土用丑の日2017はいつ?うなぎの由来と買ったうなぎをふっくらさせる方法

d62c8b889ab66049f383aa11355f099e_s

土用丑の日と言えば「うなぎ」をイメージする人が多いのではないでしょうか?
暑い夏をスタミナつけて乗り切るために「うなぎ」を食べようという方も
多いのでうなぎ屋さんは毎年大繁盛していますよね。

土用丑の日は毎年決まった日ではなく、その年によって違います。
2017年夏の土用丑の日と、うなぎを食べる由来、そして

スーパーなどで買ったうなぎをふっくらとさせる方法をお伝えします。

スポンサードリンク

2017年の夏の土用丑の日はいつ

土用丑の日は夏だけではありません。
春も秋も冬もあります。

今ではもっぱら夏のことを指すようになりました。
年によっては「土用丑の日」が二度巡って来ることもあり

2度目を「二の丑」といいますが今年はその「二の丑」の日です。

2017年の夏の土用丑の日は

7月25日(火)、8月6日(と2回あります。

ただ2回あるからといって2回ともうなぎを食べる
人はあまりいないようなので

1回目の方が盛り上がるようです。

ですが2回目は日曜日なので今回は
2回目の方がうなぎを食べる人が多くなるかもしれませんね。

それでは一体なぜ土用丑の日にうなぎを食べるように
なったのでしょうか?

スポンサードリンク

うなぎを食べる由来とは?

昔は季節の変わり目にさまざまな風習がありました。
特に夏の土用は梅雨明けと重なり、

梅干し、うどん、うりなど「う」のつくものを食べて
夏バテを防止したのです。

うなぎも「う」の食べ物ですよね。

ではうなぎはいつから食べられていたのかというと
「万葉集」にうなぎが滋養強壮に効く食べ物として登場していることから

平安時代から既に食べられていたと言われています。

このようなうなぎに関する話を
江戸時代の学者である平賀源内が知っていて、
本来うなぎの旬は冬のため、夏の営業が不振で悩んでいたうなぎ屋に対して

「本日丑の日という張り紙を店に貼る」と助言して

土用の丑の日=うなぎブームが広がったという説が有名ですが、
真偽の程は定かではありません。

硬いうなぎをふっくらさせる方法

スーパーなどで買ったうなぎはうなぎ屋で食べるのものと
違ってなんか硬くてパサついている場合が多いですよね。

それを「スーパーのうなぎだから仕方ないか」とあきらめては
いけません。

工夫をすればそれなりに美味しくなりますので紹介します。

① 買ってきたうなぎを水洗いする。

市販のうなぎのタレは見た目を良くするため、あるいは
保存期間を長くするために、添加物をたくさん使用している
場合が多いのでキレイに洗い流しましょう。

② お茶で煮る

うなぎが硬くなる原因はコラーゲンです。
この繊維性タンパク質によってスーパーで特売のうなぎは硬いそうです。

ちなみに専門店のうなぎはコラーゲンが取り除かれているようです。
(女性にとってはコラーゲン取り除かなくていいよ~。と思うかも)

この違いだけで食感にかなりの差がでるそうです。

そのコラーゲンを取り除く方法は緑茶で煮ることです。
緑茶は弱アルカリ性でコラーゲンを溶かして取り除いてくれます。

まずうなぎをフライパンに入れて皮が浸るぐらいに緑茶を入れて
その後5,6分程水分が飛ぶまで煮込みます。

これだけでO.Kです。

③ タレを作る

先程タレを洗い流したので特製のタレを作りましょう。

材料は
しょう油 大さじ 3杯
みりん  大さじ 3杯
砂糖   大さじ 3杯
これにお好みで酒を大さじ1杯入れても美味しいです。

材料をフライパンに入れて火をつけます。
沸騰したら中火にして焦げないようにひたすらかき混ぜます。

とろみがついたらタレを取り出します。

その後お茶で煮たうなぎをフライパンに入れ
水80ccと今作ったタレ(大さじ1杯)を入れて蓋をして
中火で温めて3分でできあがりです。

一度試したことがあるのですがたしかに美味しいです。
うなぎが柔らかいのはもちろん、タレが美味しいです。

簡単に作れることができるタレですが、
本当にご飯がすすみます。

食品添加物も入っていないので健康に良いですし
おすすめですよ。一度試してみてください。

まとめ

こうやってうなぎの記事を書いているだけで
うなぎが食べたくなってきました。

今日はうなぎの美味しい食べ方を紹介しましたが

作る時間がないという方は通販でも国産の美味しいうなぎを
販売しているので是非食べてみてくださいね。
通販サイトであればこちらがおすすめです。

うなぎ生産量日本一の愛知県一色町直送のうなぎを提供!
”アオテ”と呼ばれる肉質の柔らかい上質なうなぎのみを選別してお届け。

~三河一色 極上うなぎ~
【うなぎ通販の美食市】



うなぎは本当に栄養満点の食品なのでこの夏は是非
うなぎを食べて乗り切りましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ