ノロウイルスの消毒、衣類や布団、カーペットについた汚物処理の方法

ノロウイルスの症状は激しいおう吐や下痢ですが、
その汚物が衣類、布団、カーペットに付いた場合は

きちんと消毒して処理をしないとノロウイルスは感染力が強い為
2次感染の恐れがあります。

スポンサードリンク

ノロウイルスの感染力はかなり強い

ノロウイルスの感染力はかなり強く
便1gでノロウイルスの数は10億個
おう吐物1gでも100万個いると言われています。

そのうち10~100個程度口に入っただけで
感染する場合が多いので、汚物がほんの少しだけ

衣類に付いたと言ってもそこにはウイルスが
何百万個~何億個いる可能性があるので

しっかりと消毒をして処理をする必要があります。

スポンサードリンク

衣類に汚物がついた場合の処理方法

衣類に下痢やおう吐物で汚れた場合の対処法ですが、
一番良いのはビニール袋にいれて捨てることです。

でも捨てられない場合の方が多いですよね。

そんな時はまず汚染拡大に注意して汚染物を取り除くことを
考えましょう。

衣類に汚物が付いた時の対処法

① ゴム手袋、マスクを装着する
② ペーパータオル等で衣類の汚物を可能な限り取り除く
(衣類を触った手袋は交換する)
③ 小さい衣類はビニール袋に入れて袋の外からもみ洗いをする
(袋の中の汚染液はトイレに流す)
大きい衣類は洗面台等で汚れをさらに取る
④水を入れ再度もみ洗いし、水のにごりや汚物が見えなくなるまで繰り返す
⑤ 小さい衣類は煮沸(85℃~90℃で1分半)した後しばらく放置
大きい衣類はバケツ等に入れ沸騰したお湯を加えた後しばらく放置して
2回以上繰り返す(温度を85℃以上で5分保つ)
⑥ ⑤の衣類を他の洗濯物とは別にして洗濯した後、
乾燥機で乾燥させます

終わった後は手洗い、うがいを徹底的に行います。


布団やカーペットに汚物がついた場合の処理方法

布団やカーペットは衣類のようには処理ができませんが
どのように処理をすれば良いでしょうか?

汚れの状況で対応が変わるので別々に紹介します。

狭い範囲:アイロンによる加熱法

① ゴム手袋、マスクを装着する
② ペーパータオル等で衣類の汚物を可能な限り取り除く
③ ぬれタオルの上から家庭用スチームアイロンを
2分かけるとウイルスが不活化(死滅)します。

広い範囲①:布団乾燥機による加熱法

① ②はアイロンの時と一緒
③ 布団乾燥機を50℃で30分加熱すれば
ウイルスが不活化(死滅)します。

広い範囲②:沸騰したお湯・ペットシーツを利用

この方法は千葉の保健所がおすすめしています。
①、②は一緒
③ 汚染箇所の上をペットシーツで覆う
(吸水面は上に向ける)
④ ペットシーツの吸水面に沸騰したお湯を注ぐ
※ペットシーツの吸水量は使用する商品ごとに異なるので
あらかじめ確認する
⑤ 十分な量のお湯を注いだら、ペットシーツを
レジャーシートで素早く覆い、その上からタオルを
2枚重ねてかけ、しばらく放置する

ペットシーツは後片付けも簡単です。
消毒中で放置してもお湯がしみ出しにくいので
さらに汚染されるというリスクも減らせます。

その他の方法として
次亜塩素酸ナトリウム(1,000ppm以上)で10分間
市販の二酸化塩素剤(0.006%)で10分間の処理で
ウイルスの不活化ができますが、

次亜塩素酸ナトリウムは変色
二酸化塩素剤は不快臭と変色の可能性があるので
あまりおすすめできません。

まとめ

今日紹介した方法はひとつだけですと
きちんと処理できない場合があるので
組み合わせてみても良いと思います。

私は以前家族がノロウイルスに感染した時は
アイロンで加熱した後に念のため
布団乾燥機でもう一度加熱して処理しました。

また、衣服や布団、カーペットは処理をしてウイルスが
不活化したとしても、

できればクリーニング店でキレイにしてもらうことを
おすすめします。

今年は新型ノロウイルスが発見されたので
大流行の恐れがあります。

きちんとウイルスの処理をする準備をしておいてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ