ひな祭りの飾りはいつからいつまで?お雛様をしまうのが遅いと婚期が遅れる?

ひな祭りは3月3日(地方によっては旧暦の3月3日)というのは

ご存知だと思いますが、

それではいつから飾って、いつしまうと言うのはご存知でしょうか。

今日は

ひな祭りの飾りはいつからいつまで飾るのか?

お雛様をしまうのが遅くなると婚期が遅れるのか?

しまう際に重要視しなくてはならないことは何か?

についてお伝えします。

スポンサードリンク

ひな祭りの飾る時期はいつから?

ひな祭りを飾る時期はいつからという決まりは特にありません。

ただお雛様を飾るのが良いと言われている時期は

立春(節分の翌日、2月4日頃)から2月中旬にかけてです。

節分で豆まきをして厄を払った後に飾る、と覚えておけば良いと思います。

遅くともひな祭りの一週間前までには
飾りつけを済ませておきましょう。

先程も言った通り飾る時期の決まりはないので、

年明けから飾ってできるだけ長く
楽しみたいと言う方も問題ありません。

ひな祭りの飾りをしまう時期はいつ頃?しまい遅れるとお嫁に行けない?

しまう時期に関しては

3月3日が終わったら片付ける地方が多いですが、
旧暦(4月3日)まで続けて飾る地域もあります。

リミットはひなひな祭りから2週間を目安に、
新暦の3月中旬頃までに

できるだけしまうようにしましょう。

旧暦なら4月中旬くらいまでが目安です。

「おひなさまをしまい遅れるとお嫁にいけない」
と言われていますが、これは迷信です。

ただなぜそう言われるのかはいくつかの説があり、

元々ひな祭りは
古代中国の厄払い行事である上巳の節句
人形(ひとがた)にけがれをうつして流す風習
小さな人形をつかったひな遊び

が混ざって成立したと言われています。

現在でもわらや紙でできた人形を流す
「流し雛」をする地域もありますが

雛人形にその子の厄や災いを移すという考えから、
いつまでも身近におかず、

早く片付けて災いを遠ざけたほうが良いと考えられたようです。

他の理由では

雛人形をいつまでも飾り、片付けも満足にできないのは
きちんとした女性になれず、いいお嫁さんにもなれません。

そのような理由から
「早くおひなさまを早くしまわないと嫁に行き遅れます」と
言った 「しつけ説」

または

早く飾り出すと「早く嫁に出す」、
早くしまうほど「早く片付く(嫁に行く)。」

雛人形は婚礼の様子を表しているので、
飾る時期を娘の結婚になぞらえている

「結婚象徴説」があります。

スポンサードリンク

ひな祭りの飾りをしまう際の重要なポイントは?

迷信ではありますが「お嫁に遅れる」からと言って早く片付けを
しようとする際に気をつけなくてはならない事があります。

高級ひな人形は絹の使用量が多く、湿気に弱いです。

ジメジメした日にしまうと、人形に湿気を残したままになってしまい、
来年に出した際にカビやシミだらけとなる可能性があります。

なので必ず天気の良い日を選んでしまうようにしてくださいね。

ひな祭りの飾りのまとめ

ひな祭りの飾りは特に早くしまわないからと言って
婚期が遅れるわけではないと知ってホッとしましたか?

でもそうように言われるのは
何かしら理由があるわけですから

できるだけ早くしまったほうが良いとは思います。

ただ娘が早く結婚して欲しくないから
ずーっと出しっぱなしにしておくのは

止めましょうね。お父さん!

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ