錦織圭で有名になった盛田テニスファンドとは?奨学金でテニス留学できる条件は?

錦織圭選手が先日の全米オープンで日本人初、そしてアジア人初の決勝へ進出
したのは記憶に新しいところですが、

そのあとのマレーシアオープン、楽天ジャパンオープンに2週連続で優勝して
世界ランキングも6位までに上がりました。

最近テニス人気が以前よりも落ちてきたと言われていましたが、これをきっかけに
またテニスが注目されつつあるようです。

錦織選手は11歳の時に全国小学生大会を含む全国3冠を達成して
13歳から盛田ファンドを通してアメリカにテニス留学し

17歳でプロになりました。

錦織選手の特集などで紹介されている盛田テニスファンドとはいったいどんな
財団なのでしょうか?

スポンサードリンク

盛田正明テニスファンドの特徴と留学する条件は

盛田正明氏はソニー・グループで要職を務めた日本テニス協会名誉会長で
世界のトップレベルの選手を作るチャレンジをしてみようという発想から

私財を投じて盛田ファンドを設立しました。

2003年に財団法人の認定を受けたが公益法人改革で2013年に公益財団となり

世界的に有名なテニスプレイヤーのアンドレ・アガシ(米国)、マリア・シャラポア
(ロシア)らが育った米国のIMGアカデミーに送り出す選手の選考も公募制に
なりました。

その条件は厳しく

全国選抜ジュニア、全日本ジュニアの12歳以下、14歳以下でシングルスベスト4以上か、海外在住の場合はその国の最高位の大会でベスト4以上の選手、というのが応募資格にな
ります。

やはり誰でも応募できるとなると書類選考だけで大変なことになるので仕方がないのでしょう。

選考は盛田ファンド側だけでなく、受け入れ先のIMGアカデミーのコーチも加わり
行われます。

書類選考の後に国内で2次選考会を実施してそこをクリアした選手は3次選考として
IMGアカデミーに2週間の短期留学を行い現地の生活を体験します。

スポンサードリンク

ただテニスの能力だけではなく、アメリカの生活になじめるかもテストして
アカデミー側が合格を出して、選ばれた本人も頑張れるとなった時に

ようやく合格となります。

さすがに厳しい条件だったのか公募1年目の昨年は合格者がゼロだったようです。

盛田ファンドに合格した後は?

合格すると成田からの往復チケット、アカデミーの費用、遠征費や現地学校の学費などが支給され、米国でテニス漬の生活を送ります。

ただ選手には毎年レベルに合わせた課題が設定されてそれをクリアできなかた場合は
その年限りで留学が打ち切られるようです。

盛田ファンドでは選手がジュニアを卒業する18歳まで支援をするのですが
18歳でプロになるまで留学を達成したのは錦織選手が初めてだそうで

現在留学中の2人を除いて過去17人送り出してしますが、18歳まで留学を全うした
は錦織選手と今年プロになった西岡良仁(ヨネックス)の2人しかいないそうです。

盛田ファンドとIMGアカデミーのまとめ

盛田ファンドでIMGアカデミーに留学するには合格するのも
厳しいですが、合格してからも厳しい生活が待っています。

ただ盛田ファンドに合格しなかったからと言ってテニスの才能が
ないという訳ではなく

IMGアカデミーの方式で育てるのに向いていない
というだけなので他のクラブに行けば能力を発揮できるかもしれないと

盛田氏も言っています。

またIMGアカデミーは短期留学のプログラムもあるので、実費には
なりますが、一度経験してみてから判断しても良いのではないでしょうか?

世界的エリート養成所 IMGアカデミー ニックボロテリーテニスプログラムの
詳細はこちら

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ