フリクションボールペンの特徴と人気の理由とは。正式書類の使用には注意!

普段メモ書きは、鉛筆やシャープペンシル(シャーペン)で、
記録として残す物には、ボールペン!

と言うイメージがあります。

ボールペンは消せないけど…
鉛筆やシャーペンなら間違えた時、
何度でも消して書きなおせますからね。

しかし、今の時代は違います!
それはフリクションボールペンです。

時代の流れに取り残されない為にも、
今回の情報はぜひチェックしてみてくださいね。

フリクションボールペンの人気の秘密を
ご紹介していきます!

スポンサードリンク

フリクションボールペンの歴史

人気になっているフリクションボールペンですが、
実は最近出来た物ではありません。

2006年にヨーロッパで発売され、同じ年に蛍光ペンも発売されています。
国内では、2007年パイロットが発売を開始しました。
(思っていた以上に昔から販売されていすね)
2010年には、三菱鉛筆も同じような商品を発売開始しております。

フリクションボールペンの特徴と人気の理由

フリクションボールペンの特徴

書いた文字を透明に出来る

温度変化でインキを無色にする事が出来る「フリクションインキ」を使用
フリクションボールペンの上の部分に付いている、
専用ラバーで擦る事により、摩擦熱でインキの色が無色に変わります

消しカスが出ない

摩擦熱を利用しているので、訂正や修正する時に、
消しゴムの様な消しカスがまったく出ません

何度でも書きなおせる

鉛筆やシャーペンの様に訂正や修正が可能です。

注意ポイント
書いた文字が消えるのではなく、摩擦熱で消えたように見えるだけで、 実際には、透明になっただけで文字は残っています。

人気の理由とは

  • 消しゴムを必要としないので、カスが出ない
  • 修正液を使わずに訂正や修正をする事が出来る
  • 基本的にボールペンなので、書きやすい
  • カラーバリエーションがあるので、見やすくまとめられる

フリクションボールペンを使用する時の注意点

注意点は普通のボールペンと同じ様な点もありますが、ご紹介します。

  • ペン先を水平より上に向けて使用しない
    (インキ漏れの原因になります)
  • 激しく振る事やショックを与えない
    (インキ漏れの原因になります)
  • 使用後はペン先を収納又は、キャップを付ける
  • 衣類などにインキが付くと落ちない事があるので注意する
  • 直射日光が当たる場所や高温の場所に置かない
  • 書いた物を高温化に放置しない
    (文字が見えなくなる可能性があります)
スポンサードリンク

文字が消えてしまった時の対応法

家庭用冷凍庫(マイナス10度以下)で戻す事が出来ます。

氷滴などで濡れる可能性があるので、
ビニール袋などに入れるとよいですよ。

重要な書類での使用は注意が必要

フリクションボールペンが人気になった事により、
企業では問題になりました。

本来ボールペンと言うのは、
訂正や修正が出来ない事から信頼されていました。

しかし訂正や修正が出来るフリクションボールペンの登場により、
企業によっては、業務全般又は用途によって仕様が禁止されている所もあります

特に重要な書類(証明書や契約書)には使用しない方がよいと思います。

実際私が働いていた職場では、
会社で使用する書類では、使用禁止でした。

正式な書類等の提出時には
認められない場合がありますので
使う時は注意してくださいね。

まとめ

  1. 発売当初から話題にはなっていましたよね。
  2. 使いやすく書きやすい物を見つけるのがポイントです。
  3. 油断すると消えちゃうので、慣れるまで要注意ですよ。

フリクションボールペンは、使用してみれば解りますが、
とても便利で使いやすいです。
ただし、私用のメモで使う事をおすすめします。

お子様に使わせるのはおすすめしません。

大切な書類に書く時は、ほとんどがボールペンを使用します。

ボールペンの本来の意味をしっかり教えて、
理解出来る様になったら、
フリクションボールペンを使わせる方がよいのではないかと私は思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ