JR東海の50歳以上の割引サービスはこれだ!お得に利用して楽しい時間を

各JRで展開している50歳以上の男女を
対象にしたサービスや割引、限定企画、特典などを
揃えていろいろ紹介していることをご存知ですか?

今回は「JR東海」の50歳以上を対象にした「50+」「for50+」をご紹介していきます。

50+(フィフティプラス)とfor50+とは

JR東海は関東と関西のちょうど中間。
その立地条件を大いに利用して「ツアー旅行」
力をいれているものです。

他のJRでは、単独で新幹線などの列車の割引等を
メインにしているところが多く見られますが、
JR東海は「新幹線を利用した限定宿泊プラン」
などをメインに展開しています。

50歳以上を対象にした「50+」と「for50+」を
詳しく紹介していきますので、
ぜひ他のJRと比較してみてください。

50+(フィフティプラス)とは?

50+とはシニア向け(男女50歳以上)の
東海道エリアを中心に観光地への旅行を
楽しむ会員制旅行クラブ
です。

入会金、年会費は一切無料です。
また他社である専用クレジットを
作ることの必要もない手軽な会員制クラブです。

会員になると、会員専用のツアーに参加できます。
ただし、新幹線の割引や専用割引きっぷなどはありません。
きっぷなどの割り引きが無いと
お得感がないように思われるかもしれません。

一番の特典としては、
同行者は50+会員と同じ条件でツアーへの参加が可能なことです」
同行者に関しては年齢制限がありません
これは他のJRにはないJR東海のサービスです。

また旅行先も「首都圏発」「静岡発」「中部発」「関西発」とプランもいろいろ出ています。
もちろんお一人様から参加できます。

50+WEB限定のプランは時期により変わりますので、
ご自分でネットからの確認が必要です。

for50+とは?

  • 出発日と発着駅が同じであれば各プランどのホテルでも同代金(同行者5名まで同料金)
  • 新幹線は朝から、夜まで限定列車のご利用ができます。

※「座席数」「室数」それぞれ限定あり。
※設定期間:2018/09/30出発まで。(2泊は9/29まで)

また各プラン:3/30.31出発については設定でないところが多いので確認が必要です。

利用できる地域:東京、横浜、名古屋、京都、奈良、大阪
申し込み:会員限定プラン専用HPからのみの申し込み(TEL申し込み等不可)
※web会員への入会が必要です。

設定日と発着駅があえば宿泊先と列車がついての「フリープラン」
  • 東京 1泊プランの場合for50+の利用で、14.500円~23.500円他
  • 京都 1泊プランの場合for50+の利用で、14.000円~22.800円他
  • 大阪 1泊プランの場合for50+の利用で、14.700円~23.500円他

便利でお得な限定プランが同行者5名まで利用できるのは便利です。
事前にネットでの登録等の必要はありますが自宅にいながらの登録ですので簡単にできると思います。
こちらも入会費、年会費等は一切不要です。

申し込み方法など

WEB申込みになります。
パソコンやスマホのEメールアドレスが必要です。

携帯電話のメールアドレスは不可→docomo,ezweb, softbankなど )

  • HP(JR東海 50+)の「入会フォーム」からできます。
  • 会員誌等、DM等でのお知らせが届くことはありません。HP等で電子パンフレットやメールマガジン等の形でご覧になることができます。
  • 限定プランなど、WEBのみでのご紹介のものについてはWEBからのみのお申込みになります。

まとめ

  • 「50+」「for50+」はJR東海から50歳以上を対象にご紹介している年会費、入会金一切無料の会員制の旅行クラブ
  • 50+で紹介されている限定プランは同行者の年齢関係なく同料金、同条件で利用ができる、JR東海でのプラン。また限定プランは1名からでももちろん参加は可能。
  • for50+は出発日と発着駅が同じであれば各プランどのホテルでも限定期間の場合同じ代金で利用ができます。また同行者5名まで同じ料金で利用可能なのでグループ、家族旅行にも利用できます。
  • 申し込み方法はWEBからなので出向く必要や電話をする必要もなく簡単にできます。

お得な情報もネットから見ることができ、限定プランなどの申し込みもネットからできてとても利用しやすくなっています。

JR東海の50+とfor50+はいかがでしたか?他のJRとは、少々違っていると感じた方もいるのではないでしょうか?「限定ツアー」や旅行プランに力をいれているところは、旅や方面に出張、用事がある方には利用しやすいプランではないでしょうか?
ただ事前に入会(WEB)が必要なのをお忘れなく。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ