恵方巻の具材や由来や食べ方について!2018年の節分はどの方角で食べる?

7964e0d3bca61c50b6c9b180a67348d7_s

節分と言えば以前は豆まきしか思い浮かびませんでしたが、
最近は「恵方巻き」のほうが

スーパーやコンビニでも売れているのようですね。

今回は
●恵方巻きの由来
●恵方巻にはどんな具材をいれるの?
●2018年はどの方角で食べるのか?

などを中心にお伝えします。

スポンサードリンク

恵方巻きの意味と由来は?

恵方巻きとは節分にその年の恵方を向いて食べると
演技や良いとされる太巻きのことです。

恵方巻きの「恵方」は陰陽道で
その年の十二支によって定められた
最も良いとされる方角のことで、

その方向に歳徳神(としとくじん)がいると
言われています。

恵方巻きの起源は江戸時代末期、
大坂の船場で商売繁盛の
祈願をする風習として始まったと
言われていますが、

正確な起源ははっきりわからないようです。

この風習は一時廃れましたが、
1970年後半には大阪海苔問屋協同組合が

道頓堀で行ったイベントによって復活して
関西地方では一般的な風習になりました。

ただその頃は「恵方巻き」とは呼ばれずに
「巻き寿司」や「丸かぶり寿司」

と呼ばれることが多かったようです。

では「恵方巻き」という名前はどこから広まったのか?

1989年に広島のセブンイレブンの一部の店舗が

「恵方巻き」という名前を商品名に利用して
販売したのが最初で、
恵方巻きの名前の起源・由来と言われています。

その後どんどんと範囲が広がり、
1998年には全国のセブンイレブンで販売をするようになりました。

「バレンタインデー」や「ホワイトデー」と同じで食品メーカーや
小売業の戦略にまんまとはまってしまった感じがしますね~。

実際に恵方巻きは2002年には日本で50%くらいしか
認知度がなかったのですが、

2006年には90%以上の認知度になり
現在は100%に近いのではないでしょうか?

最近はマスコミが小売業やメーカーと組んで大々的に
特集を組むので節分といえば豆を投げるよりも

恵方巻を食べる人の方が多いようですね。

スポンサードリンク

恵方巻きの具材は?

太巻きには7種類の具材を使うとされ、
7の意味は商売繁盛や無病息災を願って
七福神にちなんだもので福を巻き込むと意味付けされる。

というのが一般的ですね。

別の解釈では
●キュウリを青鬼
ニンジンや桜でんぶ(おぼろ)やしょうがを赤鬼
見立てて「鬼を食べて」鬼退治するという説

●太巻きを鬼の金棒(逃げた鬼が忘れていった金棒)に
見立てて鬼退治ととらえる説

などがあります。

ただ具材は特定の7種の素材が決まっているわけではありません。

代表例として

キュウリ(レタス・かいわれ)、シイタケ煮、
伊達巻(だし巻き・厚焼き卵)、うなぎ(穴子)
桜でんぶ(おぼろ)、焼き紅鮭、かまぼこ(かに風味かまぼこ)
高野豆腐、しそ(大葉)、三つ葉(ほうれん草)、しょうが、
菜の花、ニンジン、漬物など

2000年以降では

サーモン、イクラ、イカ、エビ、マグロ(ネギトロ・漬けマグロ)

などを「海鮮恵方巻」と称して販売されていることもあります。

具材の種類数でも7種類よりも少なくしたり、
多くする場合もあり、あまりこだわりはないようです。

伝統あるものをそのまま受け継いだというより
なんとかイベントを認知させて

売上を伸ばそうと言うところから始まったので
細かいところはあまり気にする必要はなさそうですね。


恵方巻きの食べ方と2018年の食べる方角は?

① 太巻きを一人に1本用意する
丸ごと1本用意するのは、

包丁できらない=縁を切らないようにという意味が

込められています。

② 恵方をむく
その年の最も良いとされる方角(恵方)を向きます。
2018年の恵方は「南南東」です。

③ お願い事をしながら最後までしゃべらずに食べる
恵方巻きを食べている間にしゃべっていると運が逃げてしまう、
縁を切らないお願いをするという理由
から

無言で食べるようになったそうです。

無言でもくもくと食べるのは結構つらいですし
あっという間に食事が終わってしまいますよね。

でも運が逃げてしまうのが嫌だと言う人は
しゃべらずに食べましょう。

下記の動画は恵方巻きに関するGoogle Japanが作成した
恵方巻き講座の動画です。

恵方巻きのまとめ

恵方巻きの名前がセブンイレブンによって
広められたというのは驚きましたが
日本人はイベント好きですし、

元々は江戸時代から行われていたと言われる
伝統ある文化ですから、
素直に楽しんでみてはいかがでしょうか?

節分には豆をまいて恵方巻きを食べて
良い一年にしましょうね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ