市販のアイスは危険?特にラクトアイスはトランス脂肪酸や添加物に注意!

a53e0b2285318ac2ca950ad1d64cc055_s

暑い季節になると毎日アイスを
食べたくなりますよね。

今では冬でも部屋が暖かいので
年中食べる人も多いようですし
私もその一人です。

ただしアイスを食べるなら
アイスクリームであれば良いのですが

安くて容量の多い「ラクトアイス」
食べたりしていませんか?

「ラクトアイスって何?」という方にアイスの種類と
ラクトアイスがおすすめできない理由を
お伝えします。

スポンサードリンク

アイスの種類とラクトアイスとは?

コンビニやスーパーなどで見かけるアイスは
アイスクリーム類氷菓に分けられます。

氷菓とは夏になると大人気の
「ガリガリ君 」のように
氷でできている氷菓子の
ことです。

一方アイスクリーム類乳固形分
乳脂肪分の含有率によって大別され

含有率の多い方から
●「アイスクリーム」
●「アイスミルク」
●「ラクトアイス」

3つの種類に分けられます。

つまり「アイスクリーム」は
牛乳などの乳成分がたっぷり入っていて

逆に「ラクトアイス」はほとんど入っておらず、
「アイスミルク」はその中間です。

具体的に乳固形分と乳脂肪分何%以上から
「アイスクリーム」と決まりが
ありますが、

その数字を覚えても意味がないので、

商品の裏の「種類別」というところを
見ればすぐに

「アイスクリーム」や「ラクトアイス」と
わかるようになっています。

そして最近ようやく注目されつつあるのが
「ラクトアイス」の危険性についてです。

スポンサードリンク

ラクトアイスはトランス脂肪酸や食品添加物がいっぱい

ラクトアイスは乳脂肪などが少ないということは
「牛乳があまり入っていなんだね」
と思うかもしれませんが、

実はほとんど入っていません。

このように書くと
「えーっ!あの白いのは牛乳でしょう?」と
思う方も多いと思いますが

実は牛乳の代わりに入っているのがなのです!

初めて知ったかたもいるかも
しれませんが、

ラクトアイスと同様に牛乳でできていると
思わせておいて実は油という商品があります。

それはコーヒーフレッシュです。
お店で「ミルクはいかがですか?」と
言われますよね。

「お店でミルクというのだから
少しは乳製品が含まれているでしょ?」
と思うかもしれませんが

コーヒーフレッシュの色が真っ白でも
水・油・添加物のみで
全く牛乳が入っていません。

そしてラクトアイスも同様に

ラクトアイスも植物性油脂でできています。

ただ植物性油脂だけではアイスクリームの
ようにはならないので

さまざまな添加物を使用して
アイスクリーム風に仕立てているのです。

中には植物性油脂は動物性と比べると
健康に良いのでは?と

思う人もいるかもしれませんが
そんなことは全くありません。

植物性油の代表であり、
日本で一番売れているサラダ油や

ラクトアイスによく使用されているパーム油、
ヤシ油にも

今話題のトランス脂肪酸がたくさん入っています。

※ちなみに原料のパームやヤシに
トランス脂肪酸などの危険性が高い物質が
含まれているのではなく

サラダ油を高温処理で製造する方法に
問題があります。



アメリカではトランス脂肪酸は
2018年6月までに全廃すると
先日決まっていますし、

他の欧米の国やアジアでも
トランス脂肪酸の表示義務や制限を
定めているところが多いです。

ですが日本はアメリカなどと比べて
トランス脂肪酸の摂取量が少ないから
問題ないと言って

制限どころか表示義務でさえありません。
これっておかしくないでしょうか?

アメリカでは身体に危険で
病気になりやすくなるからという理由で
量を制限するのではなく全廃します。

それだけトランス脂肪酸は危険なのです。
なのに日本の政府の対応は・・・。

ようするに政府はトランス脂肪酸を
禁止にしたり制限したりすると、

食品会社が大ダメージを受けてしまうのが
目に見えているので

とりあえず今は静観しておこうということなのでしょう。

ラクトアイスは悪い油を使っているだけでなく、
アイスクリームを作るには欠かせない
卵も入っていませんし

砂糖の代わりに安いガムシロップを
使用しています。
(ガムシロップも体に良くない原料が使用されています)

そしてアイスクリームに見せかけるために
様々な添加物を使って大量に安価なものを作り、
お店のケースに並んでいるのです。

アイスクリームとラクトアイスは見た目が同じようですが
中身は全く違う別物です。

お店で販売されているラクトアイスを1個食べると
1日に必要な脂質の6割に匹敵します。

その他の食べ物にも脂質は入っているので
脂質を摂り過ぎると脂質過剰になり、
ニキビなどの肌荒れの原因になります。

トランス脂肪酸、危険な添加物、脂質のとり過ぎなど
何ひとつラクトアイスを食べて良いことはありません。

もちろんラクトアイス以外にも体に悪いお菓子は
たくさんあります。

ただ、ラクトアイスは見た目がアイスクリームに
そっくりで

牛乳からできているから健康に良いという
イメージを持ってしまう可能性があるので

より注意しないといけない食べ物です。

では「なんでラクトアイスを製造、
販売しているの?」と疑問に
思うかもしれませんが、

それは売れるからです。

大手企業は乳脂肪がたっぷり入った、
とても美味しいアイスクリームを
作ることは簡単にできますし、実際一部販売しています。

ただコンビニやスーパーでは
「高いアイスクリームは売れない」
「ハーゲンダッツだけあればいい」と
思っているので

安くておいしい(気がする)ラクトアイスの
場所を大きくとって販売しているのです。

安い方が売れてしまうというのは
消費者がそれを選んで買ってしまう
責任もあるかもしれないのですが、

やはりテレビなどで「ラクトアイスは危険です。」とは
スポンサーの関係上絶対言わないですし

情報が流れないような仕組みになっている
マスコミや政府、

そして利益が出れば良いと思っている企業の方が
責任が重いのではないでしょうか?


食べるならばアイスクリーム

では「アイスミルク」はどうなのでしょうか?
「アイスクリーム」と「ラクトアイス」

どちらの要素も含まれているので
「ラクトアイス」に比べればましなのですが

できればアイスクリームを食べてもらいたいです。

アイスクリームであればほとんど植物油脂を
使用していませんし

食品添加物も最小限の使用で済みます。

価格が高いのが欠点ですが、
味も美味しいのでできるだけ
アイスクリームを食べるようにしてください。

ちなみにアイスクリームの原料は
牛乳や生乳だと思っている方が
多いと思いますが、

一番売れているハーゲンダッツのアイスクリームの
原料は脱脂粉乳で牛乳(生乳)ではありません。

これは私の意見なので本当は違うかもしれませんが、
牛乳を使わない理由は

●脱脂粉乳の品質が安定していることと
●牛乳よりも安く仕入れることができるため
だと思っています。

牛乳は時期によって味や品質が変わるので
アイスクリームの味にも
影響が出る場合もあります。

それを避けるために脱脂粉乳にして質を安定させ、
しかも大量に注文することで価格を抑えているのでは
ないでしょうか?

牧場で作っているアイスクリームやソフトクリームは
そこの牛乳を使用していることが多いので

裏の表示を見れば原材料のところに
「牛乳」や「生乳」と書かれています。

ぜひ本当のアイスクリームを食べたい方は
牧場の牛乳から作られたものをおすすめします。

まとめ

今でもCMでバンバン流れる
ラクトアイスですが

これを読んだらもう食べる気はなくなると
思います。

そしてラクトアイスが体に良くないということで
消費者が買わなくなれば売れなくなって
製造中止になるので

ぜひ将来は本物志向が強くなって
ラクトアイスが販売中止になることを願っています。
(ただし可能性はかなり低いですが)

味も見た目も同じに見えるアイスクリームと
ラクトアイスですが

ラクトアイスは牛乳ではなく
油を使用していて、

美味しく感じるのは食品添加物の
おかげです。

しかも某大手メーカーの
「スー〇ーカッ〇」など

健康に悪いのに内容量が多い商品が
結構あります。

値段が安いのでラクトアイスを
買い与えたいところですが

子どもの健康を考えてアイスクリームを
食べさせてあげてくださいね。

スポンサードリンク



10 Responses to “市販のアイスは危険?特にラクトアイスはトランス脂肪酸や添加物に注意!”

  1. satowon より:

    アイスクリーム類全体で「賞味期限がない」ということも非常に心配ですね…。

    • tw0801 より:

      コメントありがとうございます。

      そうですね。賞味期限がないからといって劣化しないわけではないですし。
      あとは製造年月日がわかる商品もあるので、それを信用するしかないですね。

  2. satowon より:

    管理人様コメントありがとうございます!
    詳しく調べてみると、乳化剤や増粘多糖類(安定剤)が使われているとアイスクリーム類も心配ですね。

    • tw0801 より:

      コメントありがとうございます。

      乳化剤や増粘多糖類は安全なものとそうでないものがあるのですが、
      細かい表示義務がないのが残念ですね。

      きちんと表示すると何か問題でもあるのかと疑ってしまいます。 
      これらの添加物は少量ですがやはり健康に良くないものはできるだけ避けて欲しいですね。

  3. あh より:

    トランス脂肪酸による健康への被害の研究の多くは、トランス脂肪酸の摂取量が多い欧米人を対象としたもので、日本人にも同じ影響があるのかは明らかではありません。
    日本人の接種目安量は日当2gであり、平均摂取量は0.92gとなっています。
    そのため、対策は今のところ必要ありません。

    「お店で販売されているラクトアイスを1個食べると
    1日に必要な脂質の6割」
    とありますが、アイスミルク、アイスクリームの方が脂質量が多いです。(厚生労働省基準だと)
    ニキビ予防などと言って進めるのはよくないと思います。

    脱脂粉乳からはアイスを作れません。
    単価も高いですし。

    • tw0801 より:

      コメントいただきありがとうございます。

      確かにトランス脂肪酸の日本人の摂取目安量は2gで平均摂取量は0.92gと
      言われているのは間違いないですね。

      私も和食中心の食生活をしている方であれば、それほど問題ないと思っています。

      ただ現代の日本人はファーストフードやコンビニ、スーパーの揚げ物や惣菜、加工食品で
      かなりのサラダ油(植物油脂)を摂取しています。

      ちなみにファーストフードのポテトMサイズのトランス脂肪酸の含有量は4.55gです。
      これだけでも基準をオーバーしていますし、ポテトだけ注文する人はあまりいないので

      ハンバーガーにもトランス脂肪酸は含まれていますし、
      仮にコーヒーを注文してコーヒーフレッシュを入れるとあればほとんど
      油でできているので、それだけでかなりの量になります。

      もちろんトランス脂肪酸はポテトに含まれているというよりも
      ポテトを揚げる油に多く含まれています。

      その他コンビニやスーパーで揚げた唐揚げ、コロッケ、メンチカツなど
      また、多くの加工食品の植物油脂にもトランス脂肪酸は含まれているので

      それらを考えると平均摂取量はどのような人を対象に調査した結果なのか
      疑問に感じます。

      なので和食中心の生活をしている人はトランス脂肪酸なんて気にしなくて良いですし
      外食が多い人は気を付けた方が良いと思っています。

      トランス脂肪酸を規制すると多くの食品会社が今販売している多くの商品が販売できなくなる
      可能性があるのでかなりのダメージを受けるのではないでしょうか?
      (昔私も食品会社に勤めていたのである程度予想がつきます)

      そのため国でも規制を簡単にできないと思っています。
      ただそれならばせめてトランス脂肪酸の含有量をメーカーのホームページに
      食品ごとに載せてほしいですね。

      それであれば消費者がトランス脂肪酸の含有量を確認して商品を選ぶことができるからです。
      実際に山崎製パンさんはホームページに賞品ごとにトランス脂肪酸の含有量を掲載しています。

      ゼロの商品もありますし、菓子パン1個でトランス脂肪酸接種目安量の2gに相当する商品も
      掲載していますが、ほんとうにありがたいと思っています。

      海外ではトランス脂肪酸を規制していなくても表示の義務がある国はいくつかあるので
      日本でも消費者がそれを見て食品を選べるようになりたいものです。

      また脂肪量はアイスミルクやアイスクリームの方がラクトアイスより多いと
      ご指摘を受けましたがその通りです。

      私の記事の書き方が悪かったですね。大変申し訳ございません。

      ただしアイスミルクやアイスクリームは牛乳に含まれている脂肪分で
      消化吸収が良く、効率的にエネルギ―に変えることが
      できます。

      一方ラクトアイスの脂肪分は牛乳の脂肪分はほとんどなく
      植物油脂(いわゆるサラダ油)の脂肪分です。

      なのでラクトアイスの脂肪分は質が悪いということで
      ご理解ください。

      ラクトアイスは私は体にあまり良くないと思っているものの、
      メーカーが日本の基準を逸脱して製造しているわけではないので
      食べるのは絶対に禁止とは思いません。

      おやつ以外でバランス良い食事をしているのであれば
      ラクトアイス1個くらい問題ないと思っています。

      ただ現在はトランス脂肪酸の含む食べ物を摂取しやすい
      環境なので、外食や加工食品を多く食べている人が

      さらにおやつにラクトアイスを食べるというのは
      健康に良くないと思っています。

      もちろんラクトアイスだけが悪いのではなくその他にも
      体に良くない食べ物もあります。

      ですがラクトアイスはほとんど牛乳でできていて
      健康に良さそうに見えてしまうので(実際はそうでないですが)

      見た目からして体に悪そうに見える添加物や合成着色料がたくさん
      含まれているお菓子と比べるとたちが悪いと思います。

      そのため、特にお子さんにはラクトアイスを食べるならできればアイスミルク、
      さらに言えばアイスクリームを食べていただきたいと思っています。

      • 内田 より:

        こちらのコメント拝見させていただきましたが、記事閲覧者に対する丁寧なコメントに感動しました。
        私は同じくwebメディアを運営しているものですが、否定的なコメントに対しての紳士的な回答に感動しコメントさせていただきました。
        トランス脂肪酸も脂質に入りますし、健康的な脂肪も脂質に入りますので、
        そこを一括りにすること自体がナンセンスなわけですよね。

        すごい勉強になりました

        • tw0801 より:

          コメントありがとうございました。

          webメディア運営しているのですね。

          自分ではわかりやすく慎重に書いているつもりでも、
          ご指摘があって気づくこともありますので

          否定的なコメントもありがたいと思っています。

          お互いに頑張りましょう。

  4. GBB より:

    こんにちは!
    ラクトアイスは体に悪い、という事はウワサでは知っていましたが、こちらのサイトを拝見してビックリしました!

    全部油だったのですね・・・・。
    去年まで~カップは安いし手軽だからよく買って食べていました。

    ここからは私事ですが、実は先週youtubeで、ヌガーグラッセなるフランスの氷菓子の作り方を拝見し、手前みそで作ったばかりなのです。
    材料は、生クリーム(動物性)・卵白・砂糖・アーモンド・ハチミツ   以上です。

    これがまた美味しいこと美味しいこと!!
    家族からも大好評で、また作ってほしい、アイスを買わなくて済む、と喜んでもらいました(笑)。
    (0801さんのおっしゃっていた、本物の牛乳などを使ったアイスが美味しいを実体験したカンジですね)

    しかし、材料費を考えると、ラクトの方がいいかな・・なんて不埒な事を考えていたので、tw0801さんの警告でSTOP!がかかりました。
    自作します!
    確かに脂肪分多いんですよね、生クリームだし・・。
    ですが、カップを小さめのにして個数を増やすとか、対策はできると思うので
    (現在はココット型?の陶器で作っています。気を抜くと美味しすぎて全部食べちゃうんで)、何とか半量ずつ食べて一週間繋いでいます(笑)。

    そうですよね。
    意識していませんでしたが、アイスだって消費期限があるんですよね・・。
    しかも私のは手作りで防腐剤ナシだから・・。
    一週間以内に食べた方がいいかもしれませんね。
    貴重な情報ありがとうございました。

    • tw0801 より:

      コメントありがとうございます。

      ラクトアイスは安くで容量も多いですが
      できるだけアイスクリームを食べてくださいね。

      「ヌガーグラッセ」想像しただけでもおいしそうです。
      おそらく食べたら私も止まらなくなると思います。

      「アイスだって消費期限があるんですよね・・。」

      一応アイスは-18度以下で保管すれば
      賞味期限を印字しなくて良い規則になっています。
      これはこの温度で保管すれば菌が繁殖しないためです。

      ですがいくら-18度以下で保管して菌が増えなくても
      味は落ちます。

      また、家庭の冷凍庫はひんぱんに開閉をすると
      温度が高くなってしまうので、

      1か月以内には食べきることがおすすめです。

      それではまた何かございましたら
      よろしくお願いいたいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ