JR東日本50歳以上の割引サービスがすごい。上手に使ってみましょう!

50歳を過ぎ、世間では「ミドル世代」
言われるようになってきました。

そろそろ自分の時間や夫婦での時間が増えてくる世代。
JRからいろいろなサービスが出ているのをご存知ですか?

年齢、年代に応じて割引や、特典、サービスなど。
今回は「東日本編」をご紹介していきます。

スポンサードリンク

「大人の休日倶楽部ミドル」とは?

JR東日本が運営している、会員制のサービスです。
会員制のなかでも年齢によって分かれています。
男性:満50~64以上、
女性:満50~59歳以上を「ミドル」

それ以上は「ジパング」となっています。
特典も共通のものもあれば、独自のもあり様々です。

会員制で申し込みが必要になり、
年会費が掛かります。
(ミドルに関しては2年目からです)

主な特典や特徴
  • JR東日本、JR北海道線の割引(新幹線をふくむ、片道、往復連続で201㌔以上利用した場合5%の運賃、料金の割引あり)回数制限なし
  • 会員限定きっぷ「大人の休日倶楽部パス」※詳細あり
  • 国内旅行商品5%割引
  • 会員限定旅行
  • ビューサンクスポイントとおときゅうポイントが貯まります。
  • 大人の休日倶楽部カードはSuica機能がついています。
  • 「趣味の会」講座への参加。 ・会員誌「大人の休日倶楽部」

※割引エリアは、東:成田空港や銚子。西:松本、塩尻。南:熱海、伊東など。
ただし割引対象外の路線や列車、期間などもあるので確認が必要です。

スポンサードリンク

大人の休日倶楽部パスとは

大人の休日倶楽部会員が利用できるものです。
JR東日本やJR北海道の広く自由に乗り降りできる会員限定きっぷです。

例年初夏、晩秋、冬と年3回の基本設定の中での利用となります(繁忙期は利用不可)。
利用開始日ごとに合計で30,000枚が上限で販売されます。

通常の運賃より割引になることはもちろんですが、
さらに駅レンタカーが特別料金で利用できたり、
JRバス東北が割引価格で利用できたりと特典はいろいろあります。

「大人の休日倶楽部パス」は利用開始日の1ヶ月前から、
前日までの発売となり、購入当日は利用できませんのでご注意ください。

特典については台数、期間、対象路線などが
ありますので事前予約や、確認が必要です。

またお土産や、駅の売店などで割引になる
特典もありますのでぜひ利用してみましょう。

申し込み方法は3つ

  • ネットからの申し込み
  • 郵送での申し込み
  • びゅうプラザでの申し込み
びゅうプラザ来店での申し込みの場合、仮の会員証が発行されます。(有効期限あり)

大人休日倶楽部カードにはクレジット機能が付きます。(ビューカード)
年会費は2,060円(税込)ですが、ミドルは初年度な無料となっています。

2018年度「大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)」利用期間と発売期間

利用期間(年3回)

第1回:2018/06/21(木) ~07/03(火)
第2回:2018/11/29(木)~12/11(火)
第3回:2019/01/17(木)~01/29(火)

発売期間

第1回:2018/05/21(月)~06/28(木)
第2回:2018/10/29(月)~12/06(木)
第3回:2018/12/17(月)~2019/01/24(木)

まとめ

  • 「大人の休日倶楽部ミドル」はJR東日本が運営している男女50歳から入会できる(上限あり)会員制のサービス。
  • 「大人の休日倶楽部ミドル」の特典はいろいろ。回数制限なしのきっぷの5%割引やポイントの付与、便利な機能など魅力的なものばかり。
  • 「大人の休日倶楽部パス」は会員限定のきっぷ(パス)利用は年に3回(繁忙期不可)事前に申し込みや確認が必要ですが、レンタカーやバスなど特別割引での利用が可能。また売店やお土産を購入のさいに割引きの特典がある。
  • 「大人の休日倶楽部」の申し込み方法は3つ。お好きな方法で可能。ただし申し込みすると自動的にビューカードを作ることになります。年会費は2年目から2,060円(税込)

年会費が2年目から必要だとしても、これだけの特典、割引があれば元はすぐ取れるくらい便利でお得な制度だと思いませんか?

とくに頻繁に電車を利用されるならば検討してみると良いかもしれませんね。
またこのようなサービスは、JR系列で他にも出しています。

該当地域があればそちらのJRのサイトで探してみるとお得な制度があると思います。
1度探してみるとお得なサービスが受けられるかもしれませんよ!

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ