夏休み家族で出かけてみよう!埼玉県にある川の博物館をご紹介


夏休みが近づいてくると、
子供達は遊びに連れて行ってもらえる事を、楽しみにしていますよね。

親としては、そんな子供達の期待を裏切らない様にする為に、
大変ですよね。

夏休みは長いお休みなので、
家族旅行に1回行くだけでは、子供達はガッカリですものね。

そこで今回は、大人も子供達も楽しめるテーマパーク埼玉県の「川の博物館」をご存知でしょうか?
博物館と言っても、子供達が飽きてしまう様な博物館とは違います。
そんな川の博物館についてご紹介します。

川の博物館(かわはく)ってどんな所?

川の博物館について、少しご紹介しますね。

平成9年8月1日「さいたま川の博物館」として開館。
平成18年4月1日「埼玉県立川博物の博物館」となり、
「埼玉県立自然の博物館」と一体になり「埼玉県立自然と川の博物館」
として、再出発しました。

「川を見る」「川を感じる」「川を知る」
楽しみながら学ぶことも出来る、体験型博物館です。

川の博物館3つのシンボル

川の博物館には、なんと日本最大級の物が3つもあります。

荒川大模型173


一級河川荒川の長さ173㎞を1000分の1に精密に縮小した
日本一の模型が屋外にあります。

大型美術陶板


荒川に浮かぶ船車(ふなぐるま)をモチーフにした
重要文化財「行く春」が本館外壁に展示されています。

大水車


2004年に残念ながら日本で2番目の大きさになってしまいましたが、
直径23mの巨大な水車があります。

ぜひこの3つのシンボルはチェックしてくださいね。

川の博物館シンボル公式ページはこちら

川の博物館子供達が楽しめるポイント

「博物館に行くよ」と言っても、子供達が飽きない理由はここからです。

荒川わくわくランド

水の(流力、浮力、圧力、抵抗)や(治水、利水)の学習をしながら体験できる
ウォーターアスレチック施設です。
利用料金:高校生以上210円、中学生以下100円です。
対象年齢:4歳以上
開園期間:春分の日~11月中旬
開園時間:9:00~16:50(最終入園時間は16:20まで)
雨天の場合は閉園

注意点
  • 夏休み期間中(春分の日~11月中旬の土日祝日)は混雑する為
    時間制限が設けられています。
    チケットの販売は9:00からなので、利用できる時間を確認してください。
  • プールではないので、着衣を身につける。
  • 危険防止の為、素足では利用できません。(サンダルはかかとのとまる物)
  • 飲食、喫煙禁止(飲み物は持ち込みOK)

アドベンチャーシアター

川面や空から川を下る疑似体験をする事が出来ます。
しかも、バーチャルシアターなので画面と連動して座席が動きます。
利用料金:高校生以上430円、中学生以下210円です。
対象年齢:4歳以上

注意点
  • 座席が振動する為、体調不良や乗り物酔いをしやすい方、
    妊婦さんや持病のある方(心臓疾患、高血圧、脊髄・首・腰の障害など)
    利用をできません。
  • チケット購入時に時間の確認をしてください。

噴水広場

様々な噴水があり水のアートを楽しめます。
その中でも、鍵盤を踏むとピアノの音が鳴り、音の高さに応じて噴水が上がる
「音楽噴水」は楽しめます。
夏休み(夏期)は、親水施設として、音楽噴水の横に、
「たきたき島」「ちゃぷちゃぷ島」が設置されます。

荒川情報局

河川や川とくらしに関して様々な情報を学ぶ事が出来ます。
コンピューター、ビデオ、図書を利用する事ができるのですが、
コンピューターはタッチパネル方式なので、簡単に操作出来ます。

子供達にとっては、遊び感覚で学ぶ事が出来る様になっています。
夏休みの自由研究のヒントになるかもしれませんね。

川の博物館ご利用情報

開館時間

通常期間は、9:00~17:00
夏休み期間(平成30年度7/21~8/31)は、
平日9:00~17:30、土日祝と8/11~8/15は、9:00~18:00
最終入館時間は、閉館30分前までです。

休館日

月曜日(祝日、振替休日、県民の日、7/1~8/31は開館します)
年末年始(12/29~1/3)
※ゴールデンウィーク中は開館しています。
※設備点検に伴う臨時休館(6/19~6/21、9/4)

入場料金

一般410円、学生200円、中学生以下は無料です。

飲食について

食堂もありますが、敷地内には芝生広場もあり、
シートを広げて持参したお弁当などを食べられる場所があります。
レストハウス1階の利用もできます。(自販機あり)

アクセス情報

埼玉県立川の博物館
住所:埼玉県大里郡寄居町小園39
お問い合わせ先:048-581-7333(代表)

お車の場合

関越自動車道(花園インター)より約8分
駐車場料金:普通車300円

電車の場合

東武東上線(鉢形駅)下車、徒歩約20分

まとめ

  1. 博物館なのに体験型と言うところが魅力です。
  2. 遠くから見える巨大水車は観覧車と間違えそうです。
  3. シアターは大人も楽しめますよ。
  4. 夕方には閉館するので、親としては助かりますよね。
  5. 駅からタクシーを利用する事も出来ます。

埼玉県立川の博物館で一日楽しめると思いませんか?
テーマパークなのに、レジャー費としては安上がりですよね。

親水施設なので、夏にはピッタリの場所です。

子供達は必ず全身濡れますので、
着替え一式とタオルを忘れない様にしてくださいね。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ