鴻巣(こうのす)花火大会2018見どころと穴場スポットや有料観覧席のご案内

埼玉県で有名な花火大会と言ったら、
鴻巣(こうのす)花火大会です。

あなたは、鴻巣花火大会に行ったことはありますか?

凄い迫力ですよ!

2018年鴻巣花火大会の見どころ、穴場スポットなど、
重要な耳より情報をご紹介します。

鴻巣花火大会の見どころと人気の理由とは

日本一の川幅、荒川河川敷が会場で、
立地を生かした迫力のある花火が見られます。

見どころ花火のご紹介

  • 花火とミュージックを融合させたスターマイン
  • 2014年ギネス記録に認定された四尺玉の打ち上げ
  • 尺玉300連発で構成されているラストスターマイン(鳳凰乱舞)

鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)は絶対に見逃すと損します。
例年の傾向だと、始まる時間は20時頃です。

主催する方々にも注目です。
企画運営、設置、片付け(掃除)などすべて、
鴻巣市商工会青年部が行っています。

地元が作り上げた鴻巣花火大会
意気込みと迫力を感じる事が出来ます。

2018年鴻巣花火大会の基本情報(仮)

開催日:2018年10月13日(土曜日
予備日:翌日
(毎年10月最初の土曜日に開催)

開催時間:18時30分~20時30分
開催場所:埼玉県鴻巣市糠田(ぬかた)運動場および
荒川河川敷(埼玉県鴻巣市糠田1073-1)

問い合わせ先:鴻巣市商工会事務局(048-543-1634)

公式ホームページはこちら

打ち上げ花火の数:年々増えていき、今では約15,000超

アクセス情報

電車利用の場合

JR高崎線:鴻巣駅西口より徒歩約30分、タクシー20分、
市内循環バス田間宮小学校入口下車徒歩5分

・市内は大変渋滞している為、駅から徒歩の方が早く着く可能性があります。

お車利用の場合

関越道東松山インターから約40分
首都高与野インターから約1時間

有料駐車場

糠田メイン会場第2会場駐車場

住所:埼玉県鴻巣市糠田
料金:2,000円/1日
収容台数:約200台
開場時間:9時30分~

吉見総合運動公園

住所:埼玉県比企郡吉見町今泉141
料金:2,000円/1日
収容台数:2000台
開場時間:9時30分~

チェック
・会場近くにはコインパーキング場もあります。
・有料駐車場は、当日ぬかるんでいる場合は利用できない可能性があります。

有料観覧席の情報

毎年有料席の販売をしています。
昨年から有料席を拡大して、糠田(ぬかた)メイン会場と
糠田メイン会場第2会場に席が設けられました。

糠田メイン会場

糠田メイン会場は、例年チケットぴあで販売します。

列・ブロック 観覧席種類 入場可能 人数 注意 金額(税込)
A-B~E-B
ブロック
升席
(ブルーシート)
4名様まで指定席
1.8m×1.8m
イス不可 15,000円
A-P1~E-P3
ブロック
ペアシート席
(イス席)
2名様まで指定席 9,000円
1-A~4-E シングルシート
(イス席)
1名様まで指定席 5,000円

※ イス席は備付けの椅子のご使用のみとなります。
また、車いすをご利用の場合は備付けの椅子は撤去可能です。
※ 決済手数料は別途お支払いとなります。
※ 未就学児童は無料。但しお席内でご観覧ください。
※ 座席の指定はできません。

糠田メイン会場第2会場

糠田メイン会場第2会場はeプラスでの販売となります。

列・ブロック 観覧席種類 入場可能 人数 注意 金額(税込)
共通 イス席 1名様まで指定席 3,000円

※ イス席は備付けの椅子のご使用のみとなります。
また、車いすをご利用の場合のみ備付けの椅子は撤去可能です。
※ 決済手数料は別途お支払となります。

鴻巣花火大会穴場スポット

吉見総合運動公園

 

有料駐車場として紹介されているので、混雑はしていますが、
荒川河川敷にある公園で、鴻巣から少し離れていますが、見ごたえはバッチリ

例年イベントも行われるので、お子様連れのご家族様にはおすすめです

御成橋付近

鴻巣駅から河川敷を橋方向に歩いて行くのがポイント
約5万人収容可能な無料観覧席が用意されています。

西中学校付近

地元で有名なスポットです。
鴻巣駅から近く花火も綺麗に見る事が出来ると評判です。

道の駅いちごの里よしみ

開場から遠いですが、綺麗に花火は見られます。
駐車場は無料だし、トイレもある。かなり穴場スポットです。

ここもチェック
開場の周辺を囲む様に土手になっています。
無料で見られる場所もあるので近くで見たい方にはおすすめです。

鴻巣花火大会知って得する注意ポイント

服装

花火大会と言ったら浴衣かもしれませんが、10月に開催される花火大会。
夜には冷え込む可能性があります。
私服で歩きやすい靴、そして羽織る物があると安心です。

場所取り

メイン会場は:16時から
開場周辺の土手:当日午前7時以降(土手斜面は場所取りOK)
吉見総合運動公園:当日午前9時30分から

お車利用の場合

当日は午後4時から交通規制が行わる為、車両通行ができません。

駐車スペースがかなりある様に感じますが、
実は夕方に行っては遅いです。お昼ごろには駐車場を確保しておく事をおすすめします。

帰りの渋滞

例年60万人ぐらい集まる大規模な花火大会です。
渋滞するのは間違いありません。気持ちに余裕をもってお帰りください。

まとめ

  1. 地元の青年団が作り上げた花火大会ですが、圧巻ですよ。
  2. 10月の花火大会、夏の花火大会と違い空気が澄んで綺麗に見えます。
  3. 車でも電車でも混みあいますのでご注意ください。
  4. 都内とは違い、実は穴場は結構あるんですよ。
  5. 注意ポイントは見逃せない情報です。

鴻巣花火大会は混雑しますが、それだけ見る価値がある花火大会です。
ぜひ、楽しんできて欲しいです。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ