ひきはじめの風邪を治し方やつらいのどの痛み、予防に最適なうがい方法を紹介

気温の差が激しいと風邪をひきやすくなりますね。

その場合は病院に行って薬をもらっても良いのですがお金もかかります。

また薬によっては体内の腸内細菌を減らしてしまうので、できるだけ予防して万が一かかったとしても軽い症状ですませたいですね。

今回は昔から言われている

  • 風邪予防に最適なうがい方法
  • 初期の風邪撃退方法
  • ノドが痛くなった時にやわらげる方法

などを紹介します。

風邪予防の最適なうがい方法

風邪の予防と言ったら、うがい・手洗いが基本ですね。

うがいの時に塩水を入れると良いと昔から言われています。

塩には殺菌作用があるのでこれを入れるだけでもかなり効きます。

また塩に加えてお酢を加えるとさらに効果的です。

お酢には殺菌作用と共にノドの炎症を抑える効果があります。

ノドに違和感を感じたら塩とお酢を入れてうがいをしてみましょう。

その他にも番茶に塩をひとつまみ入れて、うがいしても効果があります。

番茶には抗菌作用のあるタンニンや風邪予防に効果的なビタミンCも豊富です。

うがい薬として使う場合は小鍋で煮立たせるなどして、ふだんより濃いめにして飲みましょう。

ひきはじめの風邪の撃退方法

①ニンニクみそ

滋養・強壮に効くニンニクは風邪にも頼もしい効果を発揮します。

ニンニクは皮ごと焼いて皮をむき、そのまま食べてもOKです。

焼いたものをおろし金ですり、適量のみそと混ぜて熱いお湯を注いで飲むとさらに効果がアップします。

焼いたニンニクはニオイがないので、気にせずに食べることができます。

②梅干しの黒焼き

風邪に梅干しというのはおばあちゃんの知恵の定番です。

梅干しにはからだにいいクエン酸や血液をきれいにする作用があります。

もちろん殺菌作用もありますから、ひきはじめの風邪に最適です!

つらいノドの痛みを和らげるにははちみつダイコン

ノドに違和感を感じるくらいならば塩とお酢を加えてうがいをすることである程度改善されます。

ノドのつらい痛みを抑えるには下記の方法をおすすめします。

まず10cm位のダイコンをサイの目(サイコロのように)に切りガラス制の入口部分が広いビンなどに入れ、はちみつを1カップ注ぎます。

ビンのフタを閉めて冷蔵庫で一晩置けば出来上がりです。

ビンの中のダイコンを取り出し、残ったエキスを大さじ1杯カップに入れて熱湯で溶いてから飲みましょう。

はちみつには殺菌効果があるのとダイコンには辛み成分が白血球を活性化し細菌の力を弱める効果があります。

これら効果が一緒になってノドの痛みやせき、痰(タン)などのカゼの症状に効果が抜群なので是非ためしてみてください。

特に薬はできるだけ飲みたくない妊婦さんや薬嫌いのお子さんにおすすめです。

まとめ

風邪予防の基本は充分な睡眠と栄養を取ることですが、

なかなか忙しくてそんな時間がないと言う人も多いですよね。

そんな場合はやはりうがいを工夫したり、

  • ニンニクみそ
  • 梅干しの黒焼き
  • ダイコンのエキス

などを摂るだけでもかなり効果があるので是非試してみてください。

またお酒が好きな人には卵酒はいかがでしょうか?

熱めの日本酒に溶き卵と砂糖加えて良くかき混ぜてから飲むと翌日スッキリしますよ。

インフルエンザが流行る時期にはしっかりうがいをして予防しましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ