鎌倉・長谷寺の紅葉ライトアップ2018の日程と見どころポイントをご紹介します。

鎌倉にはお寺がかなりあり、紅葉スポットとして、名所がたくさんありますが、

今年の紅葉は長谷寺に行ってみませんか?

長谷寺は四季折々の花が美しく、特にアジサイが有名ですが、実は紅葉の名所としても有名です。

そして長谷寺は鎌倉の紅葉で唯一ライトアップもあります。

今回は長谷寺の事を簡単に説明させていただき、紅葉の見頃見所のポイントをご紹介致します。

紅葉の名所である長谷寺とは?

長谷寺と言う呼び方で有名ですが、
実は正式名称がある事をご存知ですか?

海光山慈照院長谷寺(かいこうざんじしょういんはせでら)です。

開山の徳道の願いにより、
一本のクスノキから彫られたと言われている本尊は、
十一面観音(長谷観音)高さ9.18mで日本最大級の木造観音
です。

敷地内は、観音山の裾野に広がる下境内そして、中腹の上境内の二つに分かれおります。

入山口になっている下境内には、
妙智池(みょうちいけ)と放生池(ほうじょういけ)があり、
池の周辺は、回遊式庭園になっています。

長谷寺での紅葉の見頃

鎌倉の町全体が、緑(木々)が多いので、
秋には紅葉の町と言ってもよいのではないでしょうか?

長谷寺の紅葉の見頃は、
例年11月下旬~12月中旬です。

見所のポイント

それでは、見所のポイントをご紹介致します。

ライトアップ

なんと言っても長谷寺の紅葉が有名なのは、ライトアップです!

ライトアップ期間

毎年11月下旬~12月上旬です。

長谷寺ライトアップ夜間特別拝観詳細

期間: 2018年11月23日(金・祝)~12月9日(
時間

平日:日没~18:00
休日:日没~18:30

拝観料:大人300円 小学生100円

鎌倉 長谷寺公式ページはこちら 紅葉情報

 

ライトアップ時のおすすめポイント
妙智池と放生池

水面にライトアップされた紅葉は幻想的な世界ですよ。


観音堂周辺やポイントごとにもライトアップされています。
竹林があるのですが、そこもおすすめです。

山全体を覆いつくす木の種類

長谷寺では、紅葉を楽しめる木がたくさんあります。
もみじ、イチョウ、カエデ、ケヤキなど

時間ごとに紅葉が楽しめる

入山するならお昼過ぎ(午後)からがよいと思います。
昼間の紅葉、夕暮れ時の紅葉、そしてライトアップされた夜の紅葉、
それぞれ違う紅葉を楽しむことが出来ます。

長谷寺のアクセスや駐車場・拝観料などの基本情報

 

住所 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2

お問い合わせ先 0467-22-6300
電車でのアクセス JR横須賀線「鎌倉駅」下車、バス「長谷観音」下車、徒歩5分
JR横須賀線「鎌倉駅」下車、江ノ電鉄「長谷駅」下車、徒歩5分
小田急線「藤沢駅」下車、江ノ電鉄「長谷駅」下車、徒歩5分
お車でのアクセス 横浜横須賀道「朝比奈インター」より、県道204号、約30分
駐車場 30台、30分300円
入山料
(拝観料)
大人300円、小学生100円
時間
(10月~2月)
通常:8:00~16:30(17:00閉山)
ライトアップ期間:日没~18:00(18:30閉山)
その他 敷地内には、見晴台付近に「海光庵(かいこうあん)」と言うレストランがあります。
また、長谷寺の前にも、「てらやカフェ」や、
お土産が買える「てらやショップ」があります。

プチ情報と注意点

最後にちょっとした情報をお伝えします。

プチ情報

長谷寺にある良縁地蔵(りょうえんじぞう)をご存知でしょうか?

3体の可愛いお地蔵さんが寄り添って、敷地内3か所にあります。

実は良縁地蔵もライトアップされています。

ぜひ探してみてくださいね。

ヒントは、観音堂に行く石畳参道の途中と、眺望散策路、経蔵の左横に寄り添っています。

注意点

  • 夜は大変冷え込むと思いますので、
    防寒対策を忘れない様にしてくださいね。
  • 敷地内は大変広く、登ったり下ったりする場所が多くあります。
    履き慣れた運動靴で行く事をおすすめします。
  • 残念ながら、三脚の持ち込みは禁止されています。

まとめ

  1. 回遊式庭園は、とても素晴らしいですよ。
  2. ライトアップされた紅葉を、ぜひご覧くださいね。
  3. ライトアップ期間中は、特に混み合いますので時間に余裕を持って行動してください。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ