グリーンナッツオイルの効果効能は?えごま油、アマニ油との比較を紹介

オメガ3系脂肪酸が豊富に含まれているとして
えごま油アマニ(亜麻仁)油が注目されていますが

同じオメガ3系のグリーンナッツオイル
少しずつですが注目されてきています。

今日はグリーンナッツオイルの効果効能と
えごま油やアマニ油とは違う特徴を紹介します。

グリーンナッツオイルはα-リノレン酸が豊富

グリーンナッツオイルはペルーのインカグリーンナッツを
しぼって作られます。

また別名インカインチオイルとも呼ばれています。

ii-sa

そしてグリーンナッツオイルが健康に良いと言われる
理由はオメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸50%以上も

含まれているのです。

α-リノレン酸は体内で作ることができない「必須脂肪酸」です。
体の様々な機能を維持する重要な働きをもつ栄養成分で

健康や美肌に効果があると言われています。
具体的な効果としては

 認知症、アルツハイマーの予防、改善
 学習能力、記憶力の向上
 アレルギーの症状を緩和
(花粉症、アトピー、喘息など)
 生活習慣病の予防と改善
(糖尿病、高血圧、動脈硬化など)
 うつの予防、改善
 美肌、美容効果

など様々な効果があります。

α-リノレン酸の詳細については
アマニ油の効果・効能 オメガ3系脂肪酸は健康、美容に最適!
で紹介しています。

α-リノレン酸は厚生労働省が2010年版の
「日本人の食事摂取基準」で摂取目標量が決まって
いますが、

他の食品で摂るのは過剰摂取になり
カロリーオーバーになってしまいます。

グリーンナッツオイルであれば
小さじ一杯程度で摂取目標量に達しますので
過剰に摂ってしまう心配もありません。

グリーンナッツオイルはビタミンEが豊富

グリーンナッツオイルには他のオメガ酸系脂肪酸の
アマニ油やえごま油よりも
多くの天然ビタミンEが含まれています。

ビタミンE効果、効能で有名なのは
抗酸化作用ですね。

抗酸化=「老化を防ぐ」ということで
健康や美容に様々な効果があります。

そのほかにも

 ガンや生活習慣病(糖尿病、心筋梗塞、脳卒中など)の
予防効果
 肌のシミ、くすみを改善(紫外線対策にも効果あり)
 血液の流れを良くし、血行をよくする
 更年期障害の症状緩和、女性ホルモンの分泌を助ける

元々ビタミンEは欠乏すると不妊症を招きやすいという
ことで発見された成分で、月経不順生理痛の改善など
にも役立っています。

スポンサードリンク

グリーンナッツオイルとえごま油、アマニ油との違い

えごま油やアマニ油は酸化しやすく
熱に弱いので使用するときは

 サラダのドレッシングとして
 パンやパスタにかける
 卵かけご飯や納豆ご飯にかける

など加熱しない食べ方が効果的と
言われています。

一方グリーンナッツオイルは
先程紹介しましたが、
天然のビタミンEがたっぷりと含まれている為

酸化を防ぐ(抗酸化)作用があります。

天ぷら油にはおすすめできませんが

それ以外で
焼いたり、炒めたりしても
グリーンナッツオイルの効果が無くなる
ことはありません。

普段炒め物で使用している油の代わりに

グリーンナッツオイルを使用してみては
いかがでしょうか。

グリーンナッツオイルまとめ

グリーンナッツオイルはアマニ油などと
同様になかなかスーパーで手に入れることが
できない場合が多いです。

ネットでは簡単に手に入るので
是非自分にあったグリーンナッツオイルを
選んでみてください。

アマゾンでグリーンナッツオイルを購入するならこちら

★楽天市場でグリーンナッツオイルを購入するならこちら★

 

それではあなたもオメガ3系脂肪酸を生活に取り入れて
ますます健康に、キレイになりましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ