遺伝子検査とは?検査方法とメリットとリスクについてお伝えします。

将来かかるかもしれない病気や体質、寿命まで明らかにできると言われているが遺伝子検査です。

今日は遺伝子検査で何がわかるのか?
その検査方法とメリットやリスクについてお伝えします。

遺伝子検査とは?

遺伝子は生物の体を作り、生命を維持する為のタンパク質を作る情報源で「生命の設計図」と言われます。

このような遺伝子を解析し、

  • 病気の原因の研究
  • 診断法、治療法の確立

といった医療に役立てる目的で開発されたのが遺伝子検査です。

遺伝子は全ての細胞に存在しているので血液で採取した細胞組織だけではなく、唾液からも遺伝子を検査することができます。

遺伝子検査でわかることはその人の持っている個々の遺伝子を解析して一般的な遺伝子と比較することで先天的な体質や特徴、特定の病気になりやすいのかどうかを明らかにすることができます。

検査項目にもよりますが遺伝子検査では次のことがわかります。

  • 寿命・健康に関わる予測 
  •  ガンの早期発見(各臓器のリスクがどの程度かわかる)
  •  美容や老化のリスクがわかる

もちろんガンなどの内科的な病気だけではなく、緑内障や骨粗しょう症なども調べることができます。

さらにあなたの体質がわかることにより、適した食生活や運動(スポーツ)を知ることができて、肥満の対策病気の予防にも役立ちます。

また一部では遺伝子相性検査をやっている所もあります。

この相性とは円満に長く続くカップル(夫婦)なのかどうかはもちろんのこと、妊娠がしやすく免疫力の強い子孫が残せるのかということもわかります。

相性は悪い結果出るとその後に影響しそうなので、あまり検査しない方が良いかもしれません(笑)

遺伝子検査の方法は?

遺伝子検査はネットで依頼して自宅でできるのでとても簡単です。

色々な機関でやっていますので方法は若干変わる場合もありますが、

① 自分が興味がる検査メニューを選択して申し込む

② 検査キットが届いたら唾液を専用の容器にいれて返送

③ あなたの遺伝子を解析する機関で分析

④ 検査結果をwebサイト上で閲覧といった流れです。

その検査結果を元に病気発祥の統計的可能性や予防アドバイスが受けられます。

わざわざ出掛けることもなく自宅で完結できるので簡単です。

一部では検査前に問診をして検査後に医師が直接検査結果を説明して今後の対策やアドバイスをしている病院もあります。



遺伝子検査のメリットやリスクは?

遺伝子検査のメリット

一番のメリットは将来かかるかもしれない病気に対して具体的に対策が立てられることです。

遺伝子検査で体質がわかれば自分にあった効果的な健康法やダイエット法を見つけることができます。

そして治療するに際して遺伝子情報があれば薬の効果予測や副作用の有無を知ることができ、より安全で適切な薬による治療ができます。

遺伝子検査のリスク

遺伝性の病気の中にはある特定の遺伝子によって高確率で発祥するものがあります。

それが重い症状を引き起こす病気の場合(たとえばガンなど)、検査結果によっては遺伝子検査を受けた方が大きなショックを受ける場合があります。

例えば美容の検査だけという場合であれば自宅でできる遺伝子検査キットを使用するのは良いと思います。

ですが最近体の調子が悪いのでしっかりとした検査を受けたいと思った場合は検査後に医師から直接説明してもらい、今後のアドバイスを受けられる病院での遺伝子検査をおすすめします。

色々な病院でやっていますが参考までにこちらの医院を紹介します。
高輪クリニック

また自宅でできる遺伝子検査キットの多くは(特に低価格の場合)外国人のデータを基にしているため精度の高い診断が受けられない場合があります。

日本人の統計データを基にした遺伝子判定をしてくれるところを探してください。

また遺伝子情報の取り扱いにも注意が必要です。

医療情報は最重要の個人情報であり

その中で遺伝子情報は究極の個人情報です。

遺伝子検査を受ける際には個人情報について厳重なセキュリティがしかれているか確認してから受けるようにしてください。

おすすめは国内シェア70%で世界最多360項目を解析できるジーンライフの遺伝子検査キットです。


遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

遺伝子検査のまとめ

遺伝子検査に関しては病気や美容、ダイエットなど本当に色々なことがわかりますが、人によってはわからなくて良いこともわかってしまいます。

やる前にきちんとどんなことがわかるのか確認にしてから検査を受けましょう。

また遺伝子検査は本当に多くの機関でやっていますが中には質の悪い物もあります。

一生に度検査したら二度と受ける必要がないのでしっかり調べてから検査を受けるようにしましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ