

そして花火が打ち上がる時間は

第一会場19時5分~20時30分
第二会場19時30分~20時30分となっています。

問合せ 隅田川花火大会実行委員会事務局
03-5246-1111

第一会場

大会の目玉の計200発の花火コンクール玉を含む
9350発が打ち上げられます。

花火コンクールは両国花火の7つの業社と

国内の代表的な花火大会で優秀な成績をおさめた
業者3社の計10社で渾身の力作を競い合います。

桜橋の近くに打ち上げ場所があり
浅草や押上エリアから花火を楽しめます。

最寄り駅は地下鉄浅草駅から徒歩15分程で
昼間からかなり混雑します。

初めて行く方は第一会場の墨田公園吾妻橋周辺
集まってしまいますがものすごく混雑するので

花火が打ち上げられる19時前はもちろんのこと

夕方以降に浅草駅で下車しても地上に出るのに
かなりかかります。

今までの経験ですと最低30分、長いと1時間以上
かかる場合もありました。

そして地上に出たとしても花火が見られるのではなく
警察及び警備員の誘導の下、強制的にゆっくりと
歩かされます。

歩いている途中で花火が見えればまだましですが
ビルなどの高い建物が多いので見えないことも多く
ほとんど花火の音だけ聞いて

結局目的の会場にたどり着いたのが
花火大会の終盤ということもあります。

夕方以降にしか会場に来られない人は
浅草駅の利用は避けたほうが賢明です。

大会終了後も浅草駅の最札に入るまで
1時間前後かかるので1~2駅歩いたほうが早いです。
押上駅もかなり混雑します)



第二会場

創作花火やスターマインなど約1万650発が打ち上げられ
隅田川沿いに鑑賞スポットが点在します。

第一会場よりはまだましという位で
こちらもかなり混み合います。

最寄り駅は蔵前駅から徒歩5分

浅草駅程は混雑しないものの
21時頃まではかなり混雑するので

田原町駅本所吾妻橋駅を利用するのが良いでしょう。

第二会場は当日に国道6号線沿いが、
18時に道路交通規制で閉鎖されるので

そのタイミングでブルーシートを持って場所取りを
行えばかなり至近距離で花火を楽しめます。

地元の人はその辺をよく理解しているので
一緒に場所取りができるのが理想です。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の有料席と予約方法

花火大会の中で一番混雑すると言われている隅田川花火大会。

多少お金を出しても良いから何時間も前から並ぶのが嫌だという人や

当日は仕事などの都合で花火が打ち上げられる
直前にしか行けない方もいると思いますので

そのような方におすすめの有料席と
その予約方法を

いくつか紹介します。

①隅田川花火大会市民協賛席

こちらは有料席というよりは
花火大会に協賛金を寄付したお礼に

特別観覧席に招待されるという仕組みです。

ただ寄付したら誰でも特別観覧席で見ることが
できるのではなく、

ハガキによる抽選です。

当選確率は20%~30%前後と言われていますが
東京マラソンの当選確率が10%なので
それよりは十分高いですね。

価格はとても安いので是非挑戦してみて
ください。

協賛者会場、協賛金額および募集口数

※2018年はまだ発表がないので2017年のものです

①墨田区側両国親水テラス
(蔵前橋~総武線鉄橋間のいす席)

1口6,000円、1,850口程度を募集
(1口につき1名を招待)

②台東リバーサイドスポーツセンター野球場(ビニールシート席)
1口10,000円、1,550口程度を募集
(1口につき5名を招待)

③台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場(ビニールシート席)
1口10,000円、500口程度を募集
(1口につき5名を招待)

④台東リバーサイドスポーツセンター野球場(ビニールシート団体席)
1口50,000円、100口程度を募集
(1口につき22名を招待)

台東リバーサイドスポーツセンター野球場
少年野球場

ビニールシートの席で1口10,000円で
5人まで座れるので

5人で観たら一人2,500円
とてもお得ですね。
(とはいっても前年は1口7,500円だったので
値上げしましたね)

団体用は22名で申し込めば1人2,272円
さらにお得です。

(団体用は昨年3万円だったのでかなり値上げ
しましたね~)

カップルで見るとと1人5,000円かかりますが
その分ゆったり見ることができますし、

打ち上げ時間も約1時間半とたっぷりあるので
この金額で見られるのはとても安いと思います。

申し込みは例年4月20日前後で昨年の締め切りは下記の通りでした。

「申し込み締め切り日:2017年5月16日(火)当日消印まで有効」

このように申し込み期間は1か月無いので注意しましょう。

隅田川花火大会市民協賛席申し込み方法(こちらは昨年のものです。更新され次第、こちらでも紹介します)



②浅草花やしき屋上特別観覧席

毎年発売されていますが幻のチケット
呼ばれていて

即日完売するなかなか手に入りにくい
チケットです。

例年6月20日前後の土曜日に発売をしているので

今年は6月16日()(または24日)に
ぴあで受付開始すると思われます。

前売り券を購入できなかった場合は
当日抽選のラストチャンスがあります。

14:30までに来園した方に抽選用紙がもらえるので
15:00までにエントリーして番号をもらい
15:00からの抽選に参加しましょう。

当選した場合は屋上でゆっくり花火を楽しめます。

残念ながら外れた人はアトラクションによっては
花火を楽しめるかもしれませんよ。

③東京スカイツリー展望台特別営業入場券

スカイツリーの展望台から
第1会場、第2会場の打ち上がる花火を
眼下に観覧することができます。

花火大会当日の展望台のチケットは

例年ですと6月中旬から下旬まで
スカイツリーのホームページでインターネットによる
申し込みを受け付けていて

7月初めに抽選結果発表します。

販売価格は6,500円(税込 お土産付き)

その他にスカイツリーでは
Sky Restaurant 634(musashi)
(東京スカイツリー®天望デッキ)でも

食事をしながら見ることはできます。

毎年6月25日前後に受付を開始しますので
事前にホームページで確認してください。

こちらは電話による申し込みになります。




まとめ

隅田川花火大会は本当にうんざりする程大混雑するので、

早い時間から場所が確保できない場合は

目的地に移動するだけで精一杯で
花火どころではなくなる可能性が高いです。

また今ネットで紹介されている穴場のスポットも
知れ渡ってしまって、全然穴場ではないと
いうことも。

そんな場合はやっぱり有料席ですね。
多少お金がかかりますが

ゆったりと迫力ある花火を見ることができるので
今年は有料席を早めに申し込んでみては

いかがでしょうか?

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ