2020年東京オリンピック チケットの入手・購入方法と金額や販売開始時期について

2020年東京オリンピック

2020年東京オリンピックまで、いよいよ2年を切りましたね。

日本でオリンピックが開催されるのは、自分が生きている間にそんなにチャンスがあることではありません。

自分が暮らすこの国で開催されるオリンピックでは、特別な感動と興奮が味わえることでしょう。

そんな感動と興奮の熱気を、直に肌で感じたい!と思う方は多いはず。

では、実際にチケットを購入するにはどんな方法があるのでしょうか。

まだ、不確定要素も多いですが、現時点でわかっていることをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

チケットの入手・購入方法は?

東京2020組織委員会直接販売するとされています。

公式チケット販売サイトを通じて販売するとともに、2020年にはチケット販売所を通じた販売も行う予定で、また東京2020組織委員会が指定する販売事業者が販売する場合もあるとされています。

おそらくチケットぴあコンビニなどでも販売されると思います。

公式チケット販売サイトから購入する場合は、事前にID登録が必要です。

しかも現在、9月6日までに登録してプレゼントキャンペーンに応募すると、会場見学ツアーなどが抽選でもらえるキャンペーンを実施中です。

ID登録は、公式サイトから手続きできます。

気になる競技のチケット情報、イベント情報・ボランティア情報・最新グッズなども入手できるので、おすすめです。

プレゼントキャンペーン応募期間

2018年7月20日(金)13時30分から2018年9月6日(木)17時まで

プレゼント内容

  • A.「TOKYO 2020事前視察ツアー」5組10名様
    東京2020大会本番を迎えようとしている競技会場エリアをまわるなど、東京2020大会への期待がふくらむツアーにご招待します。
  • B.「東京2020公式ライセンス商品」50名様
    東京2020大会を楽しく応援できる東京2020公式ライセンス商品をプレゼントします。


チケットの販売開始時期は

2019年春
TOKYO 2020 ID登録~チケット申込~観戦までの流れ

公式サイトでは、上記のように記載されています。

過去に開催された、ロンドンオリンピックやリオデジャネイロオリンピックでの例をみてみると、開催時期の約1年前からチケット販売予約を受け付けていたようです。

そのため大会組織委員会でも、2019年春ごろからの一般販売を検討しているようです。

チケットの一般販売が始まる頃には、各旅行会社からチケット付きのツアー発売も予想されますので、その時期が近づいてきたらこまめにチェックをしていただくと良いと思います。

なお、海外在住者向けの販売事業者・販売時期等は、各国によって異なるので注意してくださいね。

チケットの値段

次に気になるのが、チケットの値段ですね。
2013年、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は、14項目から成る立候補ファイルというものを国際オリンピック委員会(IOC)へ提出しています。

その中で、

チケットの販売価格は、誰もが見ることのできる手頃な価格に設定 している。

大会組織委員会は、未来を担う若者達がオリンピック・パラ リンピック競技大会という祭典に参加することを促し、オリンピック及びパラリンピック精神の素晴らしさを伝えることを目的に掲げ、ロンド ン大会で成功した低価格の子供料金を引き続き設定する。東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会

と記載されています。

それに基づき、2018年7月20日に大会組織委員会が決定した内容が公表されました。

開閉会式のチケット価格の幅

最低価格が1万2千円、最高価格が30万円円とされ、5種類の価格帯を設けています。

競技の最高価格

13万円で、これは陸上男子100メートル決勝のある時間帯を想定したものとされています。

競技の最低価格

サッカーなどの2千5百円で、全体の半分以上を8千円以下に設定しています。

その他の価格設定とは

  • 12歳以下の子ども
  • 60歳以上の高齢者
  • 障がい者を含めた家族やグループ
以上の方向けに、1人2千2十円のチケットを、開閉会式を含む全競技で販売される予定です。

五輪とパラリンピックを合わせて100万人以上の児童、生徒向けに低価格のチケットも用意される予定だそうです。

チケットをもらえるかも?

オリンピックのチケットがもらえるイベントも、いろいろと行われています。

その中で今回日本郵便さんについて少しご紹介します。

日本郵便の2019年年賀はがきお年玉くじ

1等賞金を過去最高の30万円に引き上げ、東京五輪への招待券も賞品に加えると発表されました。

東京五輪・パラリンピック限定デザイン

10月1日に2020年東京五輪・パラリンピックの公式マスコットが描かれた限定デザインの来年用年賀はがきが先行発売されます。
また、他のはがきは11月1日に発売予定となっています。

東京五輪限定のデザインは全3種、価格は5円の寄付金付きで67円となります。

寄付金は東京五輪・パラリンピックの準備や運営費用に充てられます。

はがきを購入することによってオリンピックに参加できるのは嬉しいですね。

「くまモン」などのご当地キャラクターデザイン

熊本県の「くまモン」などのご当地キャラクターが描かれ、販売地域を限定した年賀はがきも19種類予定されているそうです。

お年玉くじの特別賞の東京五輪への招待券は、東京五輪限定デザインのはがきのほか、通常の無地の年賀はがきも当選の対象になりますので、毎年年賀状を多くもらっている方は、ぜひお年玉くじの当選結果を楽しみにしましょう。
観戦できる競技は選定中だとのことですが、往復の旅費なども贈呈される予定だそうです。

今回ご紹介した以外のスポンサー企業もそれぞれ、オリンピック観戦チケットなどがあたるキャンペーンを実施していますが、残念ながら応募期間が終わっているものがほとんどのようです。

今後もキャンペーンを行う可能性があるので、こまめにチェックしていれば、チケットを手にする幸運が舞い込んでくるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?
これからも情報収集がかかせない東京オリンピックですが、自国で開催されるオリンピックですから、世界に誇れる大会になるよう、私達も今から心がけていきたいものですね。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ