暑中見舞いの意味と出す時期とは。暑中見舞いの書き方のコツ。投函する時期を過ぎた場合はどうするの?

「暑中見舞い」のお便りを出した事がありますか?

今はメールやラインで、すぐに連絡が取れてしまう世の中ですから
暑中見舞いのお便りを出した事がない!
と言うより、暑中見舞いの意味も知らないかもしれませんね。

しかし、それではこの先恥ずかしいかもしれませんよ。

今回は、暑中見舞いの意味とお便りを出す時期、ハガキの書き方、
そして、お便りを出す時期を過ぎた場合、喪中の場合など、
まとめたので、ご紹介します。

今すぐにお便りを出す、出さないは関係なく、
覚えておくと何かの時に良いでしょう。

スポンサードリンク

暑中見舞いの意味と出す時期は?

暑中見舞いと言うのは、
最も暑い時期に出すお便りの事で、
相手の健康や安否を気にかける事
を意味します。

と言う事で、
基本的には、お便りを出す相手が住んでいる場所が、
暑い時に出すのがマナー
とされています。

暦の上で目安となっている時期があるます。

目安となる時期
二十四節気の小暑(しょうしょ)から、
立秋の前日までとされています。

(小暑)7月7日~(立秋前日)8月6日まで

また、暑中と言うと夏土用の期間でもあります。

夏土用の期間は、
7月後半(20日頃)~8月初め(6日頃)まで、とされています。

多くの方は、梅雨が明けて夏の暑さが
感じられるタイミングで出すみたいですよ。

スポンサードリンク

暑中見舞いハガキの書き方

暑中見舞いのお便りは、季節のあいさつ状の一つとなります。

➀書き出し

季節のあいさつの言葉

➁内容

相手の健康や安否を気遣う文
自分自身の近況報告
相手の健康を願う言葉

➂最後に

日付
(日付の後に、暑い盛りの時期と言う意味の「盛夏」を用いるのが習慣です)

プチポイント
お便りは、縦書き・横書きの決まりはありません。
暑い時期のあいさつ状なので、 長い文章ではなく、簡潔に伝える方がよいですよ。

暑中見舞い出す時期を過ぎた場合

暑中見舞いの時期を過ぎると言うのは、
立秋からの事になります。

立秋とは、8月7日からで、お便りは、残暑お見舞いに変わります。

8月7日と言ったら、
まだ夏の暑さ、と言う感じがしますが、
暦の上では、立秋は秋のはじまりとなっているので、
残暑と言う言い方に変わります。

残暑お見舞いのポイント
残暑お見舞いのお便りを出す目安は、
(立秋)8月7日~(処暑)9月6日まで とされていますが、 基本的には8月末までに出すのがマナーとされているので注意してくださいね。

暑中見舞いのお便りの返事として、
残暑お見舞いのお便りを出す場合

暑中見舞いのお便りを受け取った事と、お礼の言葉、
そして同じ様に、相手の健康を気遣う言葉を添えましょう。

喪中の時はどうすればよいか

ハガキでお便りを出すと言うと、年賀状を思い浮かべますよね。

確かに年賀状の場合、
相手や自身が喪中の場合は、ハガキを出す事はありません。

しかし年賀状は、新年のお祝いのお便りになりますが、
暑中見舞い(残暑お見舞い)は季節のあいさつのお便りです。
マナー的にもお送りして問題はありませんので大丈夫です。

ただし、49日中は自身もそうですが、
相手も何かと忙しいと思うので、控えるのがマナー
とされています。

49日中以外は逆に、
相手の健康を気遣う事や、自分が元気である事を伝える為に、
お便りを出した方がよいかもしれませんね。

注意点としては、
イラスト付きのハガキの場合、控えめな物を選びましょう。

まとめ

  1. 暑中見舞いは、8月6日までに着く様に出すのがポイント!
  2. 私はハガキの場合、縦書きにしています。
  3. 残暑お見舞いは、8月末までに着く様に出すのがポイント!
  4. 相手が喪中である事を知らずに出してしまっても、マナー違反ではないです。

今は気候の変化が激しく、
出すタイミングが大変かもしれませんが、
そんな時は、目安となる期間で送るとよいかもしれませんね。

大切なのは、相手の健康を気遣い、
自分の事を心配させない為のお便りです。

昔ながらの習慣は、これからも大切にしていきたいですよね。

最後にプチ情報!
なんと、「暑中見舞いの日」と言うのがあります。
6月15日です。
暑中見舞いのハガキが初めて販売された日
です。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ