留守をする時間が長い時、犬・猫のえさやりが心配!対応法と注意点 気になる自動給餌器「カリカリマシーン」をご紹介

犬・猫を飼っていても、普段から留守番をさせる時はあると思います。
ちょっと買い物で、1時間~2時間とか、

だから、泊りで長時間留守にしても大丈夫!
なんて思うのは、違いますよ。

普段の人間の生活リズムは、犬と猫もちゃんと覚えています

いつもとは違う、長時間の留守番。
暗くなってもだれも帰ってこない留守番。

犬はもちろん、猫も寂しがり、ストレスになります。
しかし、どうしても長時間留守にしてしまう事がありますよね。

そんな時に便利なおすすめ商品と、
飼い主としての注意点をご紹介します。

スポンサードリンク

おすすめしたい自動給餌器「カリカリマシーンSP」

おすすめのポイントをご紹介いたします。
今の自動給餌器は凄い機能が沢山あってビックリしますよ!

タイマー機能で、同じ時間に餌が出ます

1日に4回までタイマーをセットする事が出来ます。
規則正しい生活が出来るので、犬や猫のストレスが軽減する事が出来ますね。

餌の量を設定する事が出来ます

10g~100gまで10g単位で設定が出来ます。
家で飼っている犬や猫は肥満になりがちですが、健康管理もしてくれます。

コンセント、電池両方対応

電池の買い置きがない時もありますが、そんな時はコンセントを入れればOK
停電の時は、バッテリー電源に切り替わるので安心です。

ボイスレコーダー録音が可能

最大10秒間の録音ができます。
いつも餌をあげている時にかけている言葉を録音する事が出来ます。

スポンサードリンク

新たに凄い機能がプラス「カリカリマシーンSP」をご紹介

スマートフォンで遠隔操作が可能

スマホから餌をあげる事が出来ます。
タイマーが付いていますが、普段は利用していない時、
タイマー機能off状態の時も、餌をあげられるので安心。

見守りカメラ機能

外出先から犬や猫の様子を確認する事も出来ます。
また、写真や動画の撮影も出来ちゃいます。

タイマーを使用して餌をあげた時、スマホに通知が来る

この機能があると、見守りカメラの前に来るので
バッチリ様子が見られます。

会話機能

話しかける事により、犬や猫を安心させる事が出来ます。

自動給餌器は、日頃から利用していないと意味がありません。

旅行に行くからと購入していきなり使っても、
犬も猫も餌が出る時の音にビックリします。

また普段なかった物にとても警戒するので、注意が必要です。

計画された旅行などの場合も安心ですが、
もし自分に何かあって帰れなくなってしまった時でも安心ですよ。

購入方法

今はまだネット販売しかされていない様です。

外泊での長時間留守にする時の注意点

基本的に愛犬・愛猫を飼われている方は、外泊する時は心配ですよね。
犬の場合は一緒に連れて行かれる方も多いのではないでしょうか?

しかし、猫は環境の変化で飼い主と一緒にいても、かなりのストレスになります。
もし、2日以上留守にする場合は対応策を考えてあげた方が良いと思います。

対応策が必要な理由

  • トイレの掃除
  • 餌と水の状態

など、留守にする時には色々な事があります。

対応策

  • 親戚や信頼できる友人などに様子を見てもらう
  • ペットシッターに依頼する
  • ペットホテルを利用する

猫の場合は、ペットホテルはおすすめしません

はじめて飼った猫の時、2泊だったので、ペットホテルに預けましたが、
引き取り、家に入れた瞬間、廊下でぐったり寝ちゃいました。
それだけストレスを感じさせてしまったのだと気が付きました。

まとめ

  1. 我が家は、カリカリマシーンを利用していますが、SPに変えました。
  2. 信頼できるペットシッターさんを見つけておくと安心ですよ。

飼い主の都合で留守番をさせてしまう事があるので、
食べ物に困らない様にちゃんと考えてあげたいですよね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ