食べてはいけない添加物!味の素「うま味調味料」は身体に良い?それとも危険?

「味の素」は中華料理など色々な食事に使われていますよね。

身体に悪いという噂も聞くし、逆にその話はウソだと言う人もいます。

一体どういうことなのでしょうか?

今日は味の素などの化学調味料・うま味調味料(近年ではアミノ酸等と表示)
は身体良い・悪いという噂はなぜ出るのかお伝えします。

スポンサードリンク

味の素などの化学調味料が身体に悪いと言われるのはなぜ?

味の素の97.5%はL-グルタミン酸ナトリウム(MSG)

残りの2.5%は5’-リボヌクレオタイドナトリウムと全て添加物で
出来ています。

この味の素のほとんどを占めるグルタミン酸ナトリウムは

1968年に中華料理を食べた人が頭痛、歯痛、顔面の紅潮、体のシビレなどの
症状を訴えた中華料理店症候群(Chinese Restaurant Syndrome)

の話が有名です。

翌1969年には、マウス及びラットによる実験で幼体への視床下部などへの
悪影響が指摘され、

JECFA{国際連合食料農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の
合同食品添加物専門家会議)は1974年に1日の摂取許容量(ADI)を

120mg/kg以下と定めました。

これらが要因となりL-グルタミン酸ナトリウムを使用する調味料は
身体に悪いという話が広まりました。

スポンサードリンク

「味の素などの化学調味料が身体に悪い」がウソなのはなぜ?

一度は使用量が制限されたL-グルタミン酸ナトリウムですが、

その後JECFAなどで繰り返し追試を行った結果、通常の摂取では
人に対する毒性は確認できず、中華料理店症候群を引き起こす証拠は

見当たらないという結論に達しました。

そしてJECFAの1987年第31回会議でグルタミン酸ナトリウムの
1日の許容摂取量を「なし」としました。

米国食品薬品局(FDA)、ヨーロッパ食品情報会議(EUFIC)
欧州連合食品化学委員会(SCF)なども同様の評価を下しています。

しかし多くの検証も安全性を確証するには至っておらず、米国ではいまなお

グルタミン酸ナトリウムの摂取が脳などに深刻な被害を及ぼすと考えている人々が
います。

また「NO MSG」(グルタミン酸ナトリウム不使用)を宣伝文句にした
調味料や中華料理店などが現在でも数多くあります。

結局味の素などの化学調味料は身体に良い・悪い?

では本当のところはどっちなの?と思う方も多いと思います。

実際グルタミン酸ナトリウムを多く摂ると顔から腕にかけて熱さや
しびれを感じたり、全身が悪くなる症状(中華料理店症候群)に

なる方も実際いますので大量に摂取するのは控えたほうが良いと思います。

また反対に塩や砂糖なども大量に摂取すれば身体に悪いのは一緒だから
そんなに心配しなくても良いという方もいます。

確かに多く摂取しなければ問題はないのでしょうが、

塩や砂糖は料理に沢山入っていると「しょっぱすぎる」や「甘すぎる」と
いうことで食べるのをやめることができます。

しかし味のない味の素などは大量に摂取してもわかりません。

なお日本では1972年に味付昆布にグルタミン酸ナトリウムを「増量剤」
して使用して、頭痛や上半身感覚異常等などの中華料理店症候群に似たような

症状が出た事故がありました。

その商品には製品の25.92%~43.6%のグルタミン酸ナトリウムが検出されて
「調味料の一般的な使用」とは程遠いものであったようです。

このように塩や砂糖などと違い味が無く大量摂取してもわかりにくい
グルタミン酸ナトリウムが使われている調味料は

料理の時に使用する量に注意をしないと知らないうちに料理に
多くかけ過ぎてしまったということも考えられます。

また味覚もおかしくなると言われているグルタミン酸ナトリウムの調味料は
アメリカでは幼児が摂取することを禁止しています。

まとめ

グルタミン酸ナトリウムの調味料は
大量摂取さえしなければ問題ないとは思いますが

先程も述べたように
砂糖や塩のような大量に使用すると

味が濃くて食べられなくなる調味料ではないのが
心配です。

外食した時にも結構摂取している場合も多いので
できるだけ家ではあまり使用をしない方が
良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ