チアシードとは?その食べ方と栄養や効果・効能を紹介します。

チアシードをご存知ですか?
アメリカではミランダ・カーなどハリウッドセレブなども

愛用していて日本でも注目が高まっている
スーパーフード

一時はテレビや雑誌などでもかなり
取り上げられていましたね。

今日はチアシードの栄養と効果・効能、そして
どのように食べるのが体に良いのか

またチアシードを利用したダイエット法を
お伝えします。

スポンサードリンク

チアシードとはどんな食べ物?

チアシードとはシソ科サルビア属ミントの一種です。

140830chia

おもにメキシコなど南米で栽培されている

果実の種のことを言います。

 

チアはマヤの言葉で強さ、力(ちから)を意味し
シードは種ですから

チアシード=強さの種という意味ですね。

「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」
と言われるほど栄養価に富んだ

超スーパーフードです。

見た目は直径2ミリ程の黒ごまみたいな種です。
無味無臭で、食物繊維αリノレン酸アミノ酸
豊富に含んでいます。

20150525094408

 

またチアシードを8倍~10倍の水に浸透させると
ふくらんでジェル状になります。

少量で満腹感が得られ、栄養価が高いことから
美容や新しい食物繊維のダイエットサポート食品として
注目されています。

7be438b1-s

チアシードの栄養と効果・効能

チアシードは栄養価が高いということが
わかりましたが、

では具体的にどのような栄養や効果・効能があるのか
見ていきましょう。

オメガ3脂肪酸のαリノレン酸が豊富

オメガ3脂肪酸のひとつであるαリノレン酸
豊富に含む食品として、

えごま油、アマニ油などが注目されていますが、

実はチアシードにも豊富に含まれています。

αリノレン酸は体内で作ることができない
「必須脂肪酸」です。

効果・効能は主に

 認知症、アルツハイマーの予防、改善
 学習能力、記憶力の向上
 アレルギーの症状を緩和
(花粉症、アトピー、ぜん息など)
 生活習慣病の予防と改善
(糖尿病、高血圧、動脈硬化など)
 うつの予防、改善
 美肌、美容効果

などがあり、
まだまだ書ききれない程です。

厚生労働省が推奨する1日の摂取基準は
男性2.1~2.4g、女性1.8~2.1gですが

チアシード大さじ一杯(12g中)で2.14g
含まれているので、

これだけで推奨摂取量がクリアできます。

必須アミノ酸が豊富

人間の体をつくる20種類のアミノ酸の中で
体内で合成できず栄養分として食べないと

摂ることができない9種類のアミノ酸を
「必須アミノ酸」といいます。

そしてその必須アミノ酸は
成人病予防アンチエイジングダイエットなど
様々な健康作用が期待されていまが

チアシードは必須アミノ酸の9種類のうち
8種類の必須アミノ酸が含まれています。

必須脂肪酸が多く含まれている動物性食品
カロリーがオーバーしてしまうのが難点ですが

チアシードは植物性でここまで多くの種類の
必須アミノ酸が含まれているのは奇跡とも
言われています。

2種類の食物繊維が豊富

チアシードには水溶性不溶性
2種類の食物繊維が

バランス良く含まれています。


水溶性の食物繊維の効果は

 コレステロールの改善
 血糖値改善
 糖尿病予防・改善
 心筋梗塞予防など

不溶性の食物繊維の効果は

 便秘予防・改善
 痔の予防・改善
 高血圧の予防・改善
 血糖値改善

などが期待されています。

そしてチアシードを水に膨らませると
ふくらんでジェル状になりますが

このジェル状の成分はこんにゃくにも
含まれるグルコマンナンという食物繊維です。

少量で満腹感が得られ栄養価が高いことから
ダイエットや美容に良いと注目されています。

この他にもカルシウムマグネシウム
含まれており、不足しがちな栄養素が

チアシードにはたくさん含まれています。


チアシードの食べ方

チアシードはほぼ無味
キウイの種のような食感です。

そのためどんな食材でも相性はとても良いです。

パンやクッキーの中に混ぜたり、
サラダやご飯の上にふりかけたり、

ヨーグルトやジュースに混ぜても
美味しく食べられます。

chiaseeds01

また水につけると水分を含んで約10倍にふくらみ
タピオカのような食感になるので

牛乳やココナッツミルク、スムージーなどの
飲み物に入れたり酢醤油をかけても美味しいです。

少量で満腹感を得られることから
美容とダイエットを目的に

ペットボトルの水にチアシードを入れる方も
いるようです。

基本どんな食べ方でも大丈夫なので
栄養価の高い食べ物と一緒に食べて

さらに健康に、キレイになりましょう。

チアシードはまだ高級スーパーなど
一部のお店で販売していますが
簡単に手に入りません。

ネット通販では色々販売しています。
価格や量などを考慮して選んでくださいね。

チアシード商品の選び方ですが
やはり最近のチアシード人気に便乗して
価格が安くて品質の良くない商品も出回っています。

またチアシードはほとんど海外産なので
残留農薬の検査がクリアされていない商品も多いです。

そこで選ぶ際には必ず残留農薬済でできれば
有機栽培の商品を選ぶようにしてください。

チアシードの種類にはホワイトがありますが
栄養成分の量がブラウンの普通のタイプよりも
多いという特徴があります。

若干ホワイトの方が高いですがだからといって
ブラウンがダメというわけではないので

初めてという方はブラウンで良いですし
少しでも良い品質の物が良いという方は

ホワイトチアシードを選んでください。

チアシードをアマゾンアマゾンで探す

★チアシードを楽天で探す★

おすすめのチアシードダイエット法

チアシードは無味で満腹感が得られる
という特徴を生かして

ダイエットには最適の食べ物です。

色々な食事に混ぜて、食べる量を
減らすだけでダイエットになります。

ただダイエットは継続が必要なので
毎日チアシードを食べるのは難しい方も
いるかもしれません。

そのような方にはチアシード入りの
サプリメントがおすすめです。

最近人気があるのは
「スーパーフードプライマリースリム」です。
スーパーフードプライマリースリム

最近太り気味だったので実際に取り寄せてみました。
袋の下の白いカプセルがサプリです。

このサプリメントはチアシードをはじめ
10種類のスーパーフードの栄養が
バランス良く入っています。

 チアシード
 ヘンプ:カルシウム
 ココナッツミルク:カリウム
 ブロッコリースプラウト:葉酸
 スピルリナ:鉄分、βカロチン
 カムカム:ビタミンC
 アサイー:アサイー、鉄分、食物繊維
 カカオ:テオブロミン
 ビーポーレン:タンパク質、ビタミン
 ゴジベリー:ビタミンA、ミネラル、タンパク質

今大人気のスーパーフードの
栄養をいいとこどりしたサプリですね。

「普通のサプリと違いチアシードが入っているので
飲むと満腹感があります。」という

ことなのですが、

こんなカプセル飲んで
お腹がいっぱいなるのかと私と同じように
思う人もいるかもしれません。

実際にカプセルを飲んでから10分後くらいに食べ始めて
量はいつもの半分にしてみましたが

不思議と腹八分目になりました。
(お腹いっぱいという感覚ではないです)

ダイエットの為には食事の量を半分にする
必要がありますが

栄養が豊富で満腹感が得られるサプリなので

「栄養不足」や「空腹感でガマンできない」
という心配がありません。

美しくスリムになりたい方におすすめの
サプリです。

現在は初回が送料のみ500円なので
とても気軽に始めることができます。

【スーパーフードプライマリースリム】

まとめ

チアシードはスーパーフードの中でも
一番人気と言ってよいほど売れていて

チアシードを利用した加工食品も
色々販売されていますが

チアシードがほんの少しだったり
体に良くない原料や添加物を
使用しているものもあるので

きちんと確認してから購入しましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

2 Responses to “チアシードとは?その食べ方と栄養や効果・効能を紹介します。”

  1. なな より:

    チアシードは 水に戻してから ヨーグルト スムージーなどにいれた方がいいのですか?

    • tw0801 より:

      お問い合わせありがとうございます。

      お返事が遅れて申し訳ございません。

      チアシードを戻すのは水やヨーグルトでも戻るのですが
      ヨーグルトだと時間がかかりますので

      朝食べる場合は寝る前にチアシードをヨーグルトに入れてから
      食べることをおすすめします。

      ただしヨーグルトが低い温度のせいか朝になっても
      十分チアシードが膨らんでいない場合もあります。

      また水に戻してからヨーグルトに入れても大丈夫ですが
      始めからヨーグルトにチアシードを入れた場合と比べて
      水っぽい感じがしました。

      通常はチアシードは水に入れた場合10分程度である程度ふくらみますが

      一晩待てないと言う場合は5分位の水に浸けてから
      ヨーグルトに入れた方がおいしく感じました。
      (好みの問題もありますが)

      人によって好みがあると思いますので
      色々試してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ