ランドセルのリメイクとは?捨てないで6年間の思い出を残す方法

小学校生活6年間、ずっと使ってきたランドセル!
親としてはランドセルを捨てる事って色々考えてしまいますよね。

結局捨てられなくて、そのまま保管していたりしませんか?

大切に保管するのも良いかもしれませんが・・・

保管して見えない状態にしてしまうよりもリメイクして、
使用してあげると身近に思い出を残してあげられますよ!

今のリメイク術は本当に凄いのでご紹介します。

スポンサードリンク

ランドセルのリメイクで一番人気のミニランドセル

ミニランドセルは、使用していたランドセルが小さくなると言う事です。

お子様が使用した事が解る様にリメイクしてくれます。
例えば、

  • ランドセルの紋章やロゴ、シールなどを残す。
  • 背当の部分や部品などもそのまま使用。
  • 内側の革や部品なども使用

お願いすればキズもそのままリメイクしてくれるかもしれませんよ。

ミニランドセルにする事によってインテリアとして、
家族が日頃からいる場所のインテリアとして飾る事も出来ます。

また、おじちゃんおばあちゃんにランドセルを買ってもらう事も多いと思います。
卒業後、感謝の気持ちをこめてプレゼントするのも良いと思いますよ。

スポンサードリンク

ランドセルをリメイクして実用的に使用する

一昔前はランドセルと言ったら、
ミニランドセルとしてリメイクする事だけが話題になりました。

しかし、今は実用的な物にもリメイク可能です。

  • ペンケース
  • 通帳ケース
  • キーケース
  • 写真立て
  • メガネケース
  • トートバック
  • スマホケース
  • 財布
  • ミニランドセルのキーホルダー

などなど色々な物にリメイクする事が出来ます。

もちろん、今ご紹介した物は比較的小さなものなので、
セットでリメイクする事も出来ます。

ミニランドセル、実用的なアイテムのリメイクの金額につては、
申し込むサイト(業者や職人さん)によって多少変わります。

お子様が6年間使った大事なランドセル。
色々なサイトを確認して、信頼してお願い出来る所を決めるのが良いと思います。

ランドセルのリメイク可能かどうかのチェックポイント

すべてのランドセルがリメイクできる訳ではありません

今のランドセルは、耐久性に優れ丈夫に出来ているので大丈夫だと思いますが、
申し込む前にちょっとだけ自己チャックしてみませんか?

ランドセルの外側と内側の二か所
汚れやキズがない場所を、ちょっと強めに折り曲げてください。

ひび割れする様なら難しいかもしれません。

自己判断では難しい場合には、申し込みをする業者に確認してください。

まとめ

  1. ミニランドセルを飾っておくのも可愛いですよね。
  2. 普段使用する物にリメイクするのも良いと思います。
  3. リメイク出来なくて返品されるときに有料の可能性もあるので要注意です。

ランドセルのリメイクについては、
必ずお子様と話し合って決める事をおすすめします。

お子様自身が使用して、6年間の思い出がいっぱい詰まったランドセルです。
勝手にリメイクすると怒られますよ。

もし、リメイクが必要ないようでしたら、
捨てるのではなく、
発展途上国の子ども達に寄付する事も考えてみてはいかがですか!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ