ハロウィン2018東京・川崎の仮装パレードやイベントの開催の日時と見どころを紹介

年々盛り上がりを見せるハロウィンのイベント。

ハロウィンの日は10月31日ですが、早いところでは9月からイベントを開催しているところありますね。

そしてメインのパレードなどの催しものは31日ではなく、その前のに行われることが多いです。

今回は2018年都内や川崎のおすすめハロウィンイベントの仮装パレードの日程やイベント内容を紹介します。

日本最大級の川崎ハロウィンパレード2018

日本最大級の川崎ハロウィンパレードは今年で22回目を迎えます。

パレードは

小学生以上が参加できるハロウインパレートが10月28日()の14:30~16:00(予定)から、

小学生未満とその保護者が参加できるキッズパレードが27日(

  • 1回目 12:00~
  • 2回目 13:30~
  • 3回目 15:00~

3回に分けて実施されます。

川崎ハロウィンパレードの魅力は参加者のレべルの高さです。

かなり本格的ですが、これはパレード終了後の仮装コンテストである「ハロウインアワード」も影響していると思われます。

昨年優勝者はイタリア旅行がペアでもらえました。

パレードの参加者は2500人と日本一ではありませんが、観客が毎年10万人以上参加します。

一方前日に行われるキッズパレードもレベルが高く、あなどってはいけません。

参加費は1人1,000円(キッズパレードは1組1,000円)で、どちらも事前に予約が必要です。

申込み方法はチケット購入サイトのLivepocket-ticketで、まずは会員登録が必要です。

パレード申し込み・会員登録はこちらから

今年2018年は例年より一日早く8月31日(金)から申し込みをスタートします。

その年によって販売状況が変わりますが、早いときは9月中に完売することもあるので早めに申し込みましょう!

そして川崎ハロウィンパレードの特徴は観客も仮装して参加することができることです。

他のハロウィンパレードでは参加用の更衣室がない場合がありますが、川崎ハロウィンは例年、観客用の更衣室も用意されています。

参加者のレべルが高く、しかも観客まで仮装して楽しんでいるのが川崎ハロウィンです。

昨年は台風の影響により、パレードが中止になったので今年は開催してほしいですね。

詳しくは川崎ハロウィン2018パレード日程と申し込み方法やイベント当日の楽しみをご覧ください。

大混雑!渋谷ハロウィン2018

近年都内で一番混雑するのが渋谷ハロウインです。

特に決まったパレードがあるわけではなく、みな好き勝手な仮装をして歩き回っています。

特に混雑するのが、

渋谷のスクランブル交差点からSHIBUYA109周辺です。

本当にスゴイ!

昨年もDJポリスが出動していました。

ではいつが混むのかというとハロウイン当日の10月31日(水)です。

ですが例年ハロウインの日の4,5日前から混雑します。

おそらく金曜の夜ぐらいからではないかと予想すると

26日(金)から徐々に混雑して31日がピークになると思われます。(天候にもよりますが)

ちなみに昨年は28日、29日の土日が台風の影響でそれほど混雑していませんでした。

2016年に初めて交通規制を行い「SHIBUYA109」周辺の車道を歩行者天国にしました。

通常は主催者が申請して交通規制や歩行者天国になりますね。

ですが渋谷ハロウインはあまりにも人が多く、車道にあふれた人が車の通行を妨げたために交通規制をして歩行者天国にし、歩行者に開放したという流れです。

昨年の交通規制は渋谷駅前のスクランブル交差点から「SHIBUYA109」を囲むBunkamura通り(約300m)と道玄坂(約250m)の両方向のY字型の範囲でしたので、今年も同じようになると予想されます。

混雑のピークは18時過ぎくらいから23時くらいまでで、混雑状況により交通規制を行うようです。

昨年は19時30分~23時30分頃まで交通規制をしています。

そして気になるのが更衣室ですよね。

ちょっとだけハロウインメイクしている人もいますが、なかには結構凝った仮装やきわどい衣装の人もいますし、ピーク時は何千人となるので、かなりの人数の着替えが必要になります。

以前は仮装する人が駅やお店のトイレを占拠して大問題になり昨年は

  • 宮下公園に仮設更衣室10個とメーク用テント2つ設置
  • 宮下公園駐輪場と渋谷駅西口バスターミナルに仮設トイレ12個設置
  • MEGAドン・キホーテ渋谷本店が文化村通りに着替えスペースと仮設トイレを用意

といった対策が取られましたので今年も更衣室は設置されると思います。

おそらく、ピークは日本で一番混雑するので、たまに暴動も起こることがあるようです。

せっかくのイベントなのですから、ルールを守って楽しく過ごしましょう。

東京スカイツリータウンのハロウィン2018

東京スカイツリーのハロウィンのイベントはいくつかありますが、

メインはハロウインファミリーパレードです。

ソラマチひろばをスタートし、

ハロウィン装飾で彩られた全長120メートルに35店舗以上が並ぶソラマチ商店街やソラミ坂ひろばを、お菓子をもらいながら練り歩き、スカイアリーナへ向かいます。

パレードの後公式キャラクター ソラカラちゃんの「ソラカラちゃんのマジカル☆ハロウィンダンス!」に参加して記念写真を撮影できます。

【開 催 日】

10月20日()、21日()、27日()、28日(

【受付時間】

11:00、13:00(各日2回、各回約45分)

料 金 】:無料

参加方法

仮装の上、上記受付時間に東京スカイツリータウン1階 ソラマチひろばに集合

その他にもさまざまなハロウインイベントが楽しめるのが東京スカイツリーのハロウィンです。

詳しくは東京スカイツリーのハロウィン2018!パレードやイベントの日程や見どころを紹介します

六本木ヒルズ ハロウインパレード2018

開催日:10月27日(
時間:10:30~13:30
会場:六本木ヒルズ周辺
参加人数 3,000人(予定)

ハロウィンパレード参加方法と当日のルートについて

パレードは事前予約などはなく、パレード当日9:45~13:00 まで六本木ヒルズアリーナで随時受付しています。

仮装していれば、年齢制限なくどなたでも参加できます!

ただし子どもは必ず保護者同伴になり、その場合、保護者は仮装しなくても大丈夫です。

パレードは約200名を1グループとして時間内に数グループに分かれます。

参加人数は川崎ハロウィンよりも多いですが、更衣室はないので、大掛かりな仮装というのはありません。

パレードはハロウィンの音楽を演奏するブラスバンドを先頭に

六本木ヒルズアリーナからスタートして六本木けやき坂通など約1kmを25分程度かけて歩きます。

一昨年は約3800人の参加でしたが、昨年は天候が悪く約3000人でした。

仮装してパレードに参加した子供たちにはお菓子のプレゼントもありますよ。

雨の日は

詳しくは
六本木ヒルズハロウィンパレード2018!日程と申し込み・参加方法などの詳細について
をご覧ください。

※なお2015年まで行われていた都内最大級の六本木のハロウィンパレードは昨年は開催されませんでした。

詳しい理由は発表されていませんがマナーの問題や大混雑などで色々問題が起きたようです。

となると今年も開催されない可能性が高いです。

原宿表参道ハローハロウイーンパンプキンパレード2018

開催日:10月28日()予定※雨天中止

イベント時間:11:00~17:00

パレード時間:13:00~14:15

場所:表参道ヒルズなど原宿・表参道周辺約1kmのコース
参加資格:12歳以下の子供とその保護者
参加人数:子供1,000人
参加費:子供1人につき1,000円

参加する場合は例年ですと体育の日(2018年は10月8日)に参加証が販売されます。

販売場所
●表参道ヒルズ本館B2F「キッズの森」内特設販売ブース

販売日時
●10月8日(月・祝 11:00より販売スタート

パンプキンパレード参加証購入同意書を事前に用意
公式サイトからダウンロードして記入して持参しましょう。

原宿ハロウィン公式サイト

販売を11時なのですが子供の定員が約1000人と希望者数の方が多いため、競争率が高く、参加証を購入するための「購入整理券」を毎年配布しています。

参加予定の方は公式サイトをチェックしましょう。

原宿表参道ハローハロウイーンパンプキンパレード」は日本で最初に仮装パレードが行われたイベント

今年でなんと36回目です。36年前なんてハロウィンは全く日本では認知されていなかったので本当に良くここまで大きなイベントになったなあという印象です。

毎年約1,000名の仮装したお子さんとその保護者が参加して原宿表参道を約1kmに渡りパレードをします。

パレード以外にもお菓子ラリーや抽選会などが行われていたりまた表参道ヒルズでは例年ハロウィン広場を展開するなど親子で楽しめるイベントです。

詳しくは
原宿表参道ハロウィンパレード2018!日程と参加方法や見学場所について
をご覧ください。



シモキタキッズハロウィン2018

シモキタハロウィンは昨年は開催されませんでした。(シモキタキッズハロウィンは開催されました)

こちらは主催者側の都合で中止ということでしたが、やはり今年も中止でシモキタキッズハロウィンは開催されます。

ただこちらはパレードではなく、仮装をした子どもたちが「トリック・オア・トリート」と唱えながら、下北沢のお店を回ってお菓子をもらうというイベントです。

毎年2000人以上参加しますが、参加者限定で、

  • ハロウィンのオリジナルバッグのプレゼント
  • お店をまわりながら、スタンプを集めてステキな景品をGET
  • いくつかある写真スポットで撮影

というお楽しみもあります。

日時:10月27日)13:00~16:00(予定)

参加対象:小学生以下の子ども(保護者同伴必須)

参加費:1,000円(大人の同伴者は無料)

※仮装は大人もOKです。

詳細はこちらから

 




ハロウィンin 多摩センター2018

多摩センターで行われるハロウィンは「多摩センター駅」を出るとすぐにハロウィン気分が味わえるのがいいですね~。

仮装パレード
開催日:10月27日()、28日(
時間:12:30~
参加費:無料

仮装コンテスト予選
開催日10月27日()、28日(
時間:13:00~(予選)

参加方法:先着50組で受付は12時から三角広場で開始。

参加費:無料

※予選を通過すると日曜に開催される決勝に進めます

また雨天の場合ココリアホールで開催されます。

仮装コンテスト決勝
開催日:10月28日()15:30~
場所:中央特設ステージ

入賞者には豪華賞品がプレゼントされます。

決勝進出者全員にも商品がもらえるのでぜひチャレンジしましょう!

前夜祭・点灯式(オープニングセレモニー)
開催日:10月26日(金)
時間:16:50~18:30
オープニングセレモニーとランタン点灯式が行われます。

多摩センターを魔法の街に変える点灯式は本当にキレイなのでぜひ一度行ってみてください。
(雨天中止)

ジャックオーランタンナイト

10月26日(金) 17:30~18:30
10月27日() 17:00~18:30

生のかぼちゃで制作したジャックオーランタンにロウソクを灯します。

夕暮れの幻想的なディスプレイは圧巻です!(雨天中止)

29日(は行われないので気をつけてください。

ハロウィン仮装パレード

【開催日】10月27日()、28日()
参加費】:無料
参加方法】:直接パレード受付へ
(桜美林大学多摩アカデミーヒルズ入口付近)
【時間】
 正午~0時30分 受付
午後0時30分 パレードスタート
【内容】
桜美林大学多摩アカデミーヒルズ入口付近よりレンガ坂をパレードし、三角広場前で解散。
ハロウィンin多摩センターのキャラクターたまジャックと吹奏楽の音楽が先導します。
参加の子どもたち各日先着500人にハロウィングッズのプレゼントがあります!

場所:多摩センター駅南側一帯

詳細公式ホームページ

他のハロウィンイベントと違い、パレードや仮装コンテストに無料で参加できます。

また例年、仮装した小学生のお子さんは指令書に書かれているお店にトリック・オア・トリートと言うとプレゼントがもらえる子供参加の企画もあります。

そして夜になるとジャック・オ・ランタンに明かりが灯り、多摩センターの街中を照らしてくれるのですが、これがとっても幻想的でおすすめです。
cc06ea64153ef0683443bf969e7942c4

昼間だけでなく、夜も楽しめるのが多摩センターのハロウィンですね。

そして近くにはサンリオピューロランドもありハロウィンイベントを開催しているので、時間があればぜひ立ち寄ってください。

まとめ

大人が中心の渋谷ハロウインと子ども限定企画のシモキタハロウイン以外は全てパレードがあります。

私も子供と一緒にパレードに参加したことがありますが、本当に良い思い出になります。

同じハロウィンパレードといっても特徴や仮装のレベルが違うので、今まで行ったことがないイベントに参加するのも良いですね。

ハロウィンのイベントは仮装して参加するのはとても楽しいですが仮装パレードやコンテストを見たり、イベント会場の周りのお店もハロウィン企画をやったりしているので、是非一度ハロウインの雰囲気を味わってみてください。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ