ノロウイルスのおう吐物や便の処理方法、消毒する際の注意点

ノロウイルス感染で注意しなくてはいけないのが
患者を脱水症状にさせないことと、

ノロウイルスは感染力が強いので
患者のおう吐物や下痢便をきちんと処理しないと
2次感染してしまう可能性があります。

今日は汚物処理に関する注意点を紹介します。

スポンサードリンク

汚物処理は初期対応が全て

おう吐物などにより環境がノロウイルスに汚染された場合、
「最初の対応のまずさが食中毒を起こす」ことを強く認識し
徹底的な対応が重要です。

初期対応が不十分だと、汚物に触れた手指、スリッパ等を介して
あっという間にウイルスが施設内に広がってしまいます。

残ったウイルスはその後、汚染場所を清掃したモップ、
雑巾、ほうき等を介しても汚染は広がります。

そして乾燥するとホコリとともに空気中にも舞い上がります。
このような環境の中に広がったノロウイルスを封じ込めることは
極めて困難です。

乳幼児のおう吐や下痢は日常的に見られ、
ノロウイルスによるものばかりではありませんが、

特に秋から冬にかけてはノロウイルスが原因である
可能性を常に意識し、適切な処理を日々行うことが重要です。

高齢者の場合もおう吐や下痢が見られたら、まずノロウイルスが
原因と疑い、適切に対処しましょう。

スポンサードリンク

汚物処理をする際の準備

ノロウイルスにかかってから汚物処理の準備をするのでは
遅すぎます。

患者の対応もありますので、きちんと事前に用意して
常備するようにしましょう。

汚物処理セット
 防護用具一式
(使い捨てマスク、ゴム手袋、プラスティックガウン、
ゴーグル、シューズカバー等)
 ペーパータオル(白)
 汚れのない雑巾(綿製)
 バケツ
 廃棄用ポリ袋
 5%程度の次亜塩素酸ナトリウム液
 空のペットボトル

    (次亜塩素酸ナトリウムの希釈液を入れます)
 新聞紙など

プラスティックガウンはこれですね。

次亜塩素酸ナトリウムの詳細はこちらを参考にしてください。
ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸Naが効果あり!濃度、作り方、注意点は?

準備する時間がない、大変だと思う方は
ノロウイルス汚物処理セットを購入しておいてください。

汚物処理をする場合の対応例

① 汚物(おう吐物、下痢)から人を遠ざける
② 手袋、マスク、エプロン(又はプレスチックガウン)を装着
③ 防護服を着用する。窓があれば開放する
④ 廃棄用ビニール袋の口を開けて、消毒液を少量入れておく

消毒液(濃度1,000~5,000ppmの次亜塩素酸ナトリウム)
⑤ 消毒液を浸したペーパータオルを広げ汚染物をおおう
⑥ 周囲から汚物を包み込むようにぬぐい取り、
ビニール袋に廃棄する(可能な限り汚物を残さない)
⑦ 汚物を可能な限り除去した後、消毒液を浸したタオルなどを
用いて汚染箇所とその周辺を十分に消毒する
⑧ 汚物の中心から約半径2mを汚染区域と設定し
消毒液を浸したキレイな雑巾(綿製)でおおい
周囲をシールする
(汚染区域の立ち入り制限し、一夜以上放置する)
⑨ 防護服をはずしてビニール袋に入れてから封をして
  可燃ごみとして廃棄する
⑩ ハンドソープと流水による手洗い(できれば2度)を
した後アルコール消毒をする
⑪ うがいを念入りにする


下痢便後のトイレの清掃の対応例

便座などが汚染していない場合の対応例です。
汚染している場合は上記の「汚物処理をする場合の対応例」
参考にしてください。
① 手袋、マスク、エプロン等を装着する
② 1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム溶液で専用の雑巾で
 ドアノブとその周辺
 温水洗浄装置の操作パネル部分
 水洗レバー
 便座を
清掃、消毒する
③ マスク、手袋、エプロンを外し、
手指、二の腕等をハンドソープで十分に洗浄した後
アルコール消毒をする
④ うがいを入念にする

まとめ

今年はノロウイルスが変異して新型ノロウイルスが発見されているので
秋以降大流行するおそれがあります。

今のうちから汚物処理セットは用意しておきましょう。

ノロウイルスは感染力がかなり強いので
必ず汚物をしっかりと処理するようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ