猫の多頭飼いは難しい?先住猫と相性が悪い時の対処方法

はじめて猫を飼いはじめて、
一匹だと寂しいかな?一匹だとお留守番の時可愛そうだな?

と言う気持ちで猫をもう一匹飼う事は、
おすすめしません。

もともと猫は単独行動が好きな動物です。

寂しいかな?可愛そうだな?と思う時には、
一緒にいる時たくさん遊んで可愛がってあげてください。

しかし、保護をしてあげたい猫がいるとか、
何らかの理由で家族に迎え入れるのなら話は違うと思います。

その場合、リスクがある事を知っておいてくださいね。

先住猫との対面の仕方に注意が必要

人間もいきなり知らない人が来て、
「これから一緒に暮らす事になったから」

と言われたら、戸惑うし、怖いですよね。
猫は人間以上だと思います。

最初は、新入り猫ちゃんをゲージに入れて、
周りはタオルで覆ってあげてください。
(もちろんゲージの中には、トイレ、ご飯、水、猫用ベッドが必要です。)

お互いにニオイで確認し始めます。

もしかしたら、先住猫はなかなか近くに行けないかもしれませんが、
絶対無理やり対面はさせてはいけません

最初は先住猫が部屋にいない状態の時に、
新入り猫ちゃんに部屋探検をさせてあげてください。

新しい住まいの大事なニオイチェックが始まります。
何日か様子を見て先住猫がいる時に、ゲージの入口を開放する。

必ず誰か人間がいる時だけにしましょう。
猫同士の本気のケンカは、人間でも止めるのが大変です。

一度本気のケンカをさせてしまうと、仲良くなるのは難しいので、
ケンカをする様な雰囲気が出たら、その雰囲気を無くすようにしましょう。

お互い受け入れられる相手だと解ると、
猫達も安心するようになり、距離も縮まります。

先住猫との相性が悪い時の対応法

ねこ同士の相性はハッキリ解ります。
無理やり仲良くさせようとするのは、止めましょう。

時間が経てば、仲良くなるかも?
と言う期待も、難しいかもしれません。

ねこ同士、微妙な距離感を保ちケンカをしない様なら、
そのまま様子を見てあげても大丈夫です。

しかし、毎回ケンカをする様なら、
部屋を別々にしてあげるとか、
飼い主が気を付けてあげた方が良いです。

先住猫との相性が悪い時、日用品は別々の物が必要

これは、相性が悪くなくても、
基本的には別々の物が必要となります。

猫って結構こだわりがあります。
特にご飯を入れる食器は別にしてあげてください。

トイレは、一緒の物を使ってもらえたら助かりますよね。
しかし、相性が悪い様なら別の物が必要です。

何事も人間と同じ様に考えてあげる事が大切です。

人間も自分の大切な物を、気の合わない人と
一緒に使うのは難しいですよね。

多頭飼いをする時のポイント

病気の検査・ワクチン接種

新入り猫ちゃんがどんな環境の猫であろうと、
家に入れる前に必ず、病院で病気の検査やワクチンを接種してもらいましょう。
これは、大事な先住猫を守る重要な事です。

新入り猫ちゃんの前で先住猫を怒らない

猫はかなりプライドがあります。
新入り猫ちゃんの事が可愛くて心配かもしれませんが、
先住猫のプライドも大事にしてあげてください。

何をするのも先住猫を先にします

遊ぶ時もご飯をあげる時も、先住猫から先に行い、
新入り猫ちゃんに先住猫の方が先輩である事を理解させましょう。

まとめ

1.親子や兄弟の場合は猫同士も分かるので、大丈夫です。
2.本気のケンカだけはさせない様にしましょう。
3.猫自身のこだわりを大切に考えてあげましょう。
4.先住猫を第一に考える事が大切です。

多頭飼いは本当に大変です。
猫それぞれ、性格も行動も違いますからね。

しかし、家族として迎え入れた以上は、
猫達がストレスなく生活できる事を一番に考えてあげてください。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ