川崎ハロウィン2016 パレード日程と申し込み方法やイベント当日の楽しみ方

pic_kawasakihalloween01

日本最大級の希望を誇るハロウィンイベントで有名な
KAWASAKI Halloween(川崎ハロウィン)

今年は20周年なので例年以上に盛り上がること間違い
ですね。

川崎ハロウィン2016の詳細やパレードの日程、申し込み方法と
参加条件や、パレードを見物する方の当日の楽しみ方について
お伝えします。

スポンサードリンク

川崎ハロウィンはどんなイベント?

JR川崎駅前の複合商業施設「ラ チッタデッラ」をメイン会場に
川崎駅エリア一帯で行われる秋のビッグイベントが

「KAWASAKI Halloween 川崎ハロウィン2016」です。

以前は川崎駅東口エリア一帯だけで行われていたイベントですが
昨年から西口の「ラゾーナ川崎プラザ」と「ミューザ川崎」
参加が決定し、

これにより「川崎ハロウィン」の規模が飛躍的に拡大することに
なりました。

ハロウィンイベントの日程は
10月1日(土)~31日(月)で商店街を含む川崎駅一帯で
「仮装来場者特典」「トリック・オア・トリート」というと

お菓子がもらえる企画、ハロウィンホラー映画祭、
親子で楽しめるキッズ企画など色々な企画があります。

そしてなんといってもメインイベントは10月30日(に行われる
「ハロウィンパレード」です。

こちらは昨年の様子です。

皆さん本格的に仮装していますよね。しかもレベルも相当高いです。
参加している人達だけでなく、見ている人達も本当に楽しんでますね。

コスプレをする参加者が2,500人でギャラリーが約11万人
日本最大規模のパレードのひとつです。

以前ははスタートとゴールが違いましたが、
昨年のパレードから川崎駅前がスタート&ゴールの東口一帯
周回コースに変更し、

各大通りの片側3社線を規制してパレードを行うので
今年もパレードがかなり盛り上がりそうです!

川崎ハロウィンパレードは参加者の本気度が半端なく、
なんちゃって参加者はほとんどいないので

パレードに参加しなくても見ているだけで楽しいです。

また、パレードと同時に行われる「ハロウイン・アワード」
呼ばれる仮装コンテストでは特殊メイクアップ&造形部門賞など、
豪華賞品が盛りだくさん。

グランプリの「ベスト・パンプキン賞」は昨年イタリア旅行ペア
賞金10万円が贈呈されました。

例年の仮装コンテストではパレードに参加するのが義務付けられて
いましたが、昨年からパレード不参加でもエントリーできる枠が
設けられます。

これによりパレードに参加するには歩くことが難しい
重装備な仮装でもエントリーできるようになりました。

そしてもうひとつの人気イベントは「キッズパレード」です。
こちらはハロウィンパレードの前日10月29日(
開催されます。

スポンサードリンク

小学生未満の子どもとその保護者が参加できます。

キッズパレードも毎年大人気で、親子そろって仮装パレードを
楽しむことができます。

例年申し込みを開始するとすぐにいっぱいになりますが、
一昨年まで1日に2回実施したパレードを昨年から3回に
変更になったので参加できる可能性がより高くなりました。

川崎ハロウィン2016の申し込み方法と参加条件は?

ハロウィンパレードは

10月29日(に開催されるキッズパレード
10月30日(に開催されるハロウィンパレード

の2つのパレードがありますが、どちらも
事前申し込みの抽選に当選する必要があります。

参加条件
キッズパレードは小学生未満
ハロウィンパレードは小学生以上です。

参加人数
キッズパレード:3回各500名
(時間12:00~、13:30~、15:00~)
ハロウインパレード:3,000名

参加費
キッズパレードは昨年までは無料でしたが
今年から1グループ1,000円になりました。
ハロウィンパレードは例年通り1,000円です。
(ハロウィンアワードの料金も含まれています)

ハロウィンアワードだけの参加者も1,000円かかります。

アフターパーティ(Dancing Pumpkin)はパレード参加者は
無料ですが、それ以外の方は1,000円かかります。

申し込み時には参加人数と仮装のテーマが必要です。
まだテーマが決まっていない場合は早めに決めておいてくださいね。

申し込み開始日:9月1日(火)12時から
申し込み方法:公式ホームページより事前申し込み制

例年はどちらのパレードも2週間以内に定員に達しているので
参加される予定の方は早目に申し込んでくださいね。

パレード当日の見学者の楽しみ方

約2500人のパレードを見学するだけでも本当に楽しいですが
写真や動画を自由に撮ることも可能です。

※逆にパレード参加者はパレード中は写真や動画がNGです。

さらに見物する人はコスプレも可能なのです。

私も以前見に行った時に沿道の人のコスプレが
かなり作りこんでいて、家からそのメイクで来たのかと
思っていましたが

実はパレード参加者以外の更衣室というのがあるのです。

これであればパレードの抽選に落ちた方や申し込みを
しようと思った時点で募集が終了になっていた人も

多くの人に注目されるようなコスプレをしてパレードを見たり
移動しながら写真や動画をとりまくったりすると

かなりハロウィンを満喫できるかもしれませんね。

 

まとめ

川崎ハロウインは首都圏最大規模のハロウィンイベントですが
パレードに参加できない方でも楽しめるのが
うれしいですね。

今年は20周年記念のイベントなので、まだ詳細が
発表されていませんが

規模が大きくなった昨年以上のイベントになることは
間違いありません。

ぜひ今年は川崎ハロウィンでお楽しみください。

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ