ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリームの違い!美味しさの秘密は?

今は一年中アイスを食べますよね。

その時の気分によりますが、夏はサッパリ系のアイス
冬は濃厚なアイスが人気な様です。

しかし、アイスと言っても、
ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリームと言った種類がありますが、
何がどの様に違うのか知っていますか?

この種類の違いは知っておいた方が良いと思いますよ。
違いを知った私が、食べるのをおすすめしたいのは、
アイスクリームです!

そこで今回は、
ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリームの違いと、
アイスクリームのおいしさの秘密をご紹介します。

スポンサードリンク

ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリームの違い

アイスはどれも同じように見えますが、
乳成分の量によって種類が分かれています。

この乳成分の量と言うのは、食品衛生法に基づき法律で定められています。

  • 乳及び乳製品の成分規格に関する省令
  • 食品、添加物等の規格基準

それでは、ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリーム
種類ごとに乳成分の量を見ていきましょう。

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上
(ミルク感は控えめです)

アイスミルク

乳固形分10.0%以上うち乳脂肪分3.0%以上
(ミルクのコクはやや控えめです)

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上うち乳脂肪分8.0%以上
(ミルクの風味とコクを最も感じられます)

アイスの危険性

アイスクリームは、乳製品をしっかり使用しているのに対して、
ラクトアイスとアイスミルクは、乳製品を少なめにして、
代わりの物を使用する事によって、
アイスクリームとしての風味や食感を出しています。

その代わりの物と言うのが、植物油脂添加物です。

特にラクトアイスは、主成分に植物油脂を使用しており、
一時期、身体に良くないと話題になったのを覚えていますか?

植物油脂には、有害物質と言われているトランス脂肪酸が含まれているため、
善玉コレステロールを減少させ、
悪玉コレステロールを増加させるなど、
細胞が傷つき、病気の原因になる可能性があるとまで言われています。

 

また、脂質が高くカロリーも高い!

アイスの違いを知ると、
ラクトアイスは身体に良い事が全くありません

そこで、私がおすすめしたいのはアイスクリームです。

スポンサードリンク

アイスクリームの美味しさの秘密

アイスクリームにだけ、
しっかり使用されている乳成分に秘密がありそうです。

乳固形分(無脂乳固形分)

牛乳の中から水分と脂肪を除いた成分になり、
タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど栄養価を含んでいます。

乳脂肪分

アイスクリームにとって重要な成分で、
風味、コク、食感、粘り気など美味しさのポイントです。

この無脂乳固形分と乳脂肪分の分量のバランスが、
アイスクリームの美味しさの秘密となります。

口当たりが滑らかな理由

混ぜている時、空気の泡と脂肪の粒子が冷たさを伝えにくくし、
滑らかな組織を作るので、冷凍しても滑らかな質感になるのです。

特に空気の割合が低いと、しっとりねっとりとした感じになり、
空気の割合が高いと、あっさり「ふわっ」と軽い感じになります。

まとめ

  1. 乳成分がかなり違う事が解ります。
  2. アイスクリームの美味しさは、口当たりの滑らかさがポイントですよね。

アイスを買う時は種類の確認をしましょう。

表示に、ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリームと、
種類別に表示されています。

私の感覚では、手ごろなお値段の物は、ラクトアイスやアイスミルクで、
ちょっとお高めな物は、アイスクリームと言った感じに思えます。

乳製品として美容や健康の為に食べる目的で、
アイスを食べるのなら、アイスクリームをおすすめします。

しかし、どのアイス(アイスクリームも含め)
食べ過ぎは身体に良くないので、
いくら美味しくても、気を付けましょうね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ