食べてはいけない 添加物 オレンジ、レモンなどの輸入フルーツの安全性と防カビ剤の危険

輸入フルーツ

フルーツは単に美味しいからと言うだけでなく、ダイエットや
健康のために食べている人も多いと思います。

農薬に関しては国産も外国産にも使用されているので、無農薬の果物
だけを食べるというのは難しいものがありますが、

実は農薬以上に今問題となっているのは防カビ剤を使用している
輸入のフルーツです。

今日は輸入フルーツの危険性について検証してみましょう。

スポンサードリンク

輸入フルーツの防カビ剤の危険性は?

オレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツには
防カビ剤が使用されています。

海外から輸入する場合は飛行機ではなく通常は船で
運ばれるので、数日でフルーツが腐ってしまいます。

腐るのを防ぐためには仕方ないとも言えるのですが
ただしその防カビ剤が大変危険なのです。

防カビ剤の種類は
OPP(オルトフェニルフェノール)
OPP-Na(オルトフェニルフェノールーナトリウム)
TBZ(チアベンダゾール)
イマザリル
ジフェニル

などがありますが、

OPPやOPP-Naには動物実験で発がん性があることがわかりました。
またTBZは催奇形性(お腹の子どもに先天性障害をもたらす毒性)

あることがわかっています。

イマザリルも動物実験で神経行動毒性があることや肝臓にも
悪影響
があることがわかっています。

「防カビ剤は皮についているのだから皮を取れば大丈夫なのでは」と
思うかもしれませんが、皮だけではなく果肉からも見つかっています。

一部では防カビ剤にワックスを塗って落ちるのを防いでいる
という話まで聞きます。

実際腐ってしまってはお金にならないのであながち
ウソではないように思います。

オレンジやグレープフルーツは表面の皮まで食べることは
ないと思いますが

レモンの場合は輪切りにして紅茶に入れたり、
サラダに入れたりして食べる場合もありますね。

レモンの皮には豊富な栄養素が含まれているので
安全なレモンであれば皮まで食べた方が良いです。

ただしレストランなどで出された場合はどこ産の
レモンかわからないと思いますので、

無農薬の野菜や果物だけを使用している
自然派レストランというお店以外には食べない方が
良いです。

家で海外産のレモンを食べる場合は
レモンにお湯をかけながら、表面をタワシでゴシゴシ洗い
ペーパータオルで水分をふき取ってからにしましょう。

これでレモンの皮についている防腐剤やツヤだしワックスを
取ることができます。

ですがこれでもまだ心配という方は野菜や果物を
洗うための洗剤野菜や果物を洗っても良い
中性洗剤があります。

この洗剤でレモンの外側を洗います。
その後はしっかりと流水で落としましょう。

そしてもう一つ防腐剤などを落とす方法は
50℃のお湯にレモンを浸すことです。

お湯に浸ける時間は熟した軟らかめのレモンであれば
5分程度、固いレモンであれば10分程度が目安です。

表面に付着したワックスは50℃以上のお湯であれば
たいてい取り除くことができます。

ただし60℃以上になるとレモン本来のツヤが失われたり
レモンに多く含まれるビタミンCの熱によるダメージも
考えられるので50℃以上にはしないようにしてください。

スポンサードリンク

輸入フルーツの防カビ剤の危険性のまとめ

これらの防カビ剤はバラ売りでも表示する義務があるので、表示されていない
ものを買うのが一番なのですが、一部の小売店では防カビ剤を使用している

フルーツにも関わらず表示をしていないところもあるそうです。

そうなるときちんと表示をしている信頼できる百貨店やスーパーで買うか

お店もどこも信用できないとなると、国産のフルーツを食べるのを
おすすめします。(国産のフルーツには防カビ剤は使用していません)

グレープフルーツなどは国産品が少なく、海外産で
防かび剤不使用という物もあるようですので

特にグレープフルーツのダイエットをして毎日朝昼晩食べるという方は
安全なものを選んで食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

食べてはいけない添加物 ガムは歯に良いけど身体には危険?

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?食品添加物は使用しているの?

食べてはいけない添加物 栄養ドリンクは効果あるの?毎日飲んでも平気?

マグロは食べ過ぎ注意、メチル水銀の妊婦への影響は?子どもは大丈夫?

米国産牛、豪州産牛、欧州牛一番安全な輸入肉はどれ?

食べてはいけない添加物、カップ麺、インスタントラーメンは危険?

食べては危険な添加物 コンビニおにぎり、弁当は大丈夫?発がん性は?

食べては危険な添加物 菓子パン、サンドイッチ は大丈夫?

食べていけない添加物 ハム・ウィンナー・ベーコンは危険?発がん性は?

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ