子ども能力遺伝子検査とは?知りたい情報と親としての心構え!

遺伝子検査と言う言葉を聞いた事がありますか?

遺伝子検査は自分を知る事が出来る検査の事です。
病気の早期発見や、ダイエット法、肌質など話題になりましたが・・・

今注目されているのが、
「子ども能力遺伝子検査」です。

すでに多くの親が子供の検査をしていると聞いています。
しかし、親としては聞きなれない言葉に不安や心配がありますよね。

私もそうでした。
子どもの親として、知りたい情報をまとめましたのでご紹介いたします。

スポンサードリンク

子ども能力遺伝検査の疑問を解決

能力遺伝検査で何が分かるの?

子どもが生まれながらに持っている能力を知る事が出来ます。

子どもの能力や才能に気が付いてあげられない事が多いと思います。
それを早い段階に理解し、優れている可能性がある方向に導いてあげる事が出来るのです。

また、検査によって子供のタイプも解ります。
タイプと言うのは、その子なりの得意なやり方、不得意なやり方など、子育ての役にも立ちます。

何歳で能力遺伝子検査をすれば良いの?

特に何歳が良いと言うのは決まっていません。
おすすめなのが、幼稚園から小学生(低学年)です。

早い段階で確認しておけば、習い事や小学受験、
中学受験の参考になると思います。

能力遺伝子検査って痛くない?

ご家庭でやる事は、唾液を採取するだけです。
専用の綿棒で口の中の唾液を摂取するだけなので、痛みはありません

他にもたくさん疑問点があると思いますが、
私がおすすめしたい検査サービスがあるので、ご紹介いたします。

その中で、費用や検査内容を説明させて頂きます。

おすすめしたい、子ども能力遺伝子検査サービス

「GIQ子ども能力遺伝子検査」です。
すでに多くのメディアにも紹介されている検査サービスです。

おすすめの理由

・安心、安全
GIQ子ども能力遺伝子検査は、国内にある検査機関だからです。

他にも検査機関が紹介されていますが、多くの検査機関が海外での検査になっています。
個人情報漏洩の危険性があるとも言われています。

日本の国内で検査を行うGIQ子ども能力遺伝子検査はとても安全です。

検査内容

  1. 学習能力
    ・記憶力
    ・判断能力、理解力、分析力、推理力、読解力、計算力
    ・知性、認知能力、図形認識能力、想像力
  2. 身体能力
    ・耐久性
    ・速度、瞬発力(反射力)、持久力
    ・持久力、エネルギー生産効率
  3. 感性
    ・記憶力、注意力、忘却力、ストレス耐性力、勇気
    ・リスク管理
    ・ストレス耐性

3つの分野の遺伝子から、能力や可能性を分析します。

分析結果が解りやすく、専門家のアドバイスがある

GIQ子ども能力遺伝子検査では、専門用語が少ない。

検査結果を見ても、どの様に活用すれば良いのかが分からないと思います。
専門家による、

  • 学力を向上する為のアドバイス
  • 性質や性格にあった接し方
    なども教えてもらえます。

GIQ子ども能力遺伝子検査の費用(送料込)

学習能力検査、身体能力検査、感性能力検査:各25,500円(税込)
すべて行う検査(フルバージョン):69,800円(税込)

ネットで申し込む事が出来ます。
検査の期間は、約1ヵ月~2カ月で分析の結果が届きます。

スポンサードリンク

子ども能力遺伝子検査の注意点

子ども能力遺伝子検査とは、
決してその子どもが「良い子ども」「悪い子ども」を判断する為に行う物ではありません。

「悪い結果しかなかったらどうしよう」
「子どもに才能がなかったらどうしよう」
この様な不安がある方は検査を辞めた方が良いと私は思います。

もし気が付く事が出来ない才能や可能性があるのなら、手を差し伸べて導いてあげたい。
と言う考え方で良いのではないでしょうか?

子どもたちの可能性は無限大に広がっています。

例えば、検査結果で、スポーツの才能があると出た時、
もし、子どもが芸術の世界にとても興味があったとしたらどうしますか?

無理やりスポーツをやらせますか?
きっとそれでは良い結果は付いてこないと思います。

親としては、子どもの意見を尊重してあげる事も大切だと思います。

スポーツの世界には、アドバイスをして導いてあげる事は大切だと思いますが、
最後に決断するのは、この検査結果ではなく、子ども自身であって欲しいと思います。

まとめ

  1. 子ども能力遺伝検査は、すでに身近な検査になって来ていますね。
  2. 日本の検査機関が安心だと私は思います。
  3. 子どもの可能性に気が付き導いてあげられる。今はそんな時代ですね。

子ども能力遺伝検査で子どもの大切な情報が解ります。

親として、手を差し伸べ導く事が出来ます。
しかし、重要なのは子ども自身の「やる気」です。

その「やる気」を、どの様に引き出すかも重要となります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ