2018年の十五夜・中秋の名月はいつ?その由来やお供え物、うさぎとの関係は?

e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_s

十五夜」や「中秋の名月」という言葉を
知っている人は多いと思いますが、

その意味や毎年同じ日ではないのを知っている人は
少ないようです。

今回は「十五夜」や「中秋の名月」とは何か?
またその違いについて

そして2018年の「十五夜・中秋の名月の日にち」

ススキおだんごウサギとの関係など
十五夜にまつわるあれこれをお伝えします。

スポンサードリンク

十五夜・中秋の名月とは?

科学の発展とともに、人々は目に見えるものこそ真実。。
と思うようになりました。

しかしながら、人は時に科学では説明できない
パワーなどを感じたりするのも事実です。

昔から人々は、月のパワーを信じ、神と崇め、
月の満ち欠けと共に暮らしてきました。

十五夜」とは、人々が月に祈りをささげる行事の一つです。

「十五夜」旧暦の15日の夜のことで、

新月と呼ばれる月が出ないときから
満月になるまでおよそ15日ほどかかることから
そう呼ばれています。

そのためこの考え方であれば毎月十五夜はあるのですが

もう一つ十五夜には「旧暦8月15日の夜」という
意味もあるので

十五夜」といえば「中秋の名月」のことと考えて良いのです。

また、「中秋の名月」とは”秋の真ん中に出る満月“の意味です。
旧暦では 1月~3月「春」
4月~6月「夏」
7月~9月「秋」
10月~12月「冬」 となります。

このため、8月は秋のちょうど真中であり、
8月15日の夜に出る満月(あるいは満月に近い月)
ということで、そう呼ばれるようになりました。

月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、
太陽の動きを基準にしている新暦では
1ヵ月程度のズレが生じるため、

現代では、9月7日から10月8日の間に訪れる
満月(または満月に近い)の夜の日が
十五夜」「中秋の名月」となります。

一説によると、丸い満月は、豊穣の象徴だとも言われ、
「満ち欠けする月の様子」や「作物が月の満ち欠けとともに成長する」ことから、

●農作物の収穫
●ものごとの結実
●祖先とのつながり

それぞれに感謝し、月に祈るようになりました。



2018年の「十五夜・中秋の名月」はいつ?

2017年は10月4日(水)でしたが

2018年の「十五夜」は9月24日(月・祝)です!!

ではこの日は満月かというと実は違います。
9月24日は満月の前日です。

十五夜=満月」というイメージがあるのですが、月の満ち欠けがきっちり1日単位ではないので必ず満月ではないのです。

そして次回の十五夜の満月は4年後の2021年で東京オリンピックの翌年なんですね。

2019年以降は

  • 2019年:9月13日
  • 2020年:10月1日
  • 2021年:9月21日 ここでようやく満月

となっています。

ただ満月ではないと言っても実際にはまん丸に見えるので、それほど気にしなくても良いでしょう。

あとは当日晴れることを願うだけですね。

「十五夜」とすすきの関係は?

すすきは、月の神様を招く依り代(よりしろ)として供えられたと言われています。

よりしろ:神霊が依り憑く(よりつく)対象物のこと

また、収穫を祝ったことから派生し、稲穂に似たすすきを供えるようになったとも。。

昔から、すすきには魔除けの力があると信じられていました。

私は、子供の頃に祖母とすすきを取りに行った際、よく指を切っていた記憶があります。

すすきには、葉の両端にのこぎりのような切れ込みが有り、それで手を切ってしまうようですね。

魔除けの力とは、そんなイメージから来たものかもしれません。

そのため、お月見に供えたすすきを軒先に吊るすと、「一年間病気をしない」という言い伝えも残っているそうですよ。

スポンサードリンク

「十五夜」とおだんごの関係は?

十五夜では、これからの収穫を祈り
十三夜では、その年の収穫に感謝して

お米の粉で作った団子を供えたのが
月見団子の始まりといわれています。

本来、月見団子とは「真っ白な白玉だんご」で、
月は霊力を持った真珠のようなものと
信じられていたことに由来するとか。。。

その後、そのお供え物をいただく事で月の力を
自分にも分けていただき、

健康と幸せを得ることが出来ると信じられていました。

また、ぶどうなどツルのあるものをお供えしてそれを食べると、
お月様との繋がりが強くなるとも言われているようです!

「十五夜」とウサギの関係は?

十五夜

十五夜ウサギとには次のような言い伝えがあります。

昔、あるところにウサギキツネサルが暮らしていました。
ある日、3びきは疲れはてた老人に出会います。

老人はおなかがすいて動けない、何か食べ物を恵んでくれと言い、3びきは老人のために食べ物を集めに出かけました。

キツネサルは食料を捕まえて持ってきますが、ウサギは何も捕って持ってくることが出来ませんでした。

ウサギはもう一度探しに行くので火を焚いて待っていて欲しいと伝えて出かけていきました。

サルキツネは火をたいて待っていましたが、手ぶらで帰ってきたウサギを見て、ウソつきだとなじります。

するとウサギは「私には食べ物をとる力がありません。どうぞ私を食べてください

といって火の中にとびこみ、自分の身を老人にささげたのです。

おじいさんは悲しみ、ウサギの清らかな魂を誰しも見ることができるようにと月の中に写します。

実は、その老人は帝釈天(タイシャクテン)という神様で、3びきの行いを試そうとしたのです。

もとの姿に戻った帝釈天は、そんなウサギをあわれみ、月の中にウサギをよみがえらせて、みんなの手本にしたそうです。

こんな悲しいお話があったんですねえ。。。月がどことなく悲しげに見えるのはこのためでしょうか。。




まとめ

2018年の十五夜は9月24日(火)と平日で実際には満月ではありませんが、満月の2日前なので、ほぼまん丸の月に見えます。

あとはお天気次第ではありますが今年はぜひMoon Powerを身体いっぱいに感じて、エナジーチャージしてみてください。

月に行くのが夢では無くなった今、月から美しい地球を愛でるお月見ならぬ

地球(ほし)見を楽しむ時代がくるのもそう遠くはない。。。かもしれませんね。

スポンサードリンク



2 Responses to “2018年の十五夜・中秋の名月はいつ?その由来やお供え物、うさぎとの関係は?”

  1. 伊藤春江 より:

    おはようございます。
    昨夜、お月さまが綺麗で眺めていました
    庭のすすきも撮影していました。
    今朝、偶然に!
    良いことを教えていただきました。ありがとうございました。
    素敵でした~!感謝。

  2. 通りすがり☆ミ より:

    中秋の名月は、絵に書いたように雲が下部に漂いつつ大きく輝いていて、実に美しかった…。
    今年のスーパームーン(12月4日)は、きっと更に見応えタップリでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ