全仏オープンテニス2017の歴史、特徴、優勝賞金と錦織選手の過去の成績は?

image_court_fra

2017年の全仏オープンテニス5月28日()~6月11日(
まで行われます。(日本時間では5月29日~6月12日)

全仏オープンはテニスの四大大会(グランドスラム)の
一つで、1月の全豪オープンの次に行われる大会ですが

4か月ぶりのグランドスラムなので
とても待ち遠しいですね。

今回はその全豪オープンの歴史と優勝賞金、
錦織圭選手の過去の全仏オープンでの成績を紹介します。

スポンサードリンク

グランドスラム全仏オープンの歴史と特徴

1891年フランス選手権として創設された
グランドスラムのひとつ全仏オープンテニスは

1924年までフランス国内選手のみにしか参加が
許されない極めて閉鎖的でローカルな
フレンチ選手権でした。

その後
1925年 規定を改定し国際大会になる
1928年 開催地をローラン・ギャロス・スタジアムに移転
1968年 四大大会で初のオープン大会となる
1995年 センターコート「コート・フィリップ・シャトリエ」を増築

※ちなみにオープン大会とは

プロ・アマで参加資格を限らずに、
予選を勝ち上がるなどの条件を満たせば誰でも
参加できる大会という意味です。

またローランギャロスという名前は建設に寄与した
第一次世界大戦で活躍したパイロットの名前です。

全仏オープンテニスの特徴はなんと言っても
グランドスラム大会で唯一のクレーコート(赤土)
利用することですね。

大会は波乱に富み、上位シード選手が早い段階で
敗退することが多いことから

「レッドクレー(赤土)の魔物が棲む場所」
呼ばれています。

過去に世界ランキング1位だったピート・サンプラス
グランドスラムで14度優勝したにも関わらず

全仏オープンだけは制覇できませんでした。

また男子歴代1位の17回のグランドスラムを制した
ロジャー・フェデラーも全仏では1回のみ

現在世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ
グランドスラムで12回優勝していますが

全仏では昨年ようやく初優勝して
生涯グランドスラムを達成しました。

※生涯グランドスラム=四大大会全てに優勝すること

現在ランキング1位のアンディ・マレー
まだ優勝はありません。

そしてなんといっても
2005年から2014年の10年間のうち
2009年を除いて全て優勝しているのが
ラフェエル・ナダルです。

(2009年はフェデラーが優勝)

ここ2年はケガなどで優勝していないナダルですが
最近はこの前の全豪オープンで準優勝と
少しずつ結果を出しているので

今年は期待したいですね。

この結果から全仏オープンは
クレーコート・スペシャリスト」たちが
優勝の大半を占める傾向が強く、

生涯グランドスラム(全てのグランドスラムで優勝)を
目指す最大の壁となっており、

技術だけではなく、強い精神力が勝敗を左右する
最も過酷なトーナメントと言われている

グランドスラム大会です。

スポンサードリンク

全豪オープンの優勝賞金と賞金総額

全仏オープンの賞金総額は

  • 2015年が2,800万ユーロ
  • 2016年は約3200万ユーロ
  • 2017年は3600万ユーロ

と年々上がっていますね。

2015年と2017年のレートは違いますが
仮に5月22日現在1ユーロ約124円で換算すると

3600万ユーロ=44億6400万円となります。

ここ2年で800万ユーロ=9億9千200万と
約10億増えているので、

この不況の中でものスゴイ金額ですね。

ちなみに他の4大大会の賞金総額と比較すると
(2017年5月22日の為替で比較)

  • 今年の全豪オープンが
    5000万豪ドル=約41億5千万円
  • 昨年の全米オープンが
    4,630万ドル=約51億3930万円
  • 昨年の全英オープンが
    2810万ポンド=約40億7450万円

と比較すると全仏オープンが44億6400万円
ですので、2番目に高い金額ですが、

おそらく全仏の次にやる来月の全英オープンが
さらに賞金総額が上がると思いますし、

毎年トップの全米オープンも間違いなく
上がるでしょう。

 

全仏オープンのシングルスの優勝賞金

昨年の男女シングルスの優勝賞金は180万ユーロ
(約2億2,320万円)でしたが

今年は30万ユーロ(約3720万円)上がって
210万ユーロ(約2億6千万円)となります。

  • 優勝者    :210万ユーロ(約2億6千万円)
  • 準優勝    :105万ユーロ(約1億3千万円)
  • ベスト4  : 52万ユーロ (約6,448万円)
  • ベスト8  :31万ユーロ(約3,844万円)
  • ベスト16:19万ユーロ(約2,356万円)
  • 3回戦   :11万ユーロ(約1,364万円)
  • 2回戦   :7万ユーロ    (約868万円)
  • 1回戦      :4万ユーロ     (約496万円)

1回戦で敗れても500万円近くもらえるのですね~。
まあ出場するだけでも大変ということがわかります。

 

最近の世界経済状況を考慮すると

テニス界の賞金(特にグランドスラム)は
どんどん上昇しているので本当に驚きです。

2017年の錦織全仏オープン成績

今年錦織選手は第8シードで出場します。

1回戦はT・コキナキス(オーストラリア)選手を
3-1(4-6, 6-1, 6-4, 6-4)の逆転で勝ちました。

コキナキス選手は2015年12月に右肩の手術を受け、
今大会には病気や怪我などでツアーから離れた選手に適応される
プロテクト・ランキングで本戦入りしているとあって

錦織選手が簡単に勝つと思ったのですが
甘くありませんね。

コキナキス選手はケガさえなければ今頃
スゴイ選手になっていたかもしれません。

2セット目は余裕で見れましたが、3、4セットは
結構接戦でした。

3時間超えたというのが誤算でしたが
ケガもなく終わったのが良かったですね。

2回戦は世界ランク74位のJ・シャーディ(フランス)との
対戦が決まりました。

今回が8度目の対戦で、錦織選手の5勝2敗。

直近は今年の全豪オープン2回戦で、その時は
錦織選手が3-0のストレートで勝っています。

昨年、一昨年とフランスの選手に敗退しているので
地元の選手との対戦は少し心配でしたが

3-0(6-3、6-0、7-6)のストレートで勝ちました。

第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許したので
少し心配しましたが

すぐに第2ゲームでブレークバックしましたね。
第2セットは6-0と圧倒しました。

ただ第3セットで右肩のケガによる治療を受けたのが
心配ですね。

第3セットは7-6と苦しみながらもなんとか勝利しました。

ケガの状態がまだわかりませんが
第4セットにならなくて良かったですね~。
ホッとしました。

明日1日しっかり休んでケガが回復して
3回戦を期待したいところです。

次もテレビ(テレビ東京かWOWOW)の前で
錦織選手を応援しましょう。

錦織圭選手の全仏オープンの過去の成績

2010年はプロテクトランキングを使用して
全仏オープンに繰り上げでストレートインを果たし
初出場しました。

初戦で2セットダウンから逆転で勝利すると
2回戦でジョコビッチにストレートで敗れました。

2011年は2回戦で第31シードのセルジー・スタホフスキー
(ウクライナ)に1-3で敗れました。
(錦織選手は当時世界ランキング47位)

2012年はケガのために欠場

2013年は4回戦でこの大会に優勝した
第3シードのラファエ・ルナダルに

0-3(4-6,1-6,3-6)のストレート負けでしたが
日本人選手として75年ぶりにベスト16に進出しました。
(その後当時自己最高ランクの13位に上昇)

昨年2014年の全仏オープンは1回戦で

当時世界ランキング59位でノーシードの
マルティン・クレザン(スロバキア)に

6-7、1-6、2-6のストレート負けでした。

錦織選手のランキングは当時10位で第9シードでしたが
直前に行われたマドリード・オープンで

決勝まで勝ち進んだものの、ケガで途中棄権してしまい

全仏オープンの1回戦負けはケガが大きく影響していたと
考えられます。

2015年は世界ランキング6位で第5シードで出場しました。

1回戦は地元フランス出身のマチュー選手と対戦し
3-0(6-3、7-5、6-1)のストレートで錦織選手が
勝利しました。

2回戦はトマス・ベルーチ(ブラジル)と対戦
3-0(7-5、6-4、6-4)とこちらもストレートで
勝利しました。

3回戦は48位のベンヤミン・ベッカー(ドイツ)と
対戦予定でしたがベッカーの右肩負傷により
錦織選手の不戦勝となりました。

4回戦は74位のテイムラズ・ガバシュビリ(ロシア)と
対戦して

3-0(6-3 , 6-4 , 6-2 , )のストレートで勝利し、
全仏オープン初の準々決勝進出を果たしました。

全仏オープンでの日本人ベスト8は佐藤次郎さん以来
82年振りの快挙でした。

準々決勝は第14シードのジョーウィルフリード・
ツォンガ(フランス)と対戦。

惜しくも2-3(1-6 , 4-6 , 6-4 , 6-3 , 3-6)で
敗れてしまいました。

この試合は地元のツォンガ選手の応援がすごかったですね。
試合も圧倒されてストレート負けをするのでは?と
思ったのですが、

第2セットの途中で会場の電光掲示板が強風で落ちる
アクシデントがあり、試合が約40分中断しました。

試合後に「試合が中断するまで、
完全に自分を見失っていた。」と錦織選手が
コメントしたように

観客の声援に圧倒されて少し自分を見失って
いたのかもしれません。

全仏オープンは4大大会の中で一番観客のマナーが
悪いと言われていますが

本当にこの時はテニスの試合の雰囲気ではない気が
しました。

昨年2016年は第5シードで出場しました。

1回戦は世界ランキング116位のシモーネ・ボレリ
(イタリア)と対戦、

3-1(6-1, 7-5 , 6-3)で勝利しましたが

この試合は第3セット2-1で錦織選手がリード
していた途中で雨のため試合が中断し、

翌日に再開された試合でした。

2回戦は世界ランキング40位の
アンドレイ クズネツォフ(ロシア)との対戦で

3-0(全て6-3)のストレート勝ちでした。

3回戦は世界ランキング52位の
フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)との対戦で

3-2(6-3 , 6-4 , 3-6 , 2-6 , 6-4)とフルセットの末に
何とか勝利しました。

4回戦は第9シードのリシャール・ガスケ (フランス)との
対戦で、

以前は6連敗していた苦手な相手で、
2016年に入り2連勝していたので今回も問題ないと
思っていたのですが

1-3(4-6、2-6、6-4、2-6)で負けてしまいました。

2年連続で地元フランスの選手に敗れてしまいましたが
どうしても応援が気になるのでしょうか?

たしかにマナーが悪い応援なのですが。
今年も注意したいところですね。


まとめ

待ちに待った全仏オープンがスタートしました!

今年2017年は錦織選手の調子はケガもあって
よくありませんね~。

現在は世界ランキング9位とここ最近では
一番悪い数字ですが、

2014年全米オープンの時はケガなどで調子を落として
前評判がそれほど良くなかった中で

準決勝でジョコビッチ選手を破り準優勝した
経験がありましたね。

逆に2015年の全米オープンでは期待が高すぎた
せいなのか、1回戦敗退でした。

今年は前評判が良くないので、逆に予想を裏切る
展開を期待したいです。

やはり地元の選手との対戦に気をつけて
勝ち上がっていけば結構良いところまで
行くかもしれません。

 

また寝不足になりますが、是非錦織選手を
応援しましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ