インフルエンザ解熱後の出勤はいつから?咳をしても問題は無い?

インフルエンザにかかった後熱が下がったら
いつから出勤して良いのでしょうか?

また熱が下がっても咳が止まらない場合も出勤して
良いのかお伝えします。

スポンサードリンク

インフルエンザ解熱後の出社はいつから?

インフルエンザの潜伏期間は通常は1日~3日で

感染期間については
症状が出た後ウイルスが体内で活動する期間は
3~5日程度です。

ほとんどは3日間で熱が下がりますが
ウイルスが消滅するのは解熱後2日後と言われています。
(症状が出てから1週間程度です)

また、インフルエンザの場合は一度朝に熱が下がったとしても
夜になってまた熱が上がることもあるので
下がったからと言って解熱と決めつけるのではなく、

完全に熱が下がって、それから2日後までは
会社を休むようにしましょう。

では解熱後2日間というのは解熱した日を含むのかというと
その日は含みません。

つまり金曜日に解熱した場合は解熱後1日目が土曜日
2日目が日曜日、そして出社可能なのが月曜日からになります。

スポンサードリンク

インフルエンザ解熱後に咳が出ている場合は?

解熱後2日経ってようやく出社できるようになったけど
咳が止まらない場合はどうでしょうか?

インフルエンザは感染力が強いので咳をすると
大勢の人に感染させてしまう可能性があります。

ですがすでに解熱後2日経った後の咳は
インフルエンザウイルスがほとんど消滅していると
言われています。(厚生労働省の資料により)

平熱で体調も悪くなく、咳が出ている程度であれば
出勤しても構わないと言われています。

ただし咳が出る場合はマスクをしっかりして
出勤するようにしましょう。


インフルエンザにおすすめはラクトフェリン

インフルエンザの予防には手洗いうがいと
規則正しい生活や十分な睡眠、バランスの良い食事、

部屋の湿度を60%程度にするなどの方法がありますが

社会人の方は仕事が忙しかったり、ストレスがかかることも
多くなかなか規則正しい生活というのが
難しい人も多いと思います。

私の体力に自信があり大人になってからは
インフルエンザにかかったことがないと
自慢していた時があったのですが、

仕事が忙しくて帰りは夜中で睡眠時間は
3時間程度というのが3年ほど続いた後

さすがに免疫力が下がって
久しぶりにインフルエンザにかかってしまった
ことがありました。

どうしても忙しいと睡眠をとりたくても
できませんよね。

そんな時は免疫力をアップさせる食べ物を
摂ることをおすすめします。

免疫力をアップするには腸内環境を整えるのが
一番で、有名なのがヨーグルトに含まれる乳酸菌ですね。

そしてもうひとつおすすめなのが
タンパク質の一種であるラクトフェリンです。

ラクトフェリンは免疫力をアップさせるのはもちろん
ウイルスが侵入するのを防ぐ働きがあり

インフルエンザだけでなく、ノロウイルスにも
効果があります。

毎年冬はノロウイルスの流行が見られますが、
数年に一度は大流行の恐れがあるので
是非ラクトフェリンを体に摂り入れるようにしましょう。

ラクトフェリンは森永乳業の「ラクトフェリンヨーグルト」が
有名ですね。

できれば毎日食べるのが理想ですが
ヨーグルトが苦手な方や毎日食べるのは
難しいと言う方は

サプリメントがおすすめです。

ただラクトフェリンのサプリも色々なメーカーが
販売しているのでどれを選べば良いのか
悩んでしまいます。

ラクトフェリンは入っているものの、少量で
さらに体に良くない添加物が入っている
サプリメントがあります。

そのサプリメントの中でも最初私は

ラクトフェリンヨーグルトを販売している

森永乳業のラクトフェリンサプリを
購入していましたが、

少々値段が高いので、
継続するのがしんどいなあと
思っていました。

そこでラクトフェリンがきちんと
含まれていて

体に悪い添加物が使用されていていない
良いサプリ(さらにできれば安いサプリ)が
ないかと探していたところ

最近おすすめの商品を発見しました。

それは

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」(60粒)です。

DSC_0201

早速気になって購入してみました。

DSC_0193

こんな感じで商品の説明書なども
一緒に入っています。

このサプリ1粒にはラクトフェリン
150mg入っています。

ノロウイルスに効果があるのは
1日100mgと言われていますので

ノロウイルスやインフルエンザ対策では
1日1粒で十分です。

そしてラクトフェリン以外にも
ビフィズス菌フェカリス菌が含まれています。

ビフィズス菌は腸内の善玉菌の
99%を占める最大勢力で効果は

●整腸作用(便秘の改善)

●生活習慣病などの多くの病気の
予防や改善

●免疫力がアップしてカゼや
インフルエンザなどにかかりにくくなる

●アレルギー疾患の症状改善や予防

●肌荒れの改善(美肌効果)

●うつの改善

などが期待されます。

フェカリス菌は最近注目されてきている
新型乳酸菌です。

以前乳酸菌は生きて腸まで届かないと
効果がないと言われていましたが

実際は死滅しても食物繊維のような
働きをするため

どのような状態でもある程度の効果が
見られると言われています。

フェカリス菌は加熱殺菌して
死滅しても効果が得られるだけでなく

死滅した状態で摂取した方が
より高い効果を得られる
ことも
報告されています。

また他の乳酸菌と比べて超微粒子なので
一度で大量の菌を摂取できて
増殖が速いという特徴もあります。

そのフェカリス菌は動物実験で

免疫力をアップしてインフルエンザに
かかった時に

●免疫力を高めて撃退する効果
●インフルエンザを予防する効果
どちらもあることがわかりました。

そしてもう一つの実験では
スギ花粉症にかかっている患者さんに

フェカリス菌入り乳性飲料を
継続的に飲ませた結果

鼻をかむ回数や目のかゆみなどが減り、
アレルギー症状が改善する傾向が認められた
研究報告もあります。

さらにこのサプリメントにはオリゴ糖も
含まれていて

オリゴ糖は善玉菌のエサになって
善玉菌を増やす働きがあります。

オリゴ糖が含まれることによって
ビフィズス菌やフェカリス菌といった
善玉菌の効果がより一層期待できるわけです。

さらにホコニコのラクトフェリンサプリの
原材料は

●デキストリン
●甜菜オリゴ糖
●乳酸菌末
●ラクトフェリン(乳由来)
●HPMC

と安全な成分のみです。

デキストリンはデンプンの一種で
水溶性の食物繊維で

●善玉菌のエサになり善玉菌を増やす
●食後の血糖値の上昇をゆるやかにする
●内臓脂肪の蓄積を防ぐ

などの働きがあります。

甜菜オリゴ糖の甜菜(てんさい)はビートや
砂糖大根とも呼ばれます。

甜菜オリゴ糖はオリゴ糖の中でも
最も早く、大腸でビフィズス菌のエサになると
言われています。

HPMCは初めて聞く方も多いかも
しれませんが

植物由来の食品添加物で、
微生物により分解される性質がある
環境にも優しい美容成分で

世界的にも安全性が広く認められています。

このように安全性にも問題なく
ラクトフェリンも1粒に150㎎と他の
サプリメントと比べても多く含まれています。

美容や内臓脂肪の減少が目的ならば
1日2粒が推奨されていますが

ノロウイルスやインフルエンザ対策ならば
1日1粒でも十分です。

高い値段だと思うかもしれませんが

定期購入ですと初回は
1,980円(税抜、送料無料)と

森永やライオンのラクトフェリンと
比べるととても買いやすい価格です。

ラクトフェリンがたくさん入っていて
ビフィズス菌とフェカリス菌、

そしてそれらを活性化してくれる
オリゴ糖も入っているので

ノロウイルスやインフルエンザウイルスなどの
ウイルス性の病気だけでなく

美容やダイエットしている方にも
効果が期待できます。

一度試してみたいという方におすすめのサプリです。

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」はこちらから

また2回目の購入からは4,500円(税込)ですが
これでも他のサプリメントよりは安いですし

ラクトフェリンヨーグルトを毎日食べるよりも
安くすみます。

また定期購入といっても、よくある
最低2か月、3か月継続といった縛りがなく

もし効果が実感できない場合は
2回目の購入をキャンセルすることも可能です。

ノロウイルスがかかってからの対応も
大事ですが

かからないように予防をすることも
大切です。

手洗いうがいはもちろん免疫力をアップさせて、
ノロウイルスの侵入を防いでくれる

ラクトフェリンを摂るようにしましょう。

バナー原稿imp

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」はこちらから

まとめ

インフルエンザとノロウイルスは
流行時期が同じなので

どちらかにかかっても大変ですが
同時にかかったら本当に
苦しいです。

この冬はウイルス対策及び健康・美容対策で
ラクトフェリンを摂り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ